40代の丸顔女性が、小顔に見える髪型テクニックとは?

Share on Facebook

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪府摂津市千里丘の美容室「あとりえ月の庭」の佐藤です。

今回は、「40代の丸顔女性が、小顔に見える髪型テクニックとは?」というテーマで書きたいと思います。

女性にとっては髪型は重要な部分のひとつですが、どんなふうにすればいいのか、基準を知りたいですよね?そんな人は顔の形から、髪型を見つけてみましょう。

丸顔の女性なら、以下のような部分を意識して決めると、小顔効果もあっておしゃれに見えるようになりますよ。

  • 前髪と顔周り

  • シルエット

  • ヘアカラー

また40代ならそれに見合った髪型にしたほうがいいので、ポイントとおすすめを、髪の長さに合わせて紹介しますね。

■40代の丸顔の女性が求める小顔になるための髪型の3つのポイント!

丸顔の女性はどんな髪型でも似合うといわれていますが、少しポイントを抑えると、さらにおしゃれな40代女性に見られるようになります。

その基本として、全体のシルエットがひし形になるようにすれば、間違いがありません。自分で髪型を決める際に、参考にしてみてくださいね。

●前髪と顔周りの作り方がポイント

引用:Instagramより

丸顔の女性が髪型を決める際に、まず注意するべきは、顔周りにある髪の長さを意識してみましょう。特に以下のようなポイントを頭に入れると、丸顔を活かしつつバランスがとれるようになります。

  • 前髪は斜めに流しておでこを出す

  • 頬を隠せるほどサイドを長めの残す

  • レイヤーやパーマで毛先に動きを付ける

女性にとって命ともいえる前髪は、おでこを出してみてください。おでこを出す事で縦長のラインが目立つため、丸顔特有の横のラインとのバランスがとれるようになるわけです。

とはいってもアップバンクのように、すべて前髪をかき上げるのに抵抗を感じるのなら、シースルーバングや横に流す程度でも問題ありませんよ。

また横のラインを消すためにサイドの髪を長めにすると、さらにバランスがよくなり、小顔効果がアップします。前髪との相乗効果で、これだけでも高い効果がありますよ。

最後にカットの際にレイヤーを入れて動きを出し、毛先にパーマをかけましょう。少し横長にボリュームが出て、似合いやすくなりますよ。

●シルエットを気にするのがポイント

引用:Instagramより

顔周りの髪を意識したら、全体のシルエットに注意して決めてしまいましょう。上記でも紹介したように、ひし形のシルエットにするのがおすすめです。

もっと細かく部分的に髪の長さや、ボリュームを意識すれば、失敗する確率が低くなります。

  • トップはフンワリすると小顔効果アップ

  • 輪郭をぼかすようにウェーブを出す

  • サイドにボリュームを出すのもおすすめ

頭頂部であるトップはフンワリとさせて、縦のラインを出すようにすれば、小顔効果がアップして丸顔のバランスを取らせます。

ウェーブを出すようにすれば、目線が横に行くようになるため、丸顔の輪郭をぼかしてくれますよ。またサイドのボリュームが出るように、セットをするとひし形のシルエットになっておすすめです。

●濃い色にヘアカラーにしてツヤを出すのがポイント

引用:Instagramより

40代女性になると、髪型に関しても落ち着きを出したいところ。そこで以下のようなヘアカラーをして、髪色を変えてしまいましょう。なるべく黒い色にすると、ツヤが出て若く見られるようになりますよ。

  • 大人な雰囲気が出せるナチュラルブラウン

  • 上品さが出るチェリーブラウン

  • 柔らかい雰囲気で女性らしいアッシュベージュ

ナチュラルブラウンだと白髪が気になる女性も多い中、日本人の髪に馴染みやすいため、無理なく自然な髪になっておすすめです。

上品さを出すのなら、赤味が出るチェリーブラウン。女性らしさを出すのなら、アッシュベージュに挑戦してみてみましょう。

40代女性でも似合いやすい髪色なので、髪型と一緒に美容師さんに相談してみると、ちょうどいい髪色を提案してくれますよ。

■髪の長さ別!似合う髪型を紹介

上記ではポイントを紹介しましたが、それを踏まえてピッタリの髪型を具体的に紹介しますね。40代女性でも女性らしくて、丸顔のコンプレックスをおさえた、ちょうどいい髪型がありました。

  • ひし形ショートボブ

  • 無造作ニュアンスパーマ

  • セミロングストレートヘア

  • 小顔ロングパーマヘア

髪の長さに合わせて、それぞれ丸顔でも似合う髪型があります。髪の長さを変えるのなら、あなたに合った髪型を選んでみてくださいね。

●定番の髪型:ひし形ショートボブ

引用:Instagramより

ショートボブはひし形のシルエットを作りやすく、小顔効果を狙うのなら、ちょうどいい髪型です。しかも40代女性にとっても似合いやすく、可愛らしく見せるのに役立ちます。

