頭が臭くなってしまう原因って?

Share on Facebook

シャンプーを使用して洗髪の回数を増やしたり、丁寧に洗ったりしても頭皮の臭いが気になったことはありませんか。

臭いの主な原因とされるノネナールという体臭成分は、皮脂に含まれる脂肪酸の一種が分解されることで発生してしまいます。

皮脂腺から出る皮脂が、細菌によって分解されることで出て来てしまう臭いで、臭いが気になるとシャンプーの回数を増やして頭皮に油を残してしまうケースもあります。

残ってしまった油は、雑菌が食べて繁殖を起こしてしまうため、臭いの原因となります。

女性ホルモンには皮脂の分泌を抑える効果があるのですが、加齢によって女性ホルモンの分泌が減ってしまうと、男性ホルモンの働きの方が大きくなってしまい、臭いが強くなってしまいます。

他にも食べたものの臭いが強いものは、毛穴から悪臭の元となってしまいます。

野菜や穀物などを食べることで、簡単に臭いを抑えることが出来ます。

また、ストレスが溜まると皮脂の分泌異常により、さらに臭いが発生する原因となります。

ストレスを解消して、極度のシャンプーを控えて頭皮の臭いを抑えましょう。

コメントは受け付けていません。