長い前髪の流し方は?分け目を目立たせないストレートアイロンの使い方

Share on Facebook

selective focus photography of woman wearing white crew-neck shirt

大阪府摂津市千里丘の美容室「あとりえ月の庭」の佐藤です。

今回は、「長い前髪の流し方は?分け目を目立たせないストレートアイロンの使い方」というテーマで書きたいと思います。

女性だと前髪を長く伸ばしている人も多いですが、そのままだと少し邪魔だし、分け目が気になってしまう人もいるでしょう。じつは簡単におしゃれに見せつつ、邪魔にならなくする方法があります。

 

それが横に流す方法です。流すといっても以下のような方法があり、これらを利用すれば髪が乱れにくくなり、分け目も目立たなくなりますよ。

 

  • アイテムを使って流す

  • ストレートアイロンを使って自然に流す

  • ヘアアレンジを使って分け目を目立たせない

 

もちろんその他にも流し方はありますが、気軽に続けられる方法を厳選した結果、上記の3つに絞りました。分け目も気になるしとても邪魔になると感じている人は、試してみましょう。

■長い前髪にちょうどいいアイテムを使った流し方

woman wearing floral accent top

 

長い髪だと重みで分け目が目立って、それがストレスとなってしまいますよね?だからといって切ってしまうわけにもいきません。

 

そんな人こそ分け目を隠せるアイテムを利用しましょう。さまざまなアイテムがありますが、おすすめは以下の3つになります。

 

  • ヘアピン

  • ゴム+ヘアピン

  • スカーフ

 

これらを使えば分け目を隠しつつ、きれいに流せてしまいます。ちなみに正しい方法を守らないとすぐに崩れるだけでなく、分け目もカバーできないので、以下を詳しくチェックみてくださいね。

●崩れにくさ重視!ピンを使った髪の流し方

引用:Instagram

 

そもそもうまく流せないのは、ちょっと動けばすぐに髪が乱れてしまうからですよね?そこでヘアピンの出番です。ヘアピンとは髪を留めるために使うアイテムになります。

 

横に流しつつ、分け目を目立させなくさせるには、ヘアピンを止める位置を意識しましょう。以下の順序で流せば、分け目も目立たなくなります。

 

  1. ちょっと下に向いて長い髪を崩す

  2. いつもと違う分け目になるように髪を8:2に分ける

  3. 分けた髪を少しカーブになるように緩めにしてピンで留める

  4. ピンで留める位置は耳に少し上あたりがベスト

 

分け目が付いてしまうのは、いつも同じ位置で分け目を作っているからです。これを解消するために、時々分け目を変えてピンで留めれば、分け目が気にならなくなります。

 

また分け目をかぶせるようにすると、さらに目立たなくなっておすすめです。どのあたりで分けるのか、自分でベストな位置を探してみましょう。

●もっと簡単にしたい人必見!ヘアゴムとピンの両方を使った流し方

ヘアピンを使ってながしたいけど、なかなかちょうどいい感じに固定できない人もいますよね?そんな不器用な人はヘアゴムと一緒に使うと簡単に流せるようになりますよ。

 

  1. 髪を8:2に分けて分け目を目立たなくする

  2. ヘアピンで留める付近にヘアゴムを縛る

  3. そのまま上記と同じように緩めに状態にしてピンで留める

 

ヘアピンを使って流せない人は、ピンで固定する前に、髪が崩れてしまうからです。

それを予めゴムで固定してしまうと、すんなりピンで留められるようになります。

 

ちなみに使うゴムは細めのシリコンゴムでOK!100均など安く手に入るので、気軽に試せておすすめです。

●華やかにできる!スカーフを使った髪の流し方

引用:Instagram

 

ピンで留めるのが面倒な人は、スカーフを使って分け目を目立たせる事なく流して、しかもおしゃれに見せてしまいましょう。使い方としてもかなり簡単なので、ズボラな人でも気軽にアレンジができますよ。

 

  • いつものように分け目を作ってしまう

  • 後頭部にスカーフの中央が密着するようにセット

  • 気になる分け目に結び目が来るように括る

  • 結んで余ったスカーフの先端は後ろに入れ込んで完成

 

スカーフでヘアアレンジするのは難しそう…と思うでしょうが、ただ後ろから前にスカーフを持ってきて、結んでしまうだけでおしゃれになります。目立つスタイルなので自分に合ったスカーフの種類を見つけて楽しんでみてくださいね。

■前髪を自然な雰囲気に!ストレートアイロンを使った流し方

black corded hair flat iron beside magazine

上記の方法はアイテムを使って、分け目を目立たせなくする方法でした。ところがこの方法だと、ある程度アイテムの扱いに慣れていないと、うまく流せませんよね?

