冬に備えてしておきたいヘアケア

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

冬になると空気中の水蒸気量、つまり湿気の量は著しく減少します。

よって空気は乾燥しやすくなり、そのことは人間に対してもあらゆる影響をもたらします。

そのひとつが、髪や地肌の乾燥です。

まず髪が乾燥すると、当然、髪はぱさついて、傷みやすくなります。

艶が失われてしまい、扱いにも困りやすくなります。

更に傷みが酷くなると切れ毛、抜け毛などにつながることも考えられます。

それから地肌が乾燥すると、発毛や育毛に対しても影響が出てくることも考えられます。

また地肌の痒み、冷えにつながることも考えられます。

季節の進行と共に、空気はどんどん乾燥してくるので、保湿ケアは髪や地肌の健康を守るためには必須だと言うことができます。

髪や地肌の保湿ケアとして、まずはドライヤーの前にトリートメントやオイルを髪につけると言うことが挙げられます。

ところで洗髪後、ドライヤーをすると却って髪が乾燥するのではと思う人もいるかもしれません。

ですが濡れた髪と言うのは、非常に無防備な状態です。

そのままの状態で眠ってしまったりすると、枕に擦れて髪のキューティクルが剥がれ、よりダメージが進行したり、乾燥などに脆くなることが考えられるので、必ずドライヤーを使用して髪を乾かすことが求められます。

トリートメントやオイルはつけ過ぎないこと、また頭皮にはつけないことが大切です。

掌に伸ばして馴染ませてから、髪に優しくもみ込むようにして馴染ませると効果的です。

ドライヤーは、髪との距離に気をつけて下さい。

特に毛先は、それほど重点的に風をあてる必要はないと言われています。

それから使っているシャンプーなどを、保湿に効果があるものに変えるのも対策のひとつです。

冬場になると、スキンケア製品を保湿重視のタイプのものに変更すると言う人は多いかもしれません。

それと同じで、ヘアケアに対しても冬場は保湿効果を重視すると言うことです。

これにより、髪に対する保湿は勿論のこと、地肌に対する保湿効果も期待することができます。

そして生活リズムなどを見直すことも必要です。

健康的な生活を心掛けることで、髪も健康になり、地肌のコンディションも整いやすくなります。

加えて成長ホルモンや性ホルモンの分泌が促されることにより、髪のダメージの回復や発毛、育毛に対しての良い影響も期待することができます。

更に潤いの保持にも効果が期待できるので、できるだけ毎日、決まった時間に眠り、決まった時間に起きることを心掛けて下さい。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。