冬になると増える白い粉はフケ!その悩みを解消する対策を紹介

Share on Facebook

Woman Holding Her Head

冬になるとなぜか肩にかけて白い粉が落ちていて、すごく気になってしまうでしょうが、案外それをフケだと自分で認識するのは難しいでしょう。

それは冬だけフケが出てしまっているから。正しい対策をしないと、なかなか効果が現れないので、その方法について紹介しますね。

 

フケには2種類ある!それに合わせて対策をしよう

woman wearing jacket and holding snow

まず対策を知る前にフケの種類について知っておく必要があります。

まず細かくて粉のようなタイプのフケは、冬によく目にするもの。つまり空気が乾燥していて、頭皮までカサカサになっているとフケが出てしまいます。

 

フケが出るまでカサカサになってしまうのは、頭皮の血行がよくなっていないため、皮脂が体から出ていない可能性があるでしょう。

つまり細かいサラサラの粉のフケが出ているのなら、保湿と血行をよくする必要があるわけです。

 

もうひとつは乾燥フケよりも大きい皮脂が剥がれてしまったフケ。

皮脂はしっかり出ている場合が多く、べたついた状態なのも大きな特徴でしょう。

 

この場合は炎症を起こしている可能性もあり、べたついているため髪の毛にフケがくっついている場合もよくあります。

これを目にしたら保湿ではなく、炎症を沈める対策をするか、生活習慣を見直す必要もあるでしょう。

 

乾燥フケとベタベタフケは原因に違いがあるので、それぞれ正しい対策が違うのが理解できたでしょうか?

 

冬の乾燥フケはとにかく保湿と血行促進

Close-up of Human Hand

冬に起こる確率が高い乾燥フケは、カサカサになっているのが原因。

つまり保湿と血行を高めるのが重要と、上記で紹介しました。どうやって頭皮を保湿するの?という声もあるでしょうから、次は対策について詳しく見てみましょう。

 

頭皮の保湿をするにはヘアケア剤の見直しが必要であり、とくにシャンプーを刺激が弱くて洗浄力が弱いものを使うのがおすすめです。

 

シャンプーとは皮脂を洗い流す効果があるので、洗浄力が強いと必要な皮脂が頭皮に残らず、カサカサになってしまいます。

つまりシャンプーを洗浄力の弱いものに変えるだけで、皮脂が頭皮に残ってフケが抑えられるわけです。

 

さらにその上から保湿力が高い、オイルやローションを使ってしまえば、頭皮と一緒に髪も保湿できてしまいます。

その上頭皮をマッサージできてしまうため、血行促進効果も期待できるでしょう。

 

血行が良くなってくると自然と皮脂が出てくれるようになるので、乾燥フケがよくなっていきますよ。

シャンプーやヘアオイルなどの、ヘアケア剤の見直しをしてみてくださいね。

 

冬の乾燥フケでないのなら薬用シャンプーや生活習慣を変える

Photo of Person Holding Alarm Clock

乾燥タイプのフケだと保湿というのが理解できたでしょうが、皮脂が多めの大きいフケだとシャンプーを炎症をおさえる薬用シャンプーにして、皮脂をおさえるために生活習慣を正すようにしてくださいね。

 

とくに体のバランスを整えるために、睡眠をしっかりとったほうが皮脂の量も調整してくれるようになります。

そして炎症を沈めるための薬用シャンプーを使い、頭皮の状態を整えてしまいましょう。

 

ちなみに敏感肌の人で薬用シャンプーが気になるのなら、ハーブなどがたくさん入ったオーガニックシャンプーでもいいですよ。

コメントは受け付けていません。