おでこが広いと悩んでいるあなたへ

Share on Facebook

おでこが広いと悩んでいる女性は意外と多いものです。

しかし近年では広いおでこを生かした髪型を武器にしている芸能人も多く、たくさんの女性が参考にしています。

そして実は広いおでこは美人の証でもあると言われているのです。

それでも広いおでこが気になるという人のためにも、ぴったりの髪型や前髪のアレンジ方法について詳しくご紹介いたします。

まずはじめに、そもそもおでことはどの部分をさすのでしょうか。

おでこは一般的には前髪の生え際から眉毛の上までの部分を指します。

それでは前髪の生え際から眉毛までの距離が長ければ、おでこが広いということになるのでしょうか。

おでこが同じ長さであっても、おでこが大きく見える人と見えない人がいるのです。

それはなぜかというと、顔とのバランスによっておでこの広さが変わってみえるからです。

例えばおでこの長さが同じ4センチメートルであっても、顔の長さが16センチメートルの人と12セントメートルの人では、おでこの顔に対する割合が全く違ってくるのです。

長さだけでなく、横幅やおでこの丸みなども大きく影響してきます。

たとえおでこが長くても全体のバランスを見ることが大切になるのです。

一般的におでこが顔の3分の1の割合を占めていると、最もバランスがよいとされています。

おでこが広いと思っていても、実はちょうどよい割合だったり、案外小さめである可能性もあります。

広いおでこは魅力のひとつにもなりますが、一度気になりはじめたらコンプレックスはなかなか解消されないでしょう。

おでこが広い人の悩みとしては、顔が大きく見える、面長に見える、童顔に見えるなどがあげられます。

これらの悩みを解決するためにも、前髪を上手に使い、おでこの広さをカバーするアレンジ方法をご紹介します。

まずは生え際を全て隠しておでこをカバーする方法です。

厚く深めに前の髪の毛を作ると、おでこを完全に隠すことができ、縦の印象をカバーすることができます。

長さは目のすぐ上、または眉毛の高さでそろえるとよいでしょう。

また重い印象になるのが気になる人は、明るいヘアカラーにしたり少しカールさせると、よりよい印象を与えます。

そして思いきって眉毛よりも高い位置で前髪をカットする方法も、おでこが広い人だからこそ似合う髪型です。

おでこを見せながらも広さをカバーすることができます。

斜めに流したり、ふんわりとカールさせることで、雰囲気を変えられるのでおすすめといえます。

コメントは受け付けていません。