薄毛や白髪の原因とは? 髪に関する様々な噂は本当なの? その真実とは?

Share on Facebook

髪の毛は女性にとっても、男性にとっても見た目を左右する大切なものです。

巷では薄毛や白髪に関する様々な噂がありますが、
ここでは、薄毛や白髪の原因と照らし合わせながら噂のウソ?ホント?を確認していきたいと思います。

<よくある噂>

その1 わかめを食べると髪の量が増える?

ワカメやひじきだけをたくさん食べたからといって髪の毛は生えません。

髪のためには栄養バランスのとれた食事が必要です。良質なタンパク質を食事から摂取するのはもちろん重要ですが、その他に青魚や卵、緑黄色野菜や海藻なども健康な髪の毛の形成には必要不可欠です。

野菜が少なく肉中心の偏った食事や、脂質や糖質多いインスタント食品の過剰摂取を続けていれば、当然いつか病気になりますし抜け毛にも繋がります。

髪のためにも健康のためにも栄養バランスのとれた食事というのは必要なことです。

その2 薄毛の人は性欲が強い?

みんなに当てはまらないからウソ。

薄毛になる要因は毛根にあるレセプターと言う物質が関係していると言われています。
レセプターが男性ホルモンと酵素によってできるDHTという物質と結合する事により、
髪の毛の成長を止める事になり、それが原因だと言われています。
男性ホルモンだけが影響しているわけではありません。

その3  白髪を抜くと白髪が増える?

白髪を抜いても白髪は増えません。

白髪でもずっと抜いていると生えてこなくなる可能性もあるので、抜かないほうがいいです。

無理に白髪を抜くと、毛穴周辺の皮膚や毛細血管に傷がつき、毛嚢炎など、頭皮の炎症を起こす場合があります。

また、毛母細胞が繰り返しダメージを受けると、髪の毛そのものが生えてこなくなってしまうこともありますので、注意が必要です。

白髪を見つけたら、抜くのではなく、根元からカットするか、白髪染めなどで対応するようにしましょう。

 

その4  薄毛も白髪も遺伝なの?

本当です

髪に関する遺伝子は母親から受け継がれると言われており、
母親の親戚に薄毛の人がいると、薄毛に関する遺伝子は母親から受け継がれ、
その人自身も薄くなる可能性が高くなります。

巷の噂の真実がはっきりしたところで、次は気になる薄毛の原因についてです。

<薄毛と呼ばれる頭皮の状態はどのようになっているのでしょうか?>

薄毛になっている頭皮ををマイクロスコープでチェックすると髪の状態は、

正常な髪に比べ太さがバラバラ。毛穴から出ている本数も明らかに違います。「マイクロスコープ 頭皮画像 フリー」の画像検索結果「マイクロスコープ 頭皮画像 フリー」の画像検索結果

正常                薄毛

<シャンプー時の抜け毛は何本が正常?>
人によって毛の抜ける量は違いますが、
髪の毛は1日100本ぐらい抜けるのは、正常範囲と言われています。
また新しい毛が生えてきていますので、
あまり抜け毛の数にこだわる必要はありません。

気を付けて見るべき所は、自分の髪の毛の長さより明らかに短くて、
見た目に細い抜け毛が多い場合です。
この事は長く成長できない毛が増えてきているということを意味しますから、
これから成長する予定の毛が抜けてしまってないと言う状態です。

<なぜ髪が細くなり抜けてしまうのか?>
髪の寿命は大体6年ぐらいです。太く長くしっかり育つ成長期の期間がどんどん短くなってしまう事で、成長しきれず、髪自体が細く短くなってしまいます。

髪の毛には伸びて太くなる成長期が2年〜6年
その成長が止まる退行期が3週間
新たな毛に押されて自然に抜ける休止期が3〜4ヶ月と
髪が生えてから抜けるまでの一連のサイクルがあります。

しかしこのサイクルが先ほど説明したレセプターや生活習慣が崩れると、男性型脱毛性(AGA)薄毛になってしまうのです。

白髪になってしまう原因は?>

毛乳頭の部分には髪を染めるメラノサイトと言う細胞があり、
そこからメラニン顆粒を放出する事によって髪の毛を黒くしていきます。
もともと髪の毛は毛乳頭と言う部分から白い状態で生えてきます。
メラノサイトから放出されるメラニンにより黒く染められられながら髪は伸びていきます。
ところがメラノサイトの働きが何らかの理由で失われるとメラニンも生成されなくなり 白いまま伸びてゆき、白髪になってしまいます。

今回は髪に関する噂の真実。そして白髪や薄毛の原因についてお伝えしました。

ヘアケアに関するご相談もLINE@でお気軽にご連絡ください。

 

 

コメントは受け付けていません。