寝ているときの髪の摩擦は大きなダメージになります

Share on Facebook

髪にダメージを与えてしまうのは、紫外線やドライヤーの熱だけだと思っている方も少なくありません。

しかし、寝ている間の髪の摩擦も髪に大きなダメージを与えてしまうので注意しましょう。

多くの方は、自分が寝ている間に髪が摩擦されてしまいダメージを与えてしまっているということに気づいていません。

寝ている間は、寝返りをうったり頻繁に動くため、知らず知らずにうちに摩擦の力を受けてしまいダメージを与えてしまっています。

驚くことに大人の場合、枕と頭に挟まれた状態では、髪の毛に紫外線をたっぷり浴びた時やドライヤーの熱を与えた時と同じくらいのダメージを受けてしまいキューティクルを傷つける結果になってしまっています。

寝起きの際にヘアスタイルがボサボサになっていたり、絡まってしまっているなどのトラブルがある方は要注意です。

キューティクルを守るためには、寝ている時の摩擦を防ぐためにナイトキャップなどをかぶり抜け毛や枝毛を防ぐようにしましょう。

ナイトキャップを付けて寝ることで、抜け毛や枝毛を防げるだけでなく、寝癖を防止することもできるのでおすすめです。

コメントは受け付けていません。