イタチごっこのような、すぐに生えてくる生え際の白髪。その対処法とは?

Share on Facebook

生え際の白髪はどうカバーする?

白髪が気になって染めてもすぐに生え際から白いものが出てきてしまいます。

染めたばかりなのにまた染めなくてはとプレッシャーを受けたり、染めている時間がないと困ったり、頻繁に染めていては傷みそうで怖いと思う方もいることでしょう。

白髪染めを頻繁に繰り返す方もいますが、市販品を使う場合、最低でも何週間後など指定があるはずです。

それを守らず、頻繁にしていると髪や頭皮も傷んでしまいますし、そもそも、頻繁に白髪染めをする時間や手間をかけられないのではないでしょうか。

そんな、お困りの方も多い生え際の白髪を日常的に気軽にケアできる方法をご紹介します。

ヘアカラースティックやヘアカラーファンデーションを活用

全体を染める白髪染めの愛用者は多いですが、あまり知られていない存在がヘアカラースティックやヘアカラーファンデーションです。

ヘアカラースティックはシニア世代にはなじみが深く、今のような自宅でできる白髪染めがメジャーでない時代から使われてきました。

気になる生え際に口紅をつけるような感覚で染められます。

一時的な効果しかなく、その日にシャンプーすれば色は落ちてしまいますが、毎日いたちごっこになる新たに目立ってきた白髪を気軽にカバーするには便利です。

昔ながらの化学的な染料を使ったタイプから、最近ではヘナなど植物性原料100%の髪により優しいタイプも登場しています。

なじませることで白髪をカバーできるだけでなく、髪ツヤもアップすると評判です。

前髪の生え際などを一気にカバーしたいという方には、より広い面積を一気にケアできるパフでつけるタイプのヘアカラーファンデーションもおすすめです。

ただし、いずれも白髪染めに比べるとカラーの種類はそう多くはありません。

黒、ダークブラウンが一般的で、加えてライトブラウンがあれば使い勝手も良いシリーズと言えるでしょう。

ヘアカラートリートメントで日々のケア

白髪染めは1ヶ月置きや数ヶ月に一度の割合にして、その間に目立ってくる白髪はヘアカラートリートメントでカバーしていってはいかがでしょうか。

日々の洗髪時に使うコンディショナーやトリートメントの代わりに使うことで、自然と色が入っていきます。

白髪染めを使わず、髪に優しい成分で少しずつ色を入れたい方をはじめ、白髪染めの間の生え際ケアにもおすすめです。

また、ヘアカラートリートメントではなく、色が自然と入っていくヘナシャンプーなどを使う方法もあります。

美容室でリタッチやポイントカラーを

自分だけのケアでは物足りない方や、自分で毎朝、スティックを塗ったり、ヘアカラートリートメントをしたりするのが面倒という方なら、美容室でリタッチやポイントカラーをするという方法もあります。

全体染めより低コストで、気になる部分だけを染められます。

白髪染めをしたあと、髪がプリン状態になったときなどにリタッチをして、常にキレイな状態をキープすることができるのです。

一番やってほしくないことは、生え際のまばらな白髪が気になると抜いてしまうことです。

頭皮を傷めて抜け毛などの原因にもなるので、無理やりはせず、スティックやヘアカラートリートメント、リタッチなどでケアしましょう。

 

コメントは受け付けていません。