秋・冬シーズンの美白ケアとは?

Share on Facebook

秋は紫外線ダメージを受けたお肌のリカバリーケアをする時期です。

夏だけ紫外線ケアをすればいいという訳ではありません。

ましてや美白はスキンケアとセットでやってほしいものです。

というのも夏の紫外線のダメージは後から遅れてやって来るからです。

夏の間お肌の奥に居座ったメラニンは強くしがみついているのでとても頑固です。

すぐにリセットできないため、シミや秋ぐすみの原因となってしまいます。

くたびれ果てた秋のお肌は乾燥してもうクタクタになっています。

秋口から初冬にかけて段々寒くなるにつれ乾燥も厳しさを増すというものです。

季節の変わり目は天候や気温が不安定ですから、自律神経が乱れて当然お肌のターンオーバーも不調になりがちです。

夏のダメージをターンオーバーできないままでいると、色ムラのようなシミが出来たりお肌全体がくすんで顔色がワントーン暗くなったような印象になります。

また、UV対策を早めにやめてしまう人が続出することも残念なことです。

紫外線ケアはオールシーズンやってもやり過ぎるということはありません。

冬にせっせと美白に励んでも、肝心な日焼け止めを塗り忘れていませんか、ということです。
初秋の紫外線はまだまだ強く真夏を過ぎたからと言って油断できません。

シミ・シワ・たるみなどの光老化によってダメージを受ける確率はとても高いのです。

UVA(紫外線A波)は冬でも夏場の半分くらい照射量をもっています。

年間を通しての対策が必要となるのはそのためです。

紫外線にはA波とB波がありそれぞれダメージ効果が違いますから、両方なくなることはないということだけでも覚えておきましょう。

紫外線A波は長波長紫外線のことで波長が長く真皮まで届き、肌を黒くしてシワやたるみの原因となります。

また紫外線B波は波長が短く肌が赤くなる日焼けで、火傷状態の炎症を起こします。
そしてシミやそばかすの原因にもなります。

空気が冷たくなる秋と冬は保湿を十分にしてなおかつ日焼け止めを塗って紫外線ケアも忘れてはいけません。

こすり過ぎの洗顔はNGですし、シミが目立ってきたからといってすぐにピーリングに走るのは危険です。

お肌のターンオーバーを頑張って回復させながら、保湿がうまく機能しているか確かめてあげましょう。

冷え性の人は体の芯から温めて代謝を良くして身体全体のめぐりをスムースにすることをおすすめします。

丁寧なスキンケアを土台にして初めて、紫外線ケアと美白がタッグを組めるということを忘れてはいけません。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。