白髪は染めたいけれどジアミンアレルギーという人のお悩み

Share on Facebook

■白髪染めの主成分はジアミン

ドラッグストアにはたくさんのヘアカラーが売られていますが、これらの大半に酸化染料の中の1つ、ジアミンという染料が含まれています。

白髪を染めるのに大きな役割を果たす染料なのですが、このジアミンにアレルギーを起こす人は多く、白髪染めができないという悩みを持つ人は多いと言えます。

ジアミンが起こすトラブルの一番はかぶれで、ヘアカラーでかぶれたことがある人は、その後、トライするのが怖くなるでしょう。

そんな人におすすめなのがノンジアミンカラーです。

 

■ノンジアミンカラーとは

文字通り、白髪を染めるための成分にジアミンを含んでいないヘアカラー剤のことを言い、一般的にはヘアマニキュアやカラートリートメントなどが良く知られています。

ヘアカラーでかぶれたことがある人は、ジアミンを含まないこれらのノンジアミンカラーを使用するのが安心です。

ただ、ヘアカラーでかぶれる要因でもっとも多いのがジアミンであることは確かなのですが、ヘアカラーにはほかにも過酸化水素やアルカリ剤など、かぶれを引き起こす要因を持つ成分がジアミンと共に含まれています。

そのため、仮にジアミンが入っていなくても、その他の成分でかぶれを起こす可能性を完全に否定することはできません。

とはいえ、ヘアカラーでかぶれを経験した大多数の人がジアミンによるものであることから、ノンジアミンカラーを使用ことでかぶれにくくなる可能性は高いでしょう。

 

■市販のノンジアミンカラーの種類

ジアミンを含むヘアカラーに比べると、かぶれにくいという性質を持つノンジアミンカラーですが、使う前にはパッチテストを行っておくことが大事です。

ノンジアミンでも完全にかぶれない保証はないからで、パッチテストをして大丈夫なら、ひとまず安心して使えるでしょう。

黒い色に染められればいいのなら、通称おはぐろカラーと呼ばれる非酸化染毛剤タイプがおすすめです。

酸化剤を使っていないのが特徴で、髪の内側で鉄イオンと多価フェノールが反応することによって髪が黒く発色し、白髪を目立たなくすることができます。

明るい髪色にすることはできませんが、安全性が比較的高いのがメリットです。

ヘアマニキュアと、昨今大人気の徐々に染まっていくという特徴を持つカラートリートメントも、基本的にジアミンフリーです。

ただ、ジアミンフリーでもかぶれてしまう人はいるので、実際にやってみないことにはわからないというのが正直なところでしょう。

 

■ノンジアミンカラーでの注意すべき成分

ノンジアミンカラーはその名の通りジアミンは含んでいませんが、色をつけるには髪のキューティクルを開いて染料を内部に浸透させる必要があるため、アルカリ剤が配合されています。

さらに明るい色にするために必要なのがライトナーで、これは過酸化水素水が原料です。

ジアミンにはかぶれてしまってダメだったけれど、上記の2つの成分は大丈夫という人なら、ノンジアミンカラーで白髪を染めることが可能です。

いずれにしてもパッチテストを行い、大丈夫かどうか判断する必要がある以上、ノンジアミンカラーならできるとは言い切れないと考えておくことが大事です。

 

コメントは受け付けていません。