簡単!髪の毛にツヤを出す5つの方法

Share on Facebook

Girl, Hair, Blowing, Blonde, Woman, Behind, Back, Wind

大阪府摂津市千里丘の美容室「あとりえ月の庭」の佐藤です。

今回は、「簡単!髪の毛にツヤを出す5つの方法

というテーマで書きたいと思います。

女性なら誰でも髪の毛が艶々しているだけで、気分よく1日を迎えることができるでしょう。ところが現実はというと、なにをしてもツヤが出せなくて困っていませんか?

 

それは髪の毛の原理を理解せず、ただ良いという噂などを聞いて、ケアをしているからかもしれません。ところが原理を知って、たった5つの方法を実践するだけで、簡単なやり方で髪の艶感を徐々に取り戻す事ができますよ。

 

■髪にツヤを出す方法を知る前に原理原則を知っておこう

Balloons, Party, Girl, Happy, Walking, Street, Birthday

 

髪の毛というのは体の内部から作られており、食事から摂った栄養などを使って、頭皮から出てきます。これを意外と忘れがちなので、覚えておくといいでしょう。

 

そして髪のケアには、その構造も一緒に知っておいて損はありません。どのように髪の毛が作られて、髪の傷む原理についても知っておいてくださいね。

 

まず髪の毛には3層の構造になっており、その1番外側にはキューティクルといわれる鱗状のバリアがあります。ツヤを出す方法として1番キモとなる部分であり、この仕組みと原理を知っておきましょう。

 

●キューティクルがキレイな状態だとツヤが出せる

キューティクルは鱗状になっている皮質です。じつは湿気があると、このキューティクルは、花のように開くのが大きな特徴になります。

 

髪を濡らすと髪が引っかかるように感じますよね?それは開いたキューティクルが、手に引っかかっているからなんです。

 

もし、引っかかると感じるなら、無理に髪の毛を扱うのではなく、キューティクルが剥がれてしまわないよう、優しく扱うなど、さらに注意が必要です。

つまり髪の毛のツヤを出す方法としておすすめなのが、キューティクルを剥がさないこと。これを守っていれば、物理的に天使の輪が出やすい環境が整えられるでしょう。

 

キューティクルが剥がれてしまうと、どうしても閉じにくい状態となり、表面がデコボコとしてきれいに光を反射できなくなります。ちなみに表面が整ってきれいな髪の毛とは、締まって引っかかるところがないほど、まっすぐな状態です。

 

鏡と同じように光の反射ができるほど、まっすぐにキューティクルを整えることが、髪の毛のツヤを出すポイントになります。

 

●髪の毛内部にギッシリ栄養成分が入っているのも条件

先ほど髪の毛の表面をまっすぐにしたほうがいいと紹介しましたが、その表面を支える内部もしっかりしていないと、それもなかなか難しくなるでしょう。

 

上記でも紹介したように髪の毛は3層構造をしており、1番外がキューティクルなのに対し、内部を構成しているのがコルテックスになります。

 

3層のうち中間に位置しており、髪の毛のほとんどを占めているんです。このほとんどはケラチンといわれるたんぱく質からできており、食事から摂取できていないと、髪の毛がスカスカになってしまいます。

 

髪に栄養が足りていないと空洞ができるので、スカスカとした感触となり、髪全体を支えきれなくなるでしょう。

 

髪内部をケラチンなどの栄養でギッシリさせるためには、どのようにしたらいいのか、ちょっと連想しにくいですよね?このまま読み進めて、以下の対策を行って行けば、徐々に髪の内部がしっかりしてきますよ。

 

●髪の毛がうねってしまうくせ毛はツヤが出にくい…

髪がまっすぐなほうがいいと何度も紹介しましたが、表面だけでなく、髪の毛全体がまっすぐだともっと出やすくなります。

 

よくトリートメントなどのCMを見ていると、髪がピカピカでサラサラしてとてもきれいな女性の多くはストレートヘアのはずです。

 

まっすぐになっている面が広いと、光を反射するところが増えるので、ツヤも出しやすくなります。

 

つまりストレートヘアのほうが、簡単に効率よくツヤを出せるので、これを利用しない手はありません。

 

もちろんパーマのようなウェーブでも、出せている人もいますが、ストレートヘアよりは半減してしまうでしょう。

 

どちらを重視するかは好みの問題ですが、ツヤをより強調したいのなら間違いなくストレートヘアですね。

 

■髪の毛の原理を使えば簡単!ツヤを出す5つの方法

Adult, Back View, Beautiful, Coffee, Fashion, Female

キューティクルと髪の毛の構造。そして、髪の毛をまっすぐにしたほうがいいと、上記では紹介してきました。それを利用すれば、どのように出すべきかイメージしやすいですよね?

