ヘアカラーで起こる「かぶれ」の原因と症状。その対応とは??

Share on Facebook

ヘアカラー剤が触れた場所に皮膚炎の症状が出てしまうことをヘアカラーかぶれやアレルギーといいます。

ヘアカラーで起こるかぶれについて軽く考えるのは危険です。

アナフィラキシーショックを起こして命に係わる事もありますので注意が必要です。

<皮膚炎の症状は様々です。>

例えば赤みが出たり水ぶくれ、かゆみ、ぶつぶつ、腫れる、などが代表的です。

発症の仕方は人によって様々です。

ヘアカラーによるかぶれは大きく2つに分けられます。

「刺激性接触皮膚炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」です。

<刺激生接触皮膚炎>

原因として皮膚に触れることで湿疹やかゆみが起きる。

触れた者の特性によって皮膚炎が起きてしまう。

アレルギーを持っている、持っていないにかかわらず誰でも発症する可能性がある。

<アレルギー性接触皮膚炎>

アレルゲン物質に皮膚が触れることで発症してしまう。

最初にアレルギー反応が起きなくても何度も触れることでアレルギー反応が起きる場合もある。

アレルゲン物質に触れさえしなければ症状は回復します。

触れてから数時間〜1日以内と時間をあけて症状が出る場合が多い。

<どんな症状なの?>

皮膚炎の症状は様々です。
例えば赤みが出たり水ぶくれ、かゆみ、ぶつぶつ、腫れる、などが代表的です。

発症の仕方は人によって様々です。
・頭皮
・まぶた
・頬
・首筋
・襟足
・おでこ
・耳周り耳後ろ    などに出ることが多い。

<なぜヘアカラーかぶれが起きるの?>

ヘアカラーには酸化剤やアルカリ剤、発色のための染料が入っています。

人によってはこれらが刺激物となってしまい皮膚に炎症をおこします。

刺激性接触皮膚炎は皮膚がもともと弱かったり皮膚バリア機能が低下している方がヘアカラーの刺激物に触れることで炎症が起きてしまいます。

ヘアカラーの場合は主に酸化剤がアルカリ剤。

刺激が強ければ強いほど症状も悪化してしまいます。

なので原因になっているものには触れさせないようにすることで比較的早く回復ができます。

アレルギー性接触皮膚炎はヘアカラー剤の中に入っているアレルゲン物質に対して免疫系が過剰に反応してしまって起こってしまいます。

ヘアカラーのアレルギーは主に酸化染料が原因です。

多く知られている代表的なものはジアミンです。

刺激性接触皮膚炎よりも重症化しやすくアレルギー反応が繰り返されると危険なので注意が必要です。

<かぶれやアレルギー症状が出てしまったときは?>

もしヘアカラーをしていて刺激を感じたら自己判断をせず医師の診療を受けましょう。

アレルギーの場合、判断を間違えると重大な事故につながる危険性もあるので侮れません。気をつけましょう。

セルフでカラーをした場合などは残っていればパッケージを持って行くといいですよ。

いちどかぶれてしまった場合、同じようにアレルギー反応が起きてしまうのでカラーを控えるか、ちがう方法でのヘアカラーを考えたほうがよいでしょう。

アレルギーのほとんどが酸化染料によるものなので酸化染料の入っていないヘアカラーなら染めることができます。代表的なのはマニキュアです。

マニキュアは刺激の原因になる酸化剤やアルカリ剤、酸化染料が使われていません。
なのでかぶれが出てしまった方はおすすめです。

ただ、マニキュアは皮膚についてしまうと皮膚自体が染まってしまうので頭皮から離して塗るのが普通です。

頭皮から離すことで皮膚刺激の可能性も少なくなります。

かぶれの原因となる酸化染料には髪の毛に色をしっかりと定着させることができ色持ちも抜群に良いと言うメリットがあります。

でも、合わなくてかぶれてしまう人も少なくはないのでかぶれてしまった場合は自分に合ったカラー剤を探しましょう。

コメントは受け付けていません。