冬なのに頭皮のべたつきが気になる!その原因と対策を紹介!

Share on Facebook

Woman Facing the Ocean during Day

 

冬なのに頭皮のべたつきがあるのは、原因がしっかりあり、それに沿って正しい対策を続けていくとその悩みは解消されます。

 

夏なら理解できるでしょうが、なぜ冬に頭皮がべたつき、場合によったら臭いまで発生してしまっているのでしょうか?

 

それは冬ならではの原因があるからだったんです。

 

寒い冬なのに頭皮のべたつきが気になるのなら乾燥してる?

Woman Wearing White and Black Hat

 

夏場は暑さで汗をかいてしまい、頭皮が気になってしまう人も多いでしょう。

 

ところが冬でもべたつきがあり、女性ならそれをいやだなと思っているはずです。

 

そもそも頭皮のべたつきが発生してしまうのは、基本的に皮脂が関係していると思ってください。

 

皮脂とは毛穴から出て来る脂になります。

 

もちろん夏場だとたくさん皮脂が出てきてべたつくでしょうが、冬の場合は逆に乾燥していて、それを補うために皮脂が毛穴から出てきてしまうんです。

 

つまり冬の頭皮のべたつきは、乾燥しているのが原因。

 

その原因に合わせて対策をとっていきましょう。

 

ちなみに冬に出て来る皮脂は、夏場のものよりも粘度が高くなっているのも特徴のひとつ。

 

温度が低いと油汚れと同じで固くなってしまいますよね?これが臭いを発生させている原因だと思っておいてくださいね。

 

頭皮から臭いが発生する前にする正しい対策

White and Brown Cooked Dish on White Ceramic Bowls

 

頭皮のべたつきの原因は皮脂であり、冬は固くなっているため、それを解消するためには食生活などの生活習慣とヘアケア剤の選び方です。

 

まず皮脂というのは体の中から出て来るものですから、生活習慣を変えて皮脂が正しい量に戻るようにしてください。

 

頭皮が乾燥していて、それを補うために過剰に分泌しているのも原因ですが、べたつくほどの量の皮脂が出ているのなら体のバランスが崩れています。

 

油がタップリの揚げ物を控えるだけでも効果がありますが、甘いものの食べすぎもよくありません。

 

健康的な食生活を心がけておきましょう。ストレスもバランスを崩す原因なので、解消法を見つけておいてくださいね。

 

一時的にシャンプーを変えるのも頭皮のべたつきを解消するコツ

woman in white bathtub holding clear drinking glass

 

冬なのに頭皮がべたつく原因は、シャンプーの選び方にも原因があります。

 

もともとこのヘアケア剤は皮脂を落とす特徴があるため、乾燥するのがなんとなくわかるでしょう。

 

過剰に乾燥しないようにするために、洗浄力が強いシャンプーを使わないのがおすすめ。

 

アミノ酸シャンプーだと、適度に皮脂が残ってくれるので、徐々に皮脂の分泌をおさえてくれますよ。

 

ところがそれでもなかなかべたつきが治まらないのなら、皮脂がかなり固まっている可能性があります。

 

その場合だと頭皮の皮脂が落ちるまで、一時的に洗浄力の強いものに変えてもいいでしょう。

 

それでも頭皮が炎症を起こしたらあまり状態としたらよくないので、刺激が強くない植物性のシャンプーを選ぶと、べたつきが治まる上に安心して髪が洗えますよ。

 

そしてべたつきが少なくなったら、アミノ酸シャンプーに切りかえてみてくださいね。

コメントは受け付けていません。