髪にコシがないのは外が乾燥しているから?正しい対策と原因

Share on Facebook

Woman Facing Sideways

髪のコシがなくなってきた…なんてショックを受けている女性もいるでしょうが、そのコシがないというのは基本的に加齢によって起こるものではありません。

もちろん少しは関係がありますが、季節によってコシがないと感じるのなら、それは加齢ではないというのを知っておいてくださいね。

 

髪にコシがないと思ったら頭皮が乾燥しているのも原因

Woman In Grey Top Near Trees

髪のコシとは髪の立ち上がりという意味であり、ボリュームが少なく感じてしまうのが、悩んでしまう大きな要因ですね。

コシがないと感じたら、とにかく頭皮をチェックするのがおすすめ!

 

もともと女性は男性と違って、ホルモンの関係上薄毛になる可能性は低いため、コシがなくなってきたら頭皮が関係しているかもしれないからです。

 

頭皮は本来皮脂が出ている状態であり、それによってある程度保湿ができています。

ところが冬などの季節になるとコシがでないと感じるのなら、フケなどが出て乾燥しているかもしれません。

 

季節によったら血行が悪くなってしまうので、皮脂が出にくくなって、さらに外気が乾燥することでコシがなくなってしまうわけです。

 

頭皮の状態を整えて血行を高める努力をすると、薄毛になりにくい女性は、それだけで髪にコシがない状態を回避できますよ。

 

コシを出して髪のボリュームアップを狙う正しい対策

Macro Photography of Water Droplets

では髪にコシを出すためには、具体的にどのようにするべきか?

それは血行を高める努力をしましょう。

血行をよくするにはさまざまな方法がありますが、基本的に頭皮まで血液が届く必要があります。

 

それくらい血液の流れをよくしないといけないので、以下で詳しく紹介しますが、体の外と中の両方から髪のコシ対策をしないと効果が出ないでしょう。

 

まず頭皮が乾燥していて髪の毛に元気がないのなら、植物と同様に土壌の役割である頭皮の状態を整えてください。

 

乾燥しているのならトニックなどの、保湿を心掛けるのがいいでしょう。

ちなみに乾燥していると刺激物に反応しやすくなっているので、必ず天然成分で作られたトニックなどを使ってくださいね。

 

とくにハーブが入ったトニックだと、血行促進効果も期待できるので、髪にコシが出やすくなりますよ。

ちなみに育毛剤のような医薬品でも血行促進効果が期待できますが、肌の弱い人は注意しましょう。

 

外だけではダメ!体の中からもアプローチしたほうがコシも出る

Woman With White Sunvisor Running

体の外からのアプローチとして頭皮が乾燥してコシが出ていないのなら、トニックなどで頭皮を保湿する必要がありましたが、じつは体の中からアプローチをするとさらにコシが気にならなくなります。

 

もともとコシがないと感じるのは、血液の流れが悪くなっているのが原因。

つまり食べものや生活習慣で、血行をよくすることができるでしょう。

 

食べものならたんぱく質を中心に食生活を変えて、運動を織り交ぜることをすれば、自然と血行が良くなっていきます。

 

さらに睡眠時間を長くとるようにし、夜の10時くらいに寝るだけでも、成長ホルモンが活性化してコシがない状態を整えてくれるでしょう。

コメントは受け付けていません。