髪のつやを出す方法

Share on Facebook

髪に艶がないと、なんとなく疲れてみえてしまいますね。
髪のつやを出す方法には体の内側、そして外側からの対策が必要になってきますが、
髪のつやがなくなってしまう原因によってはアプローチが違ってきます。
亜鉛やビオチンなどの栄養素が不足していると髪や爪につやがなくなることがありますので、
食生活を見直すことも大切です。
ダメージでキューティクルが剥がれているということもあります。
キューティクルとは、簡単に言うと髪の毛をコーティングしているものです。
キューティクルが剥がれた髪の毛は、切れ毛や枝毛が増えるなど、いわゆる『傷んでいる』状態になります。
これでは髪の毛につやは出ませんよね。
髪の毛が傷む原因には色々あるのですが、カラーやパーマ、アイロンやコテの使用、
紫外線などによるダメージなどが考えられます。
髪のつやがなくなる原因には『加齢』もあります。
歳を取ると血流が悪くなり、頭皮がゆがんでいきます。毛穴もゆがむのでうねった髪の毛が生えてきますし、
血流が悪いと髪に栄養が届きにくくなります。
髪の毛をいたわってあげることが大切です。
最近では洗い流さないトリートメントも様々な種類があり、スタイリング剤の代わりになるものもありますので
おうちでも少しヘアケアを意識してお手入れされるとかなり改善されますよ。

コメントは受け付けていません。