寝る前には髪を乾かしたほうがいい理由

Share on Facebook

髪を乾かすのがついつい面倒で、濡れたまま寝てしまったり、

ドライヤーの熱でダメージを受けるから、自然乾燥の方が良いと思っていませんか?

シャンプーをした後、ドライヤーを使わずに乾かすことを自然乾燥と言います。

自然乾燥で、髪の毛を濡れたまま放置しておくと、髪や頭皮へのダメージが発生しやすくなります。

<髪の毛を濡れたままにしておくデメリット>

1. 雑菌が繁殖して頭皮のトラブルを引き起こす。

髪には常在菌が潜んでいるため、生乾きの状態では頭皮で雑菌が繁殖してしまい、ニオイや、かゆみの原因になります。それだけでなく頭皮に炎症などのトラブルを引き起こす事があります。

さらに、髪を濡らしたまま寝てしまうと、枕の湿度が高まるため、より雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

頭皮の状態が悪いと、健康な髪の毛を育成することも難しくなるので美しい髪を保つことが難しくなります。

2.髪が傷みやすくなる

髪はキューティクルによって保護されていますが、これによって髪の毛内部の水分の蒸発を防ぎ、ツヤを維持しています。

髪は濡れた状態ではキューティクルが開いてしまうので、保護効果が効かずに水分がどんどん抜けていって乾燥し、パサつきや艶のない髪になってしまいます。

 濡れてキューティクルが開いた状態は、他にも髪に良くないことが起こります。

 キューティクルが開いた状態で髪に摩擦などの力が加わると、キューティクルがめくれ上がったり、はがれたりして簡単に傷ついてしまいます。

ですから、お風呂上りにタオルでゴシゴシしたり、濡れたままのブラッシングなども、キューティクルがはがれてダメージの原因になってしまうんですね。

 キューティクルがめくれ、内部のタンパク質が流れ出てダメージホールと呼ばれる穴ができてしまうと、そこに水分が入り込みます。

髪は水分を含むと膨らんでいくのですが、傷みの程度が箇所によって異なるので、髪にうねりが生じ、広がってまとまりにくい髪になってしまうのです。

さらに、ダメージが蓄積すると、枝毛や切れ毛が頻発し最悪の状態になってしまうので注意が必要です。

3.寝癖がつきやすくなる

髪は、タンパク質の「水素結合」で、濡れている状態から乾く時に再結合されて髪の形状が決まります。

したがって、中途半端に濡れた状態で寝てしまうと、朝起きた時に変な寝癖がついてしまうというわけです。

4.薄毛の原因を誘発してしまう

髪が濡れたままだと、頭は冷えてしまい頭皮の血行が悪くなります。

発毛には、頭皮の血行が重要です。したがって、血行が悪くなると薄毛の原因になる可能性があります。

このように、濡れた髪はキューティクルがはがれやすくなっている状態です。

お風呂上りはすぐに髪を乾かすことを心がけてください。

特に、乾かさずに寝るのは絶対やめてくださいね。

コメントは受け付けていません。