ノンジアミンカラーで黒髪を明るくする方法

Share on Facebook

■ノンジアミンでも髪色を明るくすることは可能

ノンジアミンカラーと呼ばれるカラー剤は、一般的にジアミンという染毛成分によって白髪を染めることが成り立っているヘアカラーから、染毛成分であるジアミンを取り除いたヘアカラーのことを言います。

ジアミンアレルギーの人が多いために生まれた新しいヘアカラーなのが最大の特徴ですが、登場した当初は、まだ色が少なく、希望する色が選べないという難点がありました。

また、濃い目の色合いに染めたい黒髪の人でも、頑張ってダークブラウンまでが限度という、濃い色に染めるにも不十分なところもあり、色の仕上がりにおいて中途半端な部分も少なからずあったのです。

それが、最近になってノンジアミンカラーが進化し、白髪を染めるには今一つだった染毛力が強くなり、しっかり染まるようになりました。

さらに新しい色が登場したことにより、明るい色のバリエーションが増えたこともあって、美容室での取り扱いも増えてきています。

今では新しい色の登場と染まりの良さという進化によって、ノンジアミンカラーで明るい髪色が楽しめます。

■ノンジアミンでおなじみと言えばヘアマニキュア

ノンジアミンカラーで白髪を染めるのに、もっとも多いのがヘアマニキュアです。

白髪を染めるには一番手軽で安心なヘアマニキュアですが、頭皮につくと落ちないため、頭皮につかないよう、根元1㎜には塗れません。

そのためどうしても根元の染まりが甘くなり、すぐに生え際の白髪が気になってくるというデメリットがあります。

■ヘアマニキュアの難点を改善したのがカラートリートメント

カラートリートメントは徐々に色を変えていくことができる上に、頭皮についても大丈夫なことから、家庭で良く使われるようになりました。

主に白髪を染める目的で使われますが、髪色を明るくすることもできるため、ちらほら出てきた白髪を染めるついでに、明るい髪色にイメージチェンジしたいという人に人気です。

■美容室が使っているノンジアミンカラーはちょっと特殊

上記のいずれもノンジアミンカラーなのですが、美容室ではさらに特殊なノンジアミンカラーを使っています。

通常、酸化染毛剤とはジアミンが入っているのが基本です。

しかし、美容室で使うノンジアミンカラーは、酸化染毛剤でありながらノンジアミンが配合されていないのです。

では、どのようにして髪色を明るくするかというと、ジアミン以外の酸化染料を使います。

これまではカラー剤にジアミンが含まれていましたが、美容室ではジアミンを含まないノンジアミンカラーを使用するため、黒髪を明るい色にしていくというものです。

■知識があるかを調べてからがおすすめ

こうしたノンカラージアミンの特徴を知らない美容師はまだまだ多いことから、しっかりとした知識を持っている美容師や、ノンカラージアミンで明るい髪色が作れる理由をはっきり説明できる美容師がいる美容室を選ぶのが、安心してノンジアミンカラーで髪色を変えることができますので、事前の下調べがおすすめです。

 

コメントは受け付けていません。