ヘアーカラーが色落ちしてしまうNG行動

Share on Facebook

せっかく入れたヘアーカラーが色落ちしてしてしまって髪の色が思っていた以上に明るくなるなんて経験はありませんか。

日本人の髪質は赤色のメラニン色素が多く、髪の色を抜くと正反対の色のアッシュ系の色が残りやすいためヘアカラーを行っても色が染まりにくいという傾向がありますがヘアカラーには実は色落ちを誘発してしまうNG行動があります。

せっかく入れたヘアカラーを長持ちさせたいと思った時にはこのNG行動をとらないようにするのが大切です。

ヘアーカラーが色落ちしてしまう原因の一つにはシャンプーがあげられます。

ヘアーカラーは熱に弱いため熱いお湯でシャンプーを行ってしまうと髪が傷んでしまい色落ちの原因になってしまいます。

市販のシャンプーはワックスなどのスタイリング剤もきちんと落とせるように洗浄力が高くなっているものもありますのでシャンプーのしすぎには注意が必要です。

ヘアカラーを入れた時には酸性か弱酸性のシャンプーを利用するとよいでしょう。

ヘアカラーは熱に弱いのでドライヤーの温風にも弱いことになります。

生乾きにしてしまうとキューティクルが傷付きやすくなることからしっかりと乾かす必要性はありますが、やり過ぎてしまうと髪の水分がなくなり乾燥してしまうことで保水力がなくなってしまうので8割ほどの適度に行うことが大切です。

ドライヤーは髪に近づけすぎず10cmほど距離を離し、根元から乾かすと早く乾きます。

ドライヤーをかける前に専用のトリートメントを付けると熱による髪へのダメージを少なくすることができるのでおすすめです。

スポーツ観戦など屋外でのイベントの後に髪の色が明るくなるなと思った場合には紫外線が色落ちの原因のひとつとして考えられます。

髪はお肌と同じ成分でできているため肌と同じように紫外線によるダメージを受けます。

髪の主成分であるタンパク質は紫外線のダメージを受けると保水性が失われると言う性質をもっているので髪質がゴワゴワとしてしまう原因にもなってしまいます。

また、紫外線は髪の中に定着した染料を分解してしまうこともあるので帽子をかぶるなどして対策をとる事が大切です。

肌同様に髪や頭皮のUVケアや保湿を行い、熱ダメージに気を付ければヘアカラーを長く楽しむことができます。

ヘアカラーを入れた時には是非試してみて下さい。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。