女性必見!髪を傷めずに染めれる?漢方カラーとは?そのメリットは?

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

「髪を傷めずに染めれたらいいのに。」

「髪が傷むからカラーはしない。」

なんていう女性は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、せっかく綺麗に手入れして、綺麗に整えてもカラーしたことで艶のない髪になってしまっては今までの苦労が水の泡になってしまいます。

そうならないためにカラーしたい気持ちを抑えている方もいるそうです。

そんな方のために今回ご紹介したいのは「漢方カラー」です。

◆漢方カラーって何?

漢方カラーを聞いたことない方や聞いたことはあるけどあまり知らない方が多いと思います。

一般的なカラーリング剤は原材料に化学成分がメインに使われているのに対し、漢方カラーは原材料に天然成分や天然由来成分を多く使用することで化学成分の使用を少なくしているカラーリング剤になります。

漢方カラーにはマイルドカラーとリメイクカラーの2種類あります。

マイルドカラーは暗めのカラーの時に使用され、漢方を主成分とした、天然トリートメントをベースに作られており、髪へのダメージが少ないのが特徴です。

リメイクカラーは明るめのカラーに使用されるカラー剤です。

しかし、一般的なカラー剤とは違い、漢方が配合されていることで、髪を保護しダメージを抑えながらカラーリングすることができます。

◆漢方カラーのメリットは?

漢方カラーの最大のメリットは一般的なカラー剤よりダメージが少ないことでしょう。

そのため、今まで髪の傷みが気になってカラーできなかった方や色々なカラーにしたいけど傷みのせいでカラーが入らなかった人も傷みを最小限に抑えながらカラーすることができます。

また、漢方のトリートメント効果も期待でき、薄毛や髪の細さが気になる方も使っていただけます。

カラーの仕上がりは自然由来の配合物のおかげか、自然な雰囲気な仕上がりになります。

そのためどのスタイリングに合わせても違和感なく馴染みます。

◆デメリットは?

漢方カラーのデメリットはやはり一般的なカラーより価格が高いことでしょう。

配合物が自然由来のためコストが高くなってしまうそうです。

また、明るいカラーが入りにくいデメリットもあります。

その他にも明るく染めるには化学成分を増やすため、ダメージケアの効果が弱くなってしまうというデメリットもあります。

◆まとめ

いかがでしたか?

漢方カラーにもデメリットはありますが、それ以上に大きなメリットがあることも確かです。

特に髪のダメージに悩んでいた方にとっては素晴らしい商品だと思います。

漢方カラーはあくまでも薬品のため完全にダメージがなくなるわけではありませんが、ぜひ1度試してみてください!

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。