前髪に関しては好みで使い分ければいいですが、特に相性がいいのが長めにしておでこを出すスタイル。これだと丸顔女性は、縦のラインが強調されつつ、長い前髪が横のラインを消してくれます。

またボブは丸みが強調されるため、女性らしさが際立つはずです。40代女性でも安心して、髪型に挑戦できるでしょう。

  • 頭頂部にボリュームを出す

  • 毛先は内巻きにする

  • 重めより軽めのほうが扱いやすい

上記のようなポイントを抑えておけば、ショートボブでも失敗が少なくなります。そして毛先にワンカールのパーマをかけるのもおすすめ!セットがしやすくなっておすすめです。

●石原さとみ風のミディアムヘア:無造作ニュアンスパーマ

引用:Instagramより

ミディアムほどの髪の長さがあるのなら、毛先にパーマをかけて、石原さとみさん風の髪型にしてしまいましょう。丸顔の女性に似合いやすく、今風に仕上がりやすいですよ。

前髪はシースルーバングにして、額が見えるようにすれば、縦のラインができてバランスがよくなります。

ちなみにくせ毛風にするために緩めのデジタルパーマをかければ、忙しい時期である40代女性でも、セットが楽でおしゃれを楽しめるはずです。

  • 毛先はレイヤーを入れてもらう

  • 嫌なら軽めに仕上げてもらう

  • 濡れっぽいスタイリング剤がおすすめ

上記のようなポイントを抑えると、さらにウェーブが出やすくなりますよ。美容師さんと相談して、あなたに合わせた髪型にアレンジしてもらいましょう。

●丸顔でも挑戦できる:セミロングストレートヘア

引用:Instagramより

丸顔の女性はパーマが基本なの?と思うでしょうが、セミロングなどの長さがあるのなら、ストレートでも似合いますよ。

そのためには以下のようなポイントを抑えておくのを忘れないようにして、美容師さんに注文してみましょう。

  • 顔周りに長めの髪を残しておく

  • 毛先だけはクセを残して動きを出す

  • 前髪もストレートにするなら薄めにする

ストレートにしたとしても、丸顔特有の横のラインを消すのを忘れてはいけません。前髪と顔周りの髪は、なるべく長めに残しておきましょう。

また毛先だけはストレートにならないように、クセを出して内巻きなどの動きを出すと、目線がそれて丸顔の輪郭がぼかせられます。

ストレートというのはまっすぐになる分、重くなりがちなので薄めにカットすると、額が出て縦のラインが出せるはずです。

●こめかみを隠してバランスをとる:ロングパーマヘア

引用:Instagramより

ロングの人は丸顔女性だと、どんな髪型でも似合いやすいですが、毛先に緩いパーマをかけるだけでも雰囲気が変わります。

  • 髪色を若干明るめにして軽く見せる

  • 前髪はなるべく横に流す

  • パーマは外ハネも加えた無造作パーマにする

上記の画像を参考にすればわかるように、髪色は黒いより若干明るくして、全体が軽く見せればロングヘアでもバランスがよくなります。

前髪も長めにするのもいいですが、ロングヘアだけでも大人っぽく見えるので、前髪を作ってしまえばバランスよくなっておすすめです。

丸顔の横のラインをぼかすために、外ハネと内巻きを混ぜた無造作パーマにしてみましょう。これだけでも小顔効果があり、丸顔の雰囲気が抑えられますよ。

■正しい髪型で小顔効果を狙っておしゃれに!

丸顔はさまざまな髪型が似合いますが、以下のようなポイントを抑えて美容師さんに髪型を相談してみましょう。

  • 顔周りと前髪の長さを意識

  • シルエットをひし形にする意識

  • 落ち着いた髪色を意識

丸顔は横のラインが強調されるので、できるだけ縦のラインが出るようにトップにボリュームを出し、額が出るように前髪をカットしてもらいましょう。これでバランスがよくなります。

そして横に動きを出すために、毛先にパーマかけてひし形を作ってみてください。シルエットを意識すれば、小顔効果が期待できますよ。

最後に40代女性の魅力をアップさせるために、落ち着いた髪色にチェンジ!白髪染めを始めているのなら、特に意識してみましょう。

雰囲気がかなり変えられますが、絶対にセルフでするのではなく、美容師さんに相談してくださいね。失敗を防げるだけでなく、ピッタリの髪型を提案してくれますよ。

というわけで今回のテーマは、「40代の丸顔女性が、小顔に見える髪型テクニックとは?」でした。

コメントは受け付けていません。