 

もうほとんどやるべき方法は決まっているようなものですが、わかりやすく具体的な方法を紹介します。あとはこれを継続するだけで、髪に変化が出てきますよ。

 

●その1:ツヤを出すには乾燥はNG!最適なシャンプー選び

まず髪にあったシャンプー選びが重要です。じつは上記ではほとんど触れませんでしたが、髪は乾燥してしまうとパサパサして髪同士がまとまれなくなります。

 

肌に関しても乾燥していると、カサカサして白い粉をふいたようになってしまいますよね?つまりシャンプー選びが大切になってくるわけです。

 

大きく分けるとシャンプーには市販のものと、サロン用がありますが、間違いなくサロン用をお勧めします。

 

それは保湿しやすい成分でできているから。洗浄力が大きく関わっており、市販のものはコストを抑えているので、洗浄力が強いものが多いです。

 

もともとシャンプーは皮脂や汚れを落とすためのものですが、シャンプー選びが重要なポイントはここにあります。そう!洗浄力が強いために皮脂がなくなりすぎてしまうんですよね。

 

皮脂は一見ベタベタして、髪によくなさそうなイメージでしょうが、一定の量が残っていないとキューティクルがむき出しになってしまいます。キューティクルが剥がれやすい環境になるわけですね

 

ですから洗浄力が弱いサロン用のシャンプーか、せめてアミノ酸系シャンプーにしておけば、安心ですね。

 

●その2:髪の毛内部に栄養補給すればツヤを出す基礎が完成

髪の内部がギッシリ詰まっていないと、髪の毛がボコボコになって、ツヤどころかダメージで髪の毛は切れる原因となってしまいます。

 

これを防ぐにはトリートメント選びが重要!コンディショナーやリンスを、間違えて選ばないようにしてくださいね。

 

ちなみにトリートメントとコンディショナーなどの違いは、成分の粒子の大きさです。トリートメントのほうが、髪の毛の内部に浸透しやすくするために、小さい成分で作られています。

 

もちろん内部に浸透するのがわかっているので、たんぱく質や保湿成分がタップリ!コルテックスが強化されて、艶が出やすい髪となるでしょう。

 

さらにコルテックス間を繋ぐ、CMCといわれる成分が入っているトリートメントがあり、これが入っているトリートメントを選ぶとさらに内部がしっかりしてきます。

 

サロン用のトリートメントだと、この成分が入ったものがあるでしょうから、美容室に問い合わせてみるといいでしょう。

 

●その3:アウトバスタイプのトリートメントでキューティクルを保護

シャンプーとトリートメントは、お風呂に入ってのツヤだし対策でしたが、お風呂から出た後も注意してくださいね。タオルで湿気をふき取る場合も、キューティクルが剥がれないように、やさしくふき取りましょう。

 

そしてその後にアウトバスタイプのトリートメントを使うと、キューティクルを守るバリア膜が作られ、さらに髪内部に成分が補給されるようになります。

 

ちなみにヘアオイルはどうなのか?とよくお客様から聞かれますが、ホホバオイルなどの植物性で、浸透性が高い種類を使えば安心です。

 

●その4:ドライヤーやヘアアイロンで髪をセットすればツヤがアップ

髪の毛がまっすぐしたほうがいいと、上記で紹介しましたが、その場合は熱を利用する機器を使えばさらに、出やすくなります。

 

とくにドライヤーとヘアアイロンはおすすめ!ドライヤーはブラシを使いながらブローしてあげると、キューティクルが同じ方向をむいてくれるので、ツヤが出やすいですよ。

 

もちろんアウトバスタイプのトリートメントなどを塗布して、その後にドライヤーを使うと、さらに出しやすいでしょう。

 

ヘアアイロンの場合は、温度設定に気を付けて使うようにしてください!温度設定が高すぎると、髪内部のたんぱく質が変性して、髪がまとまらなくなります。低温まではいかなくても、160度~180度の温度設定をして使えば大丈夫でしょうね。

又、アイロン前には必ず熱から髪を守る為に熱対策用ローションを使用することをお勧めします。

 

●その5:体調管理も重要!睡眠と食事には要注意

最後に絶対条件である健康状態です。髪の毛にツヤが出る為には、髪が作られるたんぱく質という栄養がないと、上記の方法を取り入れたとしても効果がありません。

 

髪の毛は体の内部で作られるもの。その作られる段階で、栄養が足りていないと、コルテックスがボコボコの状態に…。誰でもわかるでしょうが、それではきれいな髪は保てないでしょう。

 

そして睡眠も重要なポイントです。睡眠不足なってしまうと血流が悪くなり、栄養が頭皮まで届かなくなってしまいます。

 

食事でたんぱく質を補給したとしても、頭皮まで届かなくないと同じですよね?つまり食事と睡眠は絶対条件!正しい生活習慣を守り体も元気でないと、ツヤがある髪になることは難しいでしょう。

 

■美容室でトリートメントの施術を受ければツヤが長持ち

Girl, Blonde, Hotel, Portrait, Woman, Beauty, Man, Hair

 

髪の毛がきれい!といわれる人の多くは、頭頂部が、俗にいう天使の輪になっています。これを出すためには、毎日の習慣がものを言うんですよね。

 

ところが生活習慣を変えるのは大変で、なかなか髪の毛に変化が出なくて、挫折した人も少なくありません。

 

そこで美容室でトリートメントの施術を受けてみてください!ただのトリートメントではなく、長期でいい質感を持続できる成分が配合されているので、効果を実感しやすいですよ。

 

忙しい人は美容室で問い合わせて、内容を聞いてみてください!リラックスできて、相乗効果でツヤが出てきれいな髪を持続しやすくなります。

というわけで今回のテーマは、「簡単!髪の毛にツヤを出す5つの方法」でした。

コメントは受け付けていません。