デリケート肌に合うカラー剤選び

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

デリケート肌の人は肌に直接つくような化粧品やヘアケア用品を選ぶ時にはダメージの小さいものをしっかりと見極めなければなりません。

肌に合うものが見つかれば、ヘアカラーも安心して行うことができますので、自分に合う商品探しを行っておしゃれを楽しみたいものです。

デリケート肌の場合、ヘアカラーの種類によっては頭皮がかぶれて赤みが現れたり湿疹ができてしまうこともあります。

痒みや痛みが出ると常に頭皮が気になって落ち着かなくなりますので、そうなればヘアカラーを楽しむことができません。

一度そのような思いをした人はヘアカラーをすること自体を諦めてしまうことも多いのですが、デリケート肌でも使える商品はたくさんありますので選び方が大事です。

選ぶ時に注意したい成分として、パラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンなどのジアミン系薬剤を覚えておかなければなりません。

ジアミンは化学物質であり、髪の毛を色々な色に染めることができるのですが、強い毒性を持つ成分ですので肌の弱い人には向きません。

一般的な肌質であってもその時々のコンディションによっては異変が現れることもありますので、肌の弱い人には非常にリスクの高い成分だといえます。

ジアミン系薬剤は一度異変が現れるとその後は二度と使えなくなります。

自宅でヘアカラーをする時だけでなく、美容院で施術を受ける場合にも使用されているものですので注意しなければなりません。

安心して利用できるカラー剤としては、最近ではヘナカラーが有名です。

ヘナカラーはミソハギ科の植物の粉末で髪を染めていくタイプのものであり、天然由来の成分が使われていますので肌に優しいといえます。

頭皮をいたわりながらヘアカラーを行えるだけでなく、傷んだ髪の毛を修復することもできますので、長く続けていくと段々と髪の毛も元気になっていきます。

また、デリケート肌にはカラー剤でなくヘアカラートリートメントを使うという方法もあります。

髪の毛のダメージを修復する効果に優れているタイプですが、ヘアカラーとしてもある程度は満足のいく効果を得ることができます。

肌に優しい低刺激にものがほとんどですので、皮膚のコンディションが低下している時にも利用できるのが嬉しいところです。

一度にしっかりと染められるタイプではありませんが、使っていくうちに徐々に自然な色になっていきますので、変化をゆっくりと感じられるタイプとなっています。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。