気になりませんか?頭皮の毛穴の詰まり

Share on Facebook

こんなことはありませんか?

・頭皮を掻いたときに、爪に白っぽい塊がこびりつく
・頭皮に角栓が詰まってムズムズすることがある
・何度シャンプーをしても、毛穴に詰まった皮脂が取れない
・頭皮のにおいが気になる

頭皮の毛穴に角栓が詰まると、周囲に不潔な印象を与えてしまうだけでなく、頭皮環境が悪くなり、発毛・育毛に悪影響をおよぼしたり、様々な病気やトラブルの原因となる恐れがあります。

<毛穴に詰まる角栓って??>

角栓とは、毛穴から分泌される皮脂や角質が固まってできるもので、角栓様物質とも呼ばれます。
皮脂が分泌されたばかりのときはまだ柔らかいのですが、時間が経つにつれて粘性が高くなり、洗い流すのが難しくなっていきます。
最終的には固い角栓に変化します。

頭皮の毛穴に角栓が詰まりやすい人は、皮脂量が多く、髪の毛がべとつきやすい傾向があります。

角栓が毛穴に詰まると毛根を塞いでしまうため、毛根が圧迫され、髪の毛が育ちにくい環境になってしまいます。
角栓が薄毛の直接的な原因となるわけではありませんが、古い皮脂や角栓が毛穴に詰まっているという不潔な頭皮環境は、育毛や発毛に悪影響を与えます。

<角栓によって生じる可能性がある頭皮への悪影響とは>

毛穴に詰まる角栓を放置すると、様々な頭皮トラブルの原因になる可能性があります。

・頭皮が臭くなる

毛穴に角栓が溜まると、次第に酸化し、チーズのような発酵したにおいが強くなります。
時に、周囲の人に不快感を与えるほど強烈なにおいを発することもあります。

・頭皮が不潔になる

毛穴に角栓が溜まった状態が続くと、頭皮環境を著しく悪化させます。
古い皮脂や角質は皮膚常在菌(カビ)が異常繁殖してしまう原因ともなります。

・頭皮ニキビ・吹き出物・脂漏性皮膚炎の原因となる

皮膚常在菌は元々私たちの頭皮に存在するものですが、異常繁殖すると人体に害を及ぼすようになります。主な症状としては、以下のものがあります。

吹き出物・湿疹
頭皮ニキビ
脂性フケ
脂漏性皮膚炎
これらの症状は、一旦生じるとなかなか完治せず、小康状態と悪化を繰り返すことがあります。

・抜け毛が増える、薄毛になる

毛穴に溜まった角栓は、髪の毛の成長を阻害します。
圧迫された毛根の周辺が血行不良を起こすと、髪の毛に栄養が行き渡らなくなり、髪が細くなったり、抜けてしまうこともあります。

<毛穴に角栓が詰まらないようにするための対処法!!>

① 皮脂の分泌を抑える栄養素を摂取する
人の身体は食べたものによって作られていきますので、バランスの良い食生活を送ることが大切です。
動物性タンパク質・植物性タンパク質を摂取することで、頭皮や髪の原料となるアミノ酸をしっかりと吸収することができます。

・ビタミンB2・B6
脂質を抑える作用のある栄養素には、ビタミンB2・B6があります。不足すると、肌荒れや炎症を起こしやすくなったり、皮脂の分泌が増加しやすくなります。
ビタミン豊富な緑黄色野菜をたっぷりと食べるようにしましょう。

・ビタミンC

ビタミンCには、皮脂分泌を抑える作用のほか、美肌効果、抗酸化作用、抗炎症作用などがあります。
また、ビタミンCには亜鉛や鉄などのミネラルを吸収しやすくするという働きもあるため、頭皮や髪の健康に役立ちます。

・オメガ3脂肪酸

青魚に含まれるDHAやEPA、えごま油などに含まれるαリノレン酸は、オメガ3脂肪酸に分類されます。
オメガ3脂肪酸はヒトの体内で作ることができないため、食品から摂取する必要があります。

オメガ3脂肪酸には血液中の脂質濃度を下げる働きがあることから、中性脂肪やコレステロール値を下げたり、脂肪の代謝を良くするという効果が期待されています。

このほか、動脈硬化や高血圧の予防、ダイエット効果、うつ予防、認知症予防、美肌効果などが期待されています。

DHAやEPAは、イワシ、サバ、さんまなどの青魚などに多く含まれています。αリノレン酸は、亜麻仁油やえごま油に多く含まれています。

皮脂の分泌を増やす食品

皮脂の分泌を増やしやすい食品は以下の通りです。過剰摂取には注意しましょう。

揚げ物などの油分の多い食品
・カップ麺などの加工食品
・アルコール
・刺激の強い食べ物
・辛い食べ物
・脂質・糖分・炭水化物
簡単に調理できるカップ麺などの加工食品は、糖質や脂質が多く含まれており、栄養にも偏りがあります。頻繁に食べているという方は、カロリーの過剰摂取や野菜不足の可能性があり、食生活を見直す必要がありそうです。
揚げ物やスナック菓子なども食べ過ぎには注意しましょう。

② 規則正しい生活習慣

皮脂の分泌異常は、自律神経の乱れによって引き起こされている場合があります。自律神経を正常に保つためには、規則正しい生活習慣を送るのが大切です。

特に大切なのが、睡眠です。
早寝早起きをすることで、生活のリズムを取り戻し、自律神経を正常に保ちます。
また、質の良い睡眠を取ることでストレスを解消し、身体機能を正常化することができます。特に夜10時から深夜2時の間に最も成長ホルモンが分泌されるといわれています。
この時間帯には睡眠中であることが望ましいとされています。

③ 正しい髪の洗い方の実践

角栓が詰まる場合、髪の洗い方が不十分である可能性があります。
正しいシャンプーを実践してみましょう。

シャンプーの方法はコチラ

「正しい髪の毛の洗い方」

パーマリンク: http://www.tsukinoniwa.com/blog/archives/1353

毛穴の詰まりをとるならこちら

「ヘッドスパの目的や効果について」

パーマリンク: http://www.tsukinoniwa.com/blog/archives/1687

コメントは受け付けていません。