40代に人気のショートボブ。くせ毛ですごく広がる髪質でも大丈夫?

Share on Facebook

大阪府摂津市千里丘の美容室「あとりえ月の庭」の佐藤です。

今回は、「40代に人気のショートボブ。くせ毛ですごく広がる髪質でも大丈夫?」について書きたいと思います。

Woman Wearing Blue Denim Jacket Selective Focus Photograph

 

40代になると、なかなか髪型を変えるのに勇気がいることでしょう。

とくにくせ毛なのにショートボブなんて…と、本当はイメチェンしたいけど、できない人は安心してください!

むしろ、似合いやすい髪型な上に、40代女性の間で人気になっているスタイルで、かえっておしゃれに見られますよ。

 

■くせ毛だとショートボブは無理!は勘違い。40代でもおしゃれに!

Woman Holding Knitted Ball Decor

 

くせ毛の悩みといえば髪の毛がうねってしまい、それが原因で髪のシルエットが広がるところ。

ショートボブといえばシュッとくせ毛がなくてまっすぐ、大人な女性でありつつかわいいイメージ。自分にはほど遠い気がして、チャレンジする勇気がでにくいでしょう。

 

ところがこのスタイルは、パーマを使ってまで出したい丸みがポイント。

この丸みがあることで女性らしいイメージが作られます。

つまりくせがないよりも、あったほうが似合いやすくなるんです。

 

●くせ毛での悩みは広がる点!ショートボブは相性がいい

髪の毛が広がってしまうのは、くせ毛独特のうねりやウェーブですよね?

たしかにショートボブが似合っている人は、髪の毛がまとまっていてきれいなシルエットをしています。

 

じゃあ、ショートボブはやめたほうがいいのかといえば、むしろ逆だと当サロンでは思っているんですよね!

それはくせ毛とショートボブは相性がいいから。

 

広がるデメリットをカットでおさえられたら、後はうねりを利用して、丸みを作ることができます。

毛先にくせを残して丸みを作れば、40代で大人かわいいを手に入れられますよ。

 

●失敗する可能性も!それは美容師さんの腕次第!

ではどのようにカットでくせ毛の欠点を補えるのでしょうか?

じつはカットでおさえられるようになるには、カットの技術力がものを言います。

 

まず美容師さんというのは、どこでうねりが出ているのかチェック!そしてそれに合わせたカットをするんです。

 

生え方が他の人より特徴があるのなら生えグセですし、毛先からうねりがあるのなら、それはくせ毛だと判断します。そしてその度合いを見て、量を少なくカットするべきか、重みを加えるべきか考えるんです。

 

そして長さも一緒にうまく調整しないと、広がるばかりか外にハネて、まとまりにくい髪になってしまうでしょう。

 

これらを経験や技術力で判断していきますが、まだ未熟な美容師さんが担当になると、違和感のあるショートボブになってしまいますよ。

 

●くせ毛でも広がるのをおさえるとショートボブになるのは可能!

ところがカットが得意な美容師さんだと、カットだけで上記で紹介したような方法を利用して、うまいバランスで広がることのないきれいなスタイルにしてくれるでしょう。

 

くせを活かしたボブは、うまくセットすれば自然な内巻きになり、まとまりのある女性らしいかわいい髪型になるんですよね。

 

もちろんカットだけでもきれいになれますが、セットをすればもっと理想に近い髪型になりますよ!

 

くせ毛は湿気に弱いのは皆さんのほうがご存知かもしれませんが、セットでも乾かし方が重要になってきます。基本はパーマでのセット法と同じで、引っ張りすぎずに乾かすこと。

 

根元付近をふわりさせて、毛先に丸みを持たせるために、ウエーブを残すように乾かせばきれいなスタイルになるんです。

 

くせ毛がパーマの代わりになれるので、これを活かすためにセット法も意識してくださいね。

 

■40代で広がるくせ毛に悩む人でもショートボブでおしゃれになれた事例

Woman Smiling While Looking Upwards

 

理屈はわかったけど、実際にショートボブになるのは勇気がいるな…と、まだまだ不安になってしまう40代の女性も多いでしょう。

 人によって違いがありますが、技術力の高い美容師さんが担当になると、そんな心配は必要ありません。それを写真で確認すれば安心できますよね?

