白髪を染めたいがどんな種類があるか教えてほしい

Share on Facebook

白髪を染める方法は色々あります。
ヘアカラー
マニキュア
イロハカラー
漢方カラー
etc
白髪染めとは単純に白髪を黒や茶など自然な色に染めるだけではなく、髪の毛に潤いを与えたりボリュームを出させる効果もあり、髪の毛に優しい成分の白髪染めもあるので自分の髪の髪質にあったものをされるといいと思います。
<ヘアカラー>
白髪を染める最も主流なもので、髪の毛の組織であるメラニン色素を分解して、カラーの染料を髪の内側まで浸透させて、定着させることで白髪を染める方法になります。
ヘアカラーは髪の内部にまでしっかりと色が入るので劇的に髪色が変わりますし、白髪染めの中でも一番長持ちします。
美容院などで染めてもらう場合は基本的にこのヘアカラーですし、このヘアカラーは髪の毛や頭皮に対しての負担が大きく、継続的に染めると髪にパサつきが出てきたり、きしんだり、髪が傷んでしまうことが多いのです。
またお肌の弱い方は炎症を起こしたり、アレルギー反応が出てしまうこともありますので、使う前のパッチテストは欠かせません。
<ヘアマニキュア>
ヘアカラーによる髪へのダメージや頭皮への刺激、あるいはアレルギーでヘアカラーは使えないという人に今人気の白髪染めのタイプです。
特徴はというと、ヘアカラーは髪の色そのものを変えるのに対し、ヘアマニキュアは髪の表面だけを染める方法になります。
髪の色の元となるメラニンを分解しないので負担も少ないですし、髪の毛が傷みにくく、ツルツルとした質感に仕上がることが特徴です。
ただし、髪表面に色をコーティングしているだけなのであまり長持ちはしません。色落ちも早いです。色の染まりよりもダメージが少ないほうが大事という人にとってはこヘアマニキュアで白髪を染めるほうをおすすめしたいです。
<イロハカラー>
香草カラー色葉は独特な色合いと天然素材によるトリートメント効果で、カラーする度に髪が美しくなります。
ヘアカラーリング剤としては独特なパウダー形状で、しっかり染まって、ハリ・コシだけでなく艶が蘇りボリュームアップします。
 香草カラー色葉は酸化染料不使用・ジアミンアレルギーの方にも使用でき、自然由来の植物成分 97.4% で髪と頭皮をいたわり、しっかり染めるカラーです。
<漢方カラー>
おしゃれ染め、白髪染の両方可能で、
天然素材で、髪に優しく、ハリコシ艶が蘇ったような自然で健康的な髪の質感になりますよ。
自分にあったカラー剤が、よくわからないときは、いつでもご相談くださいね。

コメントは受け付けていません。