冬の髪はダメージが多くてパサパサに!正しい対策してみてね

Share on Facebook

Photo of Woman Wearing Brown and Beige Coat

 冬になると何故かダメージが気になってくる人がいるでしょうが、それは髪のケアを間違えている可能性があります。

冬以外の季節にはない乾燥が原因であり、それにそって対策を続けていかないと、効果があまり感じられない可能性大!むしろダメージが悪化するかもしれませんよ。

 

冬には乾燥するからダメージも増大!髪を保湿しよう!

Light, Smoke, Color, Led, Humidifier, Mood

冬の乾燥は髪にとってダメージを増やす原因となるため、天敵と思っていいでしょう。

それは髪には皮脂というものがあり、それが髪を守ってくれるのですが、冬になると分泌量が減ってしまうんです。

 しかも乾燥のせいで髪全体にいきわたらないケースもあり、ダメージをうけやすい環境になっています。

そこで皮脂の代わりを作るために、いつもより保湿をするように心がけたほうがいいでしょう。

保湿といってもどうすればいいの?と思うでしょうが、それは以下の方法を試してみてくださいね。

ダメージをおさえるまで続けやすい方法を紹介するので、効果を実感しやすくなるはずです。

 

乾燥する原因は暖房器具とドライヤーの風!シャンプーも!

Brown Beside Fireplace Near Brown Wicker Basket

 まず冬のダメージから守るためには、乾燥する原因を知っておいたほうがいいでしょう。

 1番乾燥させている原因は暖房器具。

寒いからといって暖房器具の近くにいると、髪の水分が飛んでしまうので注意しましょう。

距離をとるだけでも髪のダメージを少なくできます。

そして髪を乾かすドライヤーも意識して乾かしたほうがいいですよ。

ドライヤーとは暖かい風で水分を飛ばす道具。

暖房器具と同様に乾燥されやすいので、正しい対策が必要になってきます。

 

しかしドライヤーの時間を短くしてしまうと、髪が乾かず冷たい髪が体に触れて、寒くなってしまうでしょう。

 

そこでドライヤーを使うために、洗い流さないトリートメントやオイルで、髪を保湿してから乾かしてください。

そしたら髪の水分が飛ぶのと最小限に抑えてくれますよ。

 

さらにお風呂で使うシャンプーも乾燥の原因を作っていました。

 

ヘアケア剤の選び方と使い方を紹介

Woman Using Hair Brush

シャンプーとは髪の汚れを落とすヘアケア剤ですが、髪の汚れには皮脂も含まれています。

皮脂は髪のバリアでもあるので、冬の乾燥をアップさせてしまうでしょう。

 

では冬のシャンプーを選ぶにはどうすべきか?それは洗浄力の弱いシャンプーを使うと、皮脂が髪に残ってダメージから守ってくれます。

 

洗浄力を見るには成分表をチェック!「ラウレス硫酸○○」と書かれていたら、そのシャンプーは洗浄力が強すぎるので、冬に使わないようにしてくださいね。

 

そして髪の保護として重要なトリートメントに関しても、使い方が重要になってくるので紹介します。

ただ髪につけるだけでも効果がありますが、それだけでなく、揉みこむように付けると髪の内部にまで浸透してくれるでしょう。

 

そして髪を洗ったあとに、タオルをゴシゴシ拭かないのもダメージをおさえるコツ!

柔らかく包むように拭いて上げると、ダメージを最小限に抑えられますよ。

コメントは受け付けていません。