いろいろあるシャンプー選びのポイントとは?

Share on Facebook

よく、「シャンプーの選び方がわからない」、「色々あって、どのシャンプーが自分に合うのかがわからない」というお声を耳にします。

シャンプー選びのポイントは洗浄成分(界面活性剤)による種類分けです。そもそも、何のためにシャンプーをするのでしょうか?
シャンプーの役割りはシンプルで、髪と頭皮の汚れを、きれいに洗い落すことです。

髪についた皮脂や汚れ、ホコリを洗い流すために洗浄成分として必要なものが界面活性剤です。

<界面活性剤の役割り>
皮脂(油分)は水には溶けないので洗い流すことはできません。
皮脂(油分)を洗い流すためには、皮脂(油分)を水に溶かして混ざり合わさなくてはいけません。
界面活性剤はこの水と油を混ぜ合わす働きをもったものです。
わざわざシャンプーを使って髪と頭皮を洗うのは水では流れない油(皮脂)を洗い流すためなんですね。

今は、昔のアップの時代とは違って、毎日お風呂に入りマメにシャンプーをする時代になりました。
毎日の汚れを落とすだけなのに必要以上に洗浄力の強いシャンプー剤を使っているために、頭皮環境を悪化させる可能性がありますので、注意が必要です。

この界面活性剤が何からできているのかが重要で、洗浄力が強すぎるものだと髪や頭皮を傷めてしまう事になりますし、必要な油分まで洗い落としてしまうので、パサつく原因になってしまうことになります。

だとすれば、髪を元気に育てるためには、頭皮環境を考えたシャンプーを選ぶ必要があります。
その基準は、どんな洗浄成分(界面活性剤)なのか?ここに着目する事です。

<肌によくないものをどうやって見分けたらいい?>

界面活性剤の成分をすべて覚えておくのは大変ですからひとつの目安として、シャンプーを買う時は成分名をよく見て

「~硫酸」
「アルキル~」
「スルホン酸~」
などが、肌に刺激の強い界面活性剤の成分だと覚えておけば良いでしょう。

<合成界面活性剤がよくないとされる理由>

合成界面活性剤、特に高級アルコール系の界面活性剤がよくないといわれる理由のひとつが皮膚への刺激です。

洗浄力が高い分、皮膚への刺激は強くなってしまうのは事実。

ラウリル硫酸ナトリウムなどは脂質をしっかり落とすことは出来ますが、タンパク質変成作用もあり、髪を傷めてしまう可能性があるのです。
それなのになぜいつまでもシャンプーに使われているのでしょうか。それはコストが安くてすみ、いくらでも人工的に作り出すことが出来るからです。

そしてその安価なものを消費者が求めているからという理由もあります。メーカー側も消費者が求めていないものは作りません。

それぞれの成分が自分の体にとってどんな影響があるのかをしっかり見極めて、本当によくないものなら買わない、という選択肢があります。

消費者側も賢くなる必要があります。

うちのお店でお勧めしているシャンプーは大きく分けて3種類あります。
一般的な市販されているシャンプーとは大きく違います、
1つ目はアルマダという会社で作られているシャンプーなのですが、界面活性剤は、天然由来のアミノ酸系の成分で出来ています。
M3と言う海洋深層水でできた電子トリートメントのお水と混ぜて使うのですが保湿性が高く潤いがある髪へと改善してくれます。
M3が保湿性が高いので一対一で混ぜたシャンプー剤で洗った後流す前に5分ほど放置してもらう事でトリートメントがいりません。
水分量が多い果実なども配合されていてキューティクルも引き締めてくれますのでツルツルになります。

もう一つはバーデンスと言うシリーズでこちらは特許を持つ界面活性剤、3酢酸からできています。
アレルギーをお持ちの方や赤ちゃんでも使える位、安全性にはこだわったシャンプーです。
本当に低刺激のシャンプーなので肌の弱い方も安心してお使いいただけます。
トリートメントはコクがありしっかりと毛先まで潤いをキープしてくれます。
仕上がり感は軽くてサラッとします。
香りもアロマをベースにたくさん揃っていて楽しめます。

もう一つはオーガニックシャンプーです。
こちらも界面活性剤はアミノ酸系を使っておりトリートメントは植物由来成分99%でできています。業務用の大きいものを販売しておりますので、大容量でお値段的にはリーズナブルです。
普通オーガニックシャンプーは脱脂力の強すぎない良いものを使っているため洗浄力が弱く泡立ちがあまりよくない場合もありますが、このシャンプーは比較的泡立ちも良いのでとても使いやすいです。

シャンプー選びは本当に難しいです。たくさんある中から自分にピッタリのを探すのは非常に難しいものです。
どれを使っても大差ないと諦めるのは簡単ですが、本当に良いシャンプーに出会った時の感動を味わえば適当に選ぶという選択肢は無くなるはずです。

何度もいいますが、成分だけではシャンプーの良し悪しは分かりません。

いろいろな情報を総合的に判断して安全で自分にピッタリのシャンプーを選びましょう。

コメントは受け付けていません。