プロが教える!実年齢より若く見える髪型と髪色は?

Share on Facebook

Girl, Grass, Nature, Summer, Cute, Outdoors, Leisure

大阪府摂津市千里丘の美容室「あとりえ月の庭」の佐藤です。

今回は、「プロが教える!実年齢より若く見える髪型と髪色は?」というテーマで書きたいと思います。

髪型は第1印象を左右するほど影響があるといわれており、選び方を間違えると実年齢より老けて見られてしまうことがあります。女性なら誰でも若く見られたい願望があるはずですから、以下のポイントをおさえて若く見えるスタイルを選んでみましょう。

 

  • 全体的にボリュームを出す

  • 前髪はパッツンかアップバング

  • 髪色はほどほどの明るさならOK

 

さらに上記に髪のツヤが出せれば、老けて見られる心配はありません。ちなみに、逆に実年齢より老けて見られてしまう特徴についても、以下で紹介しますね。

■とにかく髪の状態を要チェック!若く見える髪型の特徴5つ!

Beautiful, Blowing, Blur, Brunette, Carefree, Close-Up

もしスタイル選びに困っているなら、以下のポイントを守っていれば大丈夫です。とにかく若者の髪型に近づけるだけでも、若く見えるようになります。

 

  • 髪にツヤを出す努力をしよう

  • ボリュームを出せるなら積極的に出す

  • トップがふんわりさせられる髪型を選ぶ

  • 前髪はパッツンかかき上げるアップバング

 

例外はありますが、選び方としては上記ように選ぶだけでOK!具体的に紹介するので、参考にしてみてくださいね。

●その1:毎日のケアを大切に!ツヤが出た髪

出典:Instagram

 

少し関係ないかもしれませんが、髪にツヤが出ていないと、どんな髪型を選んだとしても、なんとなく疲れて見えて、若く見られなくなってしまいます。それくらい大切なことなので、毎日のケアを怠らないようにしましょう。

 

  • コンディショナーをやめてトリートメントに変える

  • お風呂に入ったらドライヤーを使って髪を乾かす

  • 洗い流さないトリートメントで保湿

  • ブラッシングをする習慣がつくとツヤが圧倒的に出る

 

上記のように変えるだけで、かなり髪に変化が出てきます。ちょっとした行動ですが、これを毎日続けていると、髪のバリアであるキューティクルが整えられてきれいなツヤが生まれるはずです。

 

とくにお風呂から出て髪を乾かさないでいると、パサパサになって逆に実年齢より老けて見られます。忘れずにケアしてくださいね。

●その2:全体的にボリュームが出た髪型を選ぶ

出典:Instagram

ボリュームがなく、どうしても髪の毛が薄いと感じると、若く見せるのは難しくなってしまいます。そこで髪の毛が少しでも多く見える髪型を選びましょう。基本的に以下のポイントを抑えていると、若く見られます。

 

  • なるべくワンレンにカットしてもらう

  • 毛先にパーマをかけてボリュームアップ

  • 顔周りにも髪の毛を残しておこう

 

これだけでもかなり若く見られるので、美容師さんにカットの際に相談してみてください。

 

ちなみに髪が薄くなってしまった人は、生活習慣を見直すといいでしょう。髪の毛を増やすには血液がポイントです。血流がよくなる習慣や、食事に気を付けましょうね。

●その3:トップをふんわりさせるだけでも効果大

出典:Instagram

 

美容室へ行く機会が少ない人は頭頂部であるトップ部分の髪を、ふんわりさせてボリュームアップしたように見せるだけでも実年齢より若く見えます。

 

ペッタンコのトップだと疲れた印象を作ってしまい、それが老けて見せているわけですね。健康的なイメージが若く見せるポイントとなります。セットする際に注意しておきましょう。

●その4:前髪の作り方も若者志向に変化させる

次に大切なのは前髪に関してです。以下のポイントを抑えるだけで、かなり若く見せることができます。これも若者のスタイルをチェックしていれば、わかってくるので、チェックしておきましょう。

 

  • フワッとさせたパッツン

  • 横に流すと自然さアップ

  • 前髪を作らないのならアップバング

 

パッツンの前髪は学生がよくなっているので、そのイメージで若く見えるようになります。またただのパッツンだとさすがに若作りに見られる可能性があるので、自然に見せるなら毛先を横に流すのがおすすめです。

 

また前髪自体を作るのが恥ずかしいのなら、前髪をかき上げるアップバングにして、トップのボリュームをアップさせればかなり印象が変わります。

●その5:若者の流行に合わせた髪型を選ぶ

これは番外編として見ていただけるといいですが、そのまま若者の流行のスタイルに変えるのも、手っ取り早い方法です。

 

よく見る若者の髪型の多くは、流行の最先端を取り入れている場合がよくあります。そのため印象がかなり変わって、老けて見られなくなるので挑戦してみましょう。

 

ちなみにざっと紹介すると以下のような感じです。

 

  • 重めボブ

  • ゆるめカール

  • 厚めバング

 

どちらかというと上記で紹介した、実年齢より若く見られるポイントを抑えているので、やってみて損はありませんね。

■反面教師に!老けて見られる髪型の特徴をチェックしよう!

