トリートメントの真実

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロンあとりえ月の庭です。

トリートメントといえば、髪の毛を補修するもの、トリートメントさえ使えば、髪の毛はツヤツヤでハリがある状態になる、と思っていませんか。

そして、「トリートメントなんて全部一緒で、市販品で十分でしょ」と思ってしまっていませんか。

今回は、そんなトリートメントに関する、皆さんがあまり知らないような真実をご紹介したいと思います。

1、トリートメントの効果は髪の保護「だけ」

まず、トリートメントに髪の毛の補修の効果はありません。

トリートメントの効果は髪の保護だけです。髪を修復するのではなく、守るだけです。

というのも、髪は生きた細胞ではないため、修復できないからです。だから、ダメージしたらそれまでで、元に戻ることはありません。

トリートメントをした後に髪の毛にツヤが出てサラサラしたように感じるのは、髪の表面のキューティクルが形成されただけであり、髪の毛自体が美しく再生されたわけではありません。

そのため、トリートメントの効果は髪の毛の保護だけなのです。

2、市販品とサロン専売品は雲泥の差

市販品とサロン専売品のトリートメントでは、別にたいした違いはないと思っていませんか?

それは、大間違いです。

これらの質には大きな差があります。

まず、市販品自体が髪の毛をキレイにするという目的で作られていないからです。

また、800円くらいの市販品が3000円のトリートメントと同じ効果な訳がないのです。

トリートメントの世界でも、「価格=質」。この方程式は間違いありません。

高いものほど、質が高いのは間違いないのです。

それでも、安い市販品で良いトリートメントはないか、という質問はよく聞きます。

これに対しては、はっきりと「ありません」と答えることができます。

何故、それほどまでに市販品を使うことをオススメしないのかというと、いつまでたっても髪がキレイにならないどころか、髪に負担がかかり余計にいろいろなケアを必要とする可能性までもがあるからです。

安いので良いやと思い、市販品を使っていると余計に時間やお金を無駄に使ってしまうかもしれません。

3、トリートメントが必要とされるのはなぜか

トリートメントでは、髪の毛の修復ができないと言いました。

では、それでもトリートメントが必要とされるのはなぜでしょうか?

髪は毎日、紫外線や乾燥などの過酷な環境に置かれているのです。

そのために、何もせずにほっておくと髪の毛はどんどん痛んでいきます。

そこで、トリートメントを使用することで、髪がダメージを受けるのを防いだり、静電気を抑えたり、絡みをなくして髪の毛のコンディションをよくする必要があるのです。

つまり、髪の毛が痛んでしまうのを防ぐためにトリートメントはかなり重要だと言えるでしょう。

どうでしたか。以上が、あまり知られていないトリートメントの事実でした。

これを読んで、トリートメントに対する考え方が少し変わったのではないでしょうか。

ぜひ、美容室で自分にあったサロン専売のトリートメントを使用して、髪の毛をしっかりと保護するようにしてくださいね。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。