お手入れ簡単デジタルパーマ

Share on Facebook

巻き髪にしたいけど自分で上手くセットができない。
アイロンも思うように使えなくて、うまく巻髪が作れない方。

そういう方には、
<お手入れ簡単なデジタルパーマ>をお勧めします。

今までのパーマの様に、少ししっかり目にかけてブローで伸ばすという手間が全く必要ありません。

毛先にデジタルパーマをかけておくと、シャンプーした後、根元を乾かして、全体的に8割ほど乾いてきたら、ドライヤーをしながら髪をくるくると指に巻きつけていくようにして乾かしていくと、簡単に巻髪が作れます。

一度試された方は、毎日のお手入れがとても楽な事や、スタイルも気に入ってくださって、何度もリピートされています。

<普通のパーマとデジタルパーマとの違い>
パーマはコールドパーマと呼ばれ、通常、熱を使わず、薬剤で髪にウエーブやカールを作っていく方法です。
髪に水分を含んでいる方が、きれいなウエーブやカールがでます。

デジタルパーマは加熱ロットで熱を加えながらかけていくパーマで、
別名、形状記憶パーマと呼ばれています。
コールドパーマとは逆で、髪が濡れている時より、乾いた時に元の形に戻ろうとする力が働いて、きれいなウエーブがでます。

今までの普通のパーマだと無理だった、大きいカールやウェーブでもしっかりかかり、お手入れもとても簡単です。

ドライヤーで乾かしていくことで形状記憶のように、かけたカールやウェブがそのまま出てくるので、ご自分でも再現しやすいです。

毎日、長い時間をかけて、アイロンをしなくても、きれいなカールが作れるので、朝が忙しい方には特にオススメです。

何度もストレートしてる髪だと、
ダメージが進み、パーマがなかなか、かからないということもありましたが、デジタルパーマは、ちゃんとかかります。

機械の性能も初期の頃の機械よりも今は良くなっていて、かなり低い温度でかけれるようになり、細かな温度調節もできるようになっているので、ダメージもかなり軽減されるようになりました。

それでも、熱処理をしていくので、トリートメントと一緒に施術するのがベストだと思います。

1番のオススメは髪質改善とダメージ予防が一緒にできるプレミアムトリートメントです。

プレミアムトリートメントは熱が必要なトリートメントですので、アイロンを使うデジタルパーマやストレートパーマとの、相性がとてもよく、手触りとツヤ感が格段に向上します。
ダーメージがご心配な方には特にお勧めです。

コメントは受け付けていません。