縮毛矯正とストレートパーマの違いって?どう使い分ける?

Share on Facebook

女性, プロファイル, 顔, 肖像画, 若いです, 魅力的です, 探している, 凝視, ブルネット, 長い髪

くせ毛の人なら誰でも髪の毛をまっすぐして、手入れも少しでも楽にしたいですよね?

そこで役に立つのが美容室でするストレートパーマと縮毛矯正。

どちらも髪の毛をまっすぐにする施術ですが、どっちが自分に合った施術かわからない人が多く、よくお客様から相談されます。

今回はその違いについて紹介しますね。

 

●縮毛矯正とストレートパーマの違いはアイロン!

cosmetic products on top of desk

もともと縮毛矯正もストレートパーマも、やっていることは同じと考えていいでしょう。

 薬剤が2種類用意されており、2回にわけて塗布して髪をまっすぐにします。

どちらも似たようなことをしているようで、じつは違いが存在しているんです。

それが上記でも書いているように、アイロンを使うかどうか!

縮毛矯正の場合だと薬剤をつけて洗い流した後に、ストレートアイロンを使ってのばし、その上から再び薬剤を塗布して髪を伸ばします。

ところがストレートパーマだと、ストレートアイロンを使わずに、洗い流した髪に薬剤をつけてしまうんです。

よく見ると全然違うことをしているのが、わかったでしょうか?

それでも美容室によったら、ストレートパーマでもストレートアイロンを使って、髪を伸ばしているところもあるでしょう。

これはストレートパーマでない!と思うでしょうが、じつは細かくいうと使っている薬剤で違いを出している可能性もあるんですよ。

言い方を変えるなら、ストレートパーマはそこまでまっすぐにさせないのがポイント!

縮毛矯正のほうが強い薬剤を使い、さらにストレートアイロンを使っているイメージですね。

結果としてこの2つの違いはまっすぐする度合いに違いがあり、「縮毛矯正>>>>ストレートパーマ」といった具合になります。

●くせ毛をしっかり伸ばしたいのなら縮毛矯正

女性, プロファイル, 女の子, 肖像画, 顔, 頭, 側, ブルネット, 長い髪, モデル, 魅力的です

 縮毛矯正はしっかり髪をまっすぐにする特徴があるため、くせ毛をまっすぐするのに最適ですよ。

とくにウェーブがきつく出てしまっているくせ毛でも、ストレートアイロンまで使うため、きれいなストレートヘアになるでしょう。

ところが縮毛矯正はそれくらいまっすぐにできるからこそ、強力な薬剤を使っているため、痛みには気を付けてくださいね

髪がパサついてどうしようもない人は、縮毛矯正を控えたほうがいいですよ。

●自然な感じでまっすぐにしたいのならストレートパーマ

大人, 背面図, 美しい, コーヒー, ファッション, 女性, 髪, 長い髪, アウトドア, 公園, 平和

 縮毛矯正ではなく、ストレートパーマはというと、基本的にヘアアイロンを使わずまっすぐにします。

だからこそ痛みが少なくて済むだけでなく、毛先がツンツンにならず、自然な髪型になるでしょう。

ナチュラルヘアが流行っているため、そこまでくせ毛でないのなら、ストレートパーマでも十分です。

ところが「それでは物足りない…」、「気になる部分のクセが伸びていない…」というなら、あなたは縮毛矯正のほうがピッタリ!このバランスは美容師さんのほうが詳しいので、相談して決めてくださいね。

●パーマをまっすぐにしたい人もストレートパーマ

女の子, 10 代, カフェ, スマート フォン, 悲しみ, トスカ, 退屈, ロシア, 肖像画, 美しさ

これらの施術は好みで決めるのではなく、パーマをかけて気に食わなかった人が、髪をまっすぐする時にもストレートパーマは使われます。

 自然な感じでまっすぐにするわけですから、ストレートパーマはパーマのカールを落とすのにちょうどいいわけです。

●痛みが気になるなら美容師さんに相談してみよう

two women smiling in front of computer monitor

どちらにしても無理やり髪をまっすぐにする施術のため、髪に痛みが出てしまう可能性があります。

 パサつきが気になるのなら、縮毛矯正やストレートパーマではなく、違った方法で悩みが解決できないか、美容師さんに相談するのがおすすめです。

痛みが出ないようにする方法を、たくさん知っているからこそ髪のプロ。

痛みが少ない方法で、くせ毛をまっすぐにしてもらいましょうね。

コメントは受け付けていません。