 

そこでストレートアイロンを使いましょう!すぐに髪の形が付くため、意外に扱いやすく、セットするのにピッタリです。どのように扱うのか、具体的な使い方を見てみましょう。

●毛先と中間の2回にわけて横に曲げると自然な流し方になる

髪を気軽に流す方法のひとつが、毛先と中間を2回にわけて、ストレートアイロンで毛先をカールさせる方法です。

 

本来ストレートアイロンは、まっすぐにするアイテムですが、使い方によったらカールが付けられます。

 

  1. 髪を上下にわけてブロッキング

  2. 下側の中間を横に流れるようにアイロンで曲げる

  3. 毛先の部分も同じ方向にアイロンを曲げる

  4. 上側も同様に髪が流れるように緩いカールを付ける

 

上下にわけてブロッキングをするのは、失敗を防ぐ意味と、自然に見せる効果があります。もちろん中間と毛先を分けるのも、上記のメリットが活かせられるので、活用しましょう。

●髪を流すためにはコテ幅が狭いストレートアイロンを選ぼう

ストレートアイロンを使ってカールを出し、流しやすくするには、コテ幅の狭いものを選びましょう。コテ幅が広いストレートアイロンだと、余計な部分にも熱が入り、自然なカールが作りにくくなります。

 

またカールを作るのなら、カールアイロンを使ったほうがいいのでは?と、思う人もいるでしょう。

 

たしかにカールアイロンは便利ですが、ストレートアイロンのほうが部分的にカールを作りやすく、髪を流すのに適しています。

 

だからこそコテ幅が狭いストレートアイロンがちょうどいいわけです。

■ヘアアレンジを使った長い前髪の流し方はコレがおすすめ

woman in gray scarf

長い髪を流して、分け目も目立たなくさせるには、ヘアアレンジをうまく利用するのもおすすめです。これは髪が長いからこそできるので、挑戦しておいて損はありません。

 

とはいってもヘアアレンジをするのは不器用だから無理…なんて、少し面倒になる人も多いでしょうから、かなり簡単な方法を厳選してみました。

 

おしゃれに見せつつ、気になる分け目も目立たなくできるのでおすすめです。ちなみに以下で紹介するヘアアレンジに必要なものは、「ヘアピン」と「ヘアゴム」さえあれば問題ありません。

●髪をねじって止めるだけ!ねじり前髪ヘアアレンジ!

引用:Instagram

 

おしゃれな流し方としてちょうどいいヘアアレンジは、上記の画像のような「ねじり前髪」。このヘアアレンジは、ただ髪をねじって、毛先をヘアピンで留めるだけでOKです。

 

またヘアピンを使って髪を固定させられるので、いつも付けている分け目を変えて、上記でも紹介したような8:2にしましょう。

 

ちなみに使うピンを金色などの目立つ色にして、見える位置にピンを止めてしまえば、それがワンポイントとなっておしゃれに見えてしまいますよ。

●髪を編み込んで華やかに!編み込み前髪ヘアアレンジ!

引用:Instagram

ピンで留めるだけでなく、編み込みをしてしまえば、長い髪に動きが出て簡単におしゃれにできます。

 

  1. 前髪とそれ以外をブロッキングする

  2. 正面から見て斜めになるように編み込む

  3. ある程度毛先を残した状態でゴムを使って固定する

  4. そのゴムの付近をピンで留めて完成

  5. 編み込みの部分は緩く崩してもOK

 

編み込みは自分でするのは難しいですが、比較的前髪は編み込みがしやすいので、不器用な人でも挑戦しやすくておすすめです。

 

鏡を見ながら練習していると、すぐにできるようになるので、挑戦してみましょう。

 

ちなみに分け目を目立たなくさせるために、編み込みをスタートさせる位置を、後ろのほうから始めるのがおすすめです。編み込みがやりやすいちょうどいい位置を、自分で見つけてみてくださいね。

■前髪がうっとうしいなら自分に合った流し方をマスターしよう!

pink-haired woman on field

 

自分の目線に長い髪がチラつけば、誰でもイライラしてしまいます。

 

だからこそ自分で流すスキルが身についていれば、いくら長くても邪魔になりません。むしろおしゃれな髪型を作れてしまうので、挑戦しておきましょう。

 

うまく髪を流すためには、以下のようなポイントを抑えておいてくださいね。

 

  • アイテムを使って長い髪を流す

  • コテ幅の狭いストレートアイロンで髪を流す

  • ヘアアレンジで長い髪を流しておしゃれな髪型にする

 

もちろん誰でも最初はうまく流せられません。前髪は鏡を見れば確認できるので、練習しやすくて上達も早くなります。毎日練習して気になる分け目を、目立たなくする努力をしてみてくださいね。

というわけで今回のテーマは、「長い前髪の流し方は?分け目を目立たせないストレートアイロンの使い方」でした。

コメントは受け付けていません。