 

●水に濡らすとくせ毛が…ショートボブだとパーマ風に

 

ショートボブで失敗したという人の多くは、髪をヘアアロンでセットして、まっすぐにした状態でカットしてもらっています。

 

さすがの美容師さんもくせの状態を実際に見ていないと、カットのやりようがないので、必ず自分がくせ毛で悩んでいると伝えましょう。

 

もちろんストレートアイロンを使っているのなら、髪を濡らしてから、髪がどのように広がるのか確認します。そのようにすると失敗する確率が少なくなるでしょう。

 

ちなみにくせ毛は湿気でウェーブが出てしまいますが、それも考えて美容師さんはカットしてくれます。きれいにカットしたのに、外に出たらセットが崩れてしまった…となるのも少なくなるでしょう。

 

くせ毛が出たとしても雰囲気が残るようにカットしていれば、40代という忙しい女性でも安心してショートボブを楽しむことができるでしょう。

●太い髪でも女性らしいショートボブと相性抜群

くせ毛といってもさまざまな髪質を持った人がいるでしょう。とくに髪が太くてセットがしにくいから、ショートボブにしても自分でコントロールできない…と、悩んでしまう人もよく耳にします。

 

ところが太い毛であってもカットで調整すれば、似合うようになるんですよね。これも毛先だけに丸みを持たせており、全体のシルエットもきれいな状態になっているでしょう。

ロングにしているとうねりが目立ってしまいますが、これくらいの強さだと、ショートボブにしたほうがむしろくせ毛が目立ちません。

 

短めのショートにして量を調整してもらうと、セットの時間も短くなって、40代としてはメリットばかり!見た目がおしゃれなのにも加えて、手入れが楽なら挑戦してみたくなりますよね?

 

カラー毛でビビりがちなくせ毛でも落ち着いた髪型になれる

 

40代にもなると白髪染めを始める人も多く、カラー毛で髪の毛が乾燥して、ビビり毛になっている女性もよく目にします。ところがそれもショートボブにすれば、ある程度抑えることができるんです。

 

それは何と言っても髪の長さが短くなっているから。髪というのは長くしていると、誰でも痛みが出て、それが原因でくせ毛のようにうねりが出る場合もあります。

 

そのため毛先を短くカットするだけで、広がる髪をおさえられるわけです。

もちろん毛先にうねりが出ているのを活かしてカットするため、ショートボブの丸みを活かすことができてしまいます。

 

くせ毛の悩みだけでなく、髪のダメージをおさえられるメリットがあるなら、悩む前に挑戦したほうがいいですよね。

 

■40代でくせ毛だからと縮毛矯正するのはおすすめしません

Woman Standing on Cliff

 

くせ毛と耳にすると縮毛矯正を誰でも連想するでしょうが、じつはショートボブにするなら、この施術はあまりおすすめしません。それは痛みが出やすいだけでなく、毛先がまっすぐになる可能性があるからです。

 

丸みが出ているのがショートボブの特徴ですが、縮毛矯正をすると、その特徴を潰してしまいます。

 

まっすぐにすることだけでなく、カットで希望の髪型になるのかどうか、美容室で相談するのが先決です。

 

当サロンではベテラン美容師が多く在籍しているので、気軽に相談してみてくださいね。もちろん縮毛矯正で丸みを付けたショートボブにもできる場合があるので、髪の状態をチェックさせてくださいね。

というわけで今回のテーマは、「40代に人気のショートボブ。くせ毛ですごく広がる髪質でも大丈夫?」でした。

コメントは受け付けていません。