敏感肌の方必見!敏感肌でもできる!?肌に優しいヘアカラー!

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

「ヘアカラーしたいけど敏感肌だから。」

「敏感肌だけど美容院行くのは値段が高いし時間もかかるからちょっと。」

なんてお悩みの方は多いのではないでしょうか?

敏感肌の多くの方はヘアカラーをした際に、頭皮への痛みやかぶれ、ひどければ炎症などを感じたことがあると思います。

その理由はほとんどのヘアカラー剤にはジアミンという強い毒素を持った化学成分が含まれているため、頭皮や髪が傷んでしまいます。

そのため今回は髪を傷めずに染める方法をご紹介します。

◆ヘアカラートリートメント

敏感肌の方に一番おすすめなのはヘアカラートリートメントです。

ヘアカラートリートメントは肌に優しいものが多いです。

中には素手で使えるほど優しいものもあります。

そのため頭皮がヒリヒリすることも少ないです。

また、これはヘアカラー剤ではなくヘアトリートメントであるため、ダメージが少ないのはもちろんですが、染めるのと同時に髪の毛のダメージケアまで効果が期待できます。

ジアミンなどの化学成分の代わりに天然染料を使用しているためこういった効果が期待できるようです。

しかし、ヘアカラーではなく、トリートメントであるため髪を染める効果は強くないため、ものによっては1度ではしっかりと染まらないものもあります。

そのため期間をあけ、何度かに分けて染める必要があります。

ですが、考え方によっては徐々に色の変化を楽しめるという意見もあるそうです。

◆ヘナカラー

もう1つはヘナカラーです。

ヘナカラーとはヘナの葉を乾燥させたものを染料として髪を染める方法です。

ヘナカラーはインドでよく行われていたそうなのですが、最近では日本でも有名になってきたものです。

もちろん天然由来のため髪や肌に優しいです。

また、ヘナにはヘアトリートメントに似た効果があり、傷んだ髪のダメージケアをしてくれます。

デメリットとしては、ヘナ自体がオレンジ色の色素のためオレンジ色に染まってしまうことです。

そのため、インディゴというヘナと非常によく似た植物を配合する必要があります。

そのインディゴは藍色の色素を持つため、ヘナと配合することでブラウン系のカラーにすることができます。

◆まとめ

いかがでしたか?

敏感肌の方にとってヘアカラーはしたくても、勇気のいることだと思います。

しかし、最近では肌に優しいものが増えてきているため諦める必要はありません。

今回ご紹介したものも肌に優しいものなので、気になった方はぜひ試してみてください!

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。