女性必見!これからは洗い流さないトリートメント!正しい使い方は?

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

「美容院でトリートメントしたみたいに、家でもサラサラになったらいいのに。」

「毎日家でトリートメントしてるのになんで効果が感じられないの?」

なんて思っている女性は多いのではないでしょうか?

女は髪が命という言葉があるほど女性にとっては大切なものですよね。

そして、毎日時間をかけて手入れしている女性も多いと思います。

しかし、毎日の手入れの効果を実感できている方は意外と少ない気がします。

そのため、今回は最近少し有名になってきた洗い流さないトリートメントをご紹介したいと思います。

◆普通のトリートメントと何が違うの?

普通のトリートメントと洗い流さないトリートメントは目的の効果が少し違います。

普通のトリートメントがインバストリートメントというのに対し、洗い流さないトリートメントはアウトバストリートメントと言います。

その名の通り使うタイミングもお風呂に入っている時かお風呂から上がってからかで違います。

その理由も目的の効果が違うためです。

普通のトリートメントはシャンプー直後のキューティクルが開いている髪に塗り、内部から栄養を届け、ダメージケアを行います。

それに対し、洗い流さないトリートメントはタオルドライ後のキューティクルの閉じた髪に塗り、髪1本1本をコーティングすることで、ドライヤーの熱や紫外線から髪を守ってくれます。

つまり、髪のダメージケアを目的とするか髪の保護を目的とするかの違いがあります。

◆洗い流さないトリートメントの正しい使い方は?

トリートメントは正しく使わないと効果は実感できないため正しく使いましょう。

そのためにはタオルドライからしっかり行う必要があります。

まずは、バスタオルで普通に身体と髪を拭きます。

その後小さめのタオルを用意し髪の毛を包み込みながら軽くたたくように水分を取りましょう。

タオルドライの際にキューティクルが落ちてしまうため、ゴシゴシしないように気をつけましょう。

まず手のひらで伸ばし、髪の真ん中あたりから毛先に向かって優しくつけましょう。

その際手ぐしのようにつけると上手につけることができます。

その後、毛先の痛みが気になる方は毛先に揉み込むようにつけましょう。

そしてドライヤーでしっかりと乾かして終了です。

◆まとめ

いかがでしたか?

洗い流さないトリートメントは非常に便利なものになっています。

しかし、きちんと正しい使い方で行わなければ効果は感じられないため、タオルドライなどの作業を面倒くさがらずにきちんと行いましょう。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。