Woman, Female, Thoughtful, Alone, Mountain, Thinking

 

上記で紹介したように若く見られるためには。若者の髪に近づければ老けて見られる心配はないでしょう。ところが以下のようなポイントが1つでも当てはまってしまうと、若作りしているように見られるかもしれません。

 

  • 髪型がいつも同じで分け目がくっきりついている

  • パサパサに乾燥した髪型

  • 頭頂部がペッタンコで元気がない

 

若く見えるヘアスタイルに近づけたら、必ずすべて解消できるように髪を維持していかないと、実年齢より老けて見られますよ。

●分け目がいつも同じで薄い前髪

まず分け目がハッキリついてしまっていて、それが長年かけて付いたものだとわかれば、それだけで年齢を高く見られてしまいます。

 

とくに前髪の分け目は、一発で見抜かれてしまうので、気になったら時々分け目を変えてくせがついてしまわないように注意しましょう。

 

また前髪が薄くなっていると、これも老けて見られる要因!必ずカットしてもらう場合は、重めにカットしてください!と注文してくださいね。

●ツヤがなくてパサパサだと老けて見える

パサついた髪というのは、不健康に見えるので、どうしても老けて見られてしまいます。もちろん体が健康であっても老けて見られるので、ケアを毎日忘れずに続けましょう。

 

上記で紹介した方法に合わせて、毎日の生活習慣も見直したほうが、髪にツヤが生まれやすくなります。

 

  • 寝るのは必ず10時!遅くても11時

  • 起きる時間を決めて必ず寝過ごさない

  • 食事はたんぱく質多めにして野菜も増やす

  • できれば運動をして最低でも湯船につかる

 

睡眠は髪に対してかなり大事なので、睡眠時間を意識して過ごしましょう。また起きる時間を決めておくと、寝る時間が遅くなりにくくなります。絶対に昼まで寝てしまわないようにしてくださいね。

 

また食事も髪の毛と大きな関係があるので、食べるものを意識しましょう。偏った食生活は髪をパサパサにしますよ。

 

そして運動やお風呂は血液の流れをよくする大切な習慣!最低でも湯船につかる習慣を作れば、髪に潤いが戻ってくる可能性がアップします。

●ペチャンコの頭頂部はNG

頭頂部のボリュームについては上記で紹介しましたが、これも不健康に見えるマイナスポイント!

 

とくに対策をしなくてもフンワリできるのならいいですが、それが無理ならセットの方法を覚えておいてくださいね。

 

  1. ドライヤーでトップを温める

  2. その際にトップ付近の髪の根元を握り込む

  3. 髪の毛が温まったらそのままドライヤーを冷風にする

  4. 髪の毛が冷えたら手を放したら完了

 

髪の毛というのは熱によって形を変えてくれるので、ドライヤーの熱でフンワリセットができます。冷風にして形を整えるのがポイントです。

 

そして崩れないように、スプレーでセットをしておけば外出しても問題ありません。

■髪色にも注意!若く見せるためには目の色に合わせよう!

Woman, Portrait, People, Fashion, Young, Girl, Model

 

若く見える髪型の特徴について紹介しましたが、それに合わせて髪色も意識しておくと、さらに見た目が変わります。以下のポイントを抑えておくと安心です。

 

  • 明るすぎるとNG

  • 真っ黒も若く見られない

 

よく自分の目の色に合わせて髪を染めると、似合った髪色になるといわれています。それを利用すれば、老けて見られる髪色になる心配はありません。

 

そして上記で紹介した髪型にすれば、若く見られる可能性がアップ!実年齢より老けてしまうようなストレスはなくなるので、安心して外出できるようになりますよ。

 

■具体的に若く見える髪型について紹介

若く見える髪型について上記で紹介しましたが、その情報を元に以下のポイントを抑えてみました。

 

  • 重めにしてボリュームが出ているように見せる

  • セットが比較的楽でストレスが少ない髪型

  • フンワリさせたいのならアレンジを活用

 

若く見せるためには重みを見せる髪型を選んだほうが、セットが比較的楽です。若く見えるだけでなく、使い勝手のいい髪型を選びましょう。

出典:Instagram

 

若く見せるための髪型の鉄板はボブです。段を付けずに極力同じ長さにしているので、髪に重みが出せるのが特徴になります。

 

またボブというのは髪の長さを揃えているので、比較的ツヤを出しやすく、若く見せるのにちょうどいい髪型です。セットもやりやすく、たくさんの人が利用しているので、違和感なく変えられますよ。

 

もちろんショートでもロングでも、ミディアムヘアでも、髪の長さに関係なく挑戦できる髪型です。

ローレイヤーロングだと自然に若く見える髪型になる

出典:Instagram

 

ロングヘアでボブにしたくないのならローレイヤーカットにすれば、上記の条件に当てはまりつつ、個性が出せておすすめです。

 

ローレイヤーとは段を付けていますが、その段を付ける長さを短くしているので、毛先に動きを出しつつボリュームがあるように見えます。

 

しかもロングヘアというのは、女性らしい髪型のひとつ。男性からも印象がいい髪型なので、イメージを変えたい人にちょうどいいでしょう。

●髪を束ねるなら少しだけでもゆるふわアレンジ

出典:Instagram

 

トップのボリュームがないけど、髪型を変えずに若く見えるようにしたいのなら、ヘアアレンジをしてみましょう。髪を1つにまとめて、トップを中心に指でつまむだけでも、ボリュームが出せてしまいます。

 

また上記のような雰囲気にヘアアレンジするのは、若者の間で流行っており、それも若く見られるポイント。ヘアアレンジを今までしなかった人が挑戦すると、それだけでイメージがかなり変わっておすすめです。

 

ひとつにまとめるゴムなどにこだわって、個性的なものを使うと、さらにおしゃれに見られますよ。

 

というわけで今回のテーマは、「プロが教える!実年齢より若く見える髪型と髪色は?」でした。

コメントは受け付けていません。