頭皮への刺激と乾燥の主な原因とトラブルを知っていますか?

Share on Facebook

<頭皮への刺激と乾燥の主な原因を知っていますか?>

・気候

四季がある日本では季節により湿度が左右されます。
肌に最適な湿度は60%〜65%と言われていますが、秋や冬になるとこの数値を下回る日が多くなります。
ニュースや天気予報で乾燥注意報が出始めたら保湿の対策をスタートしましょう。

・エアコンや暖房器具

気温の低下に伴いエアコンなどの暖房器具を使い始めると室内の湿度も低下してしまいます。

また頭は暖房器具の風を直接受けやすくなっていて、よりいっそう頭皮は乾燥しやすくなっています。
暖房器具が直接当たる場所を避け、加湿器などで室内の湿度を上げるようにしましょう。

・間違ったヘアケア

間違ったやり方でシャンプーやオイルなどのケアを続けていると頭皮の乾燥の原因となります。

頭皮の潤いを保っている角質層のセラミドや毛穴から分泌される皮脂を必要以上に洗髪で落としてしまうと頭皮が水分を維持できなくなり乾燥を引き起こしてしまうんです。

シャワーの温度が熱すぎたりするのも頭皮にはよくありません。。

女性は20代を境に本来持っている保湿力が低下していくのを知っていますか?
年齢に従い頭皮の保湿方法を変えていく必要もあります。

・不規則な生活と食生活

就寝時間が短い、偏った栄養素ばかり摂取する食生活などは頭皮に限らず多くの肌トラブルの原因にもなります。

睡眠不足は肌の代謝を低下させてしまいます。ですのできちんと睡眠をとってターンオーバーを促しましょう。

栄養面では良質なタンパク質とビタミンBを摂取すると良いと言われています。

貧血を良くするために鉄分の摂取もお勧めです。

規則正しい生活リズムとバランスの良い食生活を心がけましょう。

その他にもヘアカラーやパーマなどによる刺激であったり、薬の副作用なども乾燥の原因となる場合もあります。

頭皮の乾燥と言っても様々な原因があるので改善できることから対策していくと良いでしょう。

<頭皮の乾燥が進むと様々なトラブルが起こる可能性が増えてきます。>

・フケ

乾燥が原因の乾性フケは、粉のようにパラパラとしています。

もともと乾燥肌であったりアトピー性皮膚炎の方がなりやすいです。

対処法としてはフケが気になるからといって頭皮を洗いすぎないこと!

乾燥肌敏感肌専用のヘアケア用品を使うなどが挙げられます。

シャンプー前に優しくブラッシングをし、浮気や余分な皮脂や角質を取ることも効果的です。

・かゆみ

乾燥に伴うかゆみには保湿を始めとする丁寧なヘアケアを心がける必要があります。

かゆいからといって引っ掻いてしまったり頭皮を傷つける事は避けましょう。

なるべく刺激の少ない乾燥肌敏感肌専用のヘアケア用品を使うことがオススメです。

その時に指の腹でやさしく頭皮をマッサージするように洗うと血行も促され頭皮を健康に保つのにも効果的です。

・湿疹

頭皮の湿疹の原因としては皮脂欠乏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などが挙げられます。

皮脂欠乏症皮膚炎は一般的に乾燥によって引き起こる湿疹で皮膚の乾燥が進んで乾皮症と言われる状態になり進行してしまうと炎症起こす場合があります。

<乾燥トラブルを防いでくれる頭皮にやさしいシャンプーの選び方!>

頭皮のトラブルの原因の1つとしてシャンプーの間違った仕方が挙げられます。

シャンプーは大きく石鹸で石油系アミノ酸系に分類されます。

その中でも石油系洗浄成分配合のシャンプーは洗浄力が高いので頭皮から皮脂を取り過ぎてしまうため避けたほうがいいでしょう。

乾燥を防ぎたいのであれば、皮脂が必要以上に失われない良質な酢酸系のシャンプー剤がオススメです。

コメントは受け付けていません。