薄毛や白髪に有効なマッサージシャンプーの方法とは?

Share on Facebook

皆さんいつも、どんなシャンプーの仕方をしていますか?

爪を立てたり、力任せにゴシゴシ洗ってませんか?

髪は正常なヘアサイクルであれば、抜けた後に必ず新しい毛が生えてきています。

それをゴシゴシ洗う事で、知らず知らずにせっかく生えてきた新しい毛を

引き抜いてしまっているかもしれません。

それを引き抜かないで、育てる気待ちで優しくシャンプーをしていく事が大切です。

 

<マッサージシャンプーのポイント>

シャンプーは2回に分けて行います。

最初のシャンプーは毛穴から分泌される皮脂を取り除くことが目的になります。

2回目は頭皮のマッサージを主としたものになります。

1回目

①シャンプーの量は500円玉の大きさを手のひらで充分なじませた後、髪全体につけて泡立てていきます。

②指の腹で髪全体を優しく揉み洗いし、皮脂を落とす。目安は1 分〜2分です。

2回目

続いてはマッサージを目的ととしたシャンプーです。

シャンプーを泡立ててからまずは横と後ろ洗います。横から洗う理由は血液の循環を良くする為に横、後ろ、頂点と、心臓に近い部分から筋肉をほぐしながら洗うことで効果的に頭のてっぺんの末端にまで血液が循環されるようになります。

具体的なシャンプー方法としてとても分かりやすいので、『元気の時間』で放送されていた板羽忠徳先生の髪様シャンプーをご紹介します。

<髪様シャンプーの薄毛タイプ別シャンプー法>

ここから薄毛のタイプ別でシャンプーが変わります。「ハゲの形」の画像検索結果

<M字型タイプのシャンプー法>

前頭部が気になるM字型の人は?

①カニの組み手:それぞれの親指と人差し指を重ねてカニのような形をつくります。

スクリーンショット 2017-08-17 20.51.27

②M字の部分に親指と人差し指をあてて、中心に寄せるように頭皮を動かします。ゆっくり繰り返しながらつむじまで行いましょう。前髪の生え際からつむじまで頭皮を寄せる離すを繰り返していきます。

スクリーンショット 2017-08-17 20.51.45

こすったり滑らせると髪が抜けてしまうので、頭皮のみを動かす事で毛も抜けにくく血流もアップします。

③イカの組み手:両手の指3本でイカのような形をつくります。

スクリーンショット 2017-08-17 20.52.21

④前髪のM字部分に3本指を当て、円を描くように「内回し・外回しを5回づつ」4セット行います。

スクリーンショット 2017-08-17 20.52.45

前髪の生え際は特に髪が薄いので、指を滑らせないように頭皮だけを動かしましょう。

<O字型タイプのシャンプー法>

頭頂部が気になるO字型の人のシャンプー法は?

①エイの組み手:両手を組み親指を上げ、エイのような形をつくります。

スクリーンショット 2017-08-17 20.53.31

②手の土手部分で頭頂部の頭皮をはさみ、上に持ち上げるようにマッサージを20回行います。

スクリーンショット 2017-08-17 20.53.50

ぴったり指を押しつけたままで頭皮だけを動かしていきます。

これでシャンプーのやり方は以上です。

 

<髪のすすぎ方>

もちろん髪のすすぎ方にもちゃんとしたやり方があります。

ゴシゴシとこするのはNGです。こうすることで新生毛が抜けてしまうからです。

スクリーンショット 2017-08-17 20.55.05

①指の腹を使って頭皮を動かしながらすすぎましょう。

スクリーンショット 2017-08-17 20.55.27

②シャワーヘッドを動かし、シャワーの水を頭皮に叩きつけるようにマッサージします。

スクリーンショット 2017-08-17 20.55.47

すすぎの目安時間は2分です。シャンプーのすすぎ残しのないようにしましょう。

<髪の乾かし方>

こちらもゴシゴシとタオルで拭くのはNGです。これも新生毛が抜けてしまうからです。

スクリーンショット 2017-08-17 20.56.11

タオルを頭に乗せて頭皮を揉みこむ・指で叩くように行いましょう。

スクリーンショット 2017-08-17 20.56.31

シャンプー前はカチカチに凝り固まった頭皮が、シャンプー後はとてもやわらかくなります。このように、血流を意識したシャンプーを心がけるだけで、頭を洗っただけでも体全身がポカポカして血流が良くなったことを実感すると思います。

ぜひ毎日、血流を意識した丁寧なシャンプーを心がけてみてください。

コメントは受け付けていません。