冬にはかかせない!「ハンドクリーム」

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

冬になると乾燥がひどくなってきますので、しっかりとケアをしていくようにしなくてはなりません。

顔に関しては気にしやすい部分ではありますが、忘れてはいけないのが手などのケアです。

手は思っている以上に人から見られる部分ですので、乾燥でしわしわになったり、ひび割れているような状態では、見た目がよくありません。

乾燥は見た目だけの問題ではなくひどくなればひび割れてしまい、出血をしてしまうようなこともありますので、そうなる前にケアをしていくようにしましょう。

使用するのであればハンドクリームを使用して、ケアをしていく事です。

ハンドクリームは塗るだけで効果が期待できるものではありますが、最大限に効果を得るためには、塗り方に注意しなくてはなりません。

水仕事をした後に塗って保湿をしたいと考えるものですが、水仕事の後に塗るのであれば、手が冷えたままの状態ではいけないのです。

冷えた状態の肌にいくらハンドクリームをつけたとしても、肌には浸透しにくいですので、あまり効果が期待できなくなります。

ハンドクリームをこまめに塗っているのに、乾燥が治らないと感じている人は、手が冷たいのが原因になっている可能性があります。

しっかりと浸透させるためには、手を温めておくだけではなく、ハンドクリーム自体も温めるようにしておきましょう。

手の平に取った時に、体温でしっかりと温めてから塗るようにしておけば、浸透しやすくなりますので、面倒でもこのひと手間をかけておかなくてはなりません。

ぬる量に関しても、べたつくのが嫌でうっすらとしか塗っていないのであれば、あまり意味がありません。

500円玉くらいの量は使用するようにしておくほうがいいですので、たっぷりとつけることです。

しかしたくさんぬればべたつきが気になるというのであれば、付け心地がサラサラのタイプを選ぶようにしておくといいでしょう。

サラサラのタイプであればそこまでべたつきが気にならずに済みますので、たっぷりとつけることが出来ます。

そして、自分の好きな匂いのものを選ぶようにしておけば、リラックス効果も得ることが出来るでしょう。

いくらいいものであっても好きな匂いでなければ、その匂いで一日中ストレスを受けながら過ごすことになりますので、好みの匂いを探してつけるようにしなくてはなりません。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。