2016年秋冬に流行するヘアカラーとは?

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

夏のヘアカラーから、そろそろ秋冬に合うヘアカラーに変えたいと思っている方も、多いのではないでしょうか?

夏は明るい色味の服を着たり、水着になることもありますから、明るい髪色で活発な印象にした方も多いでしょう。

しかし、秋や冬になると服装も黒、茶色、カーキなど暗い色が多くなりますよね。

それに合わせて髪色もチェンジしましょう。

2016年秋冬に流行すると言われているのが、アッシュブラウンです。

ここ数年、人気のカラーですが今年も人気となっています。

日本人の髪は少し赤みがかっているので、アッシュ系のカラーを入れるとキレイな髪色に見えるのが特徴です。

髪の透明感やツヤ感もアップするので、誰にでも似合うヘアカラーです。

また、個性的なヘアカラーに挑戦するのも、おすすめとなっています。

発色がきれいなピンクなど、ちょっと個性的なカラーを入れる事で、髪の長さなどを変えなくてもガラリと印象を変えられます。

髪全体に個性的なカラーを入れるのには抵抗があるという場合、インナーカラーにしてみてはどうでしょうか。

インナーカラーとは髪の内側だけに、カラーを入れる手法です。

普段は目立ちませんが髪をセットした時や、かき上げた際に少し違う髪のカラーがチラリと見えると、より印象的なヘアカラーとなります。

アイロンで巻いたりすると、さらにインナーカラーが映えるのでおすすめです。

また、グラデーションも普段と違う雰囲気を作れて一層オシャレに見えるでしょう。

更に、今年は暗髪というものが流行っています。

人気モデルやタレントも黒髪や、黒に近いような暗い色にしている人が多く見られます。

今年の流行りは透明感のあるような黒やダークブラウンなのです。

スケルトングレーやシースルーブラックといった色は真っ黒ではなく、少しだけ色味があるというのがポイントです。

黒髪というのはやはり清楚に見えたり、大人っぽく見えたりするので男性受けもいいでしょう。

先程アッシュ系は人気だというお話をしましたが、オリーブアッシュやカーキアッシュはアッシュ系の色が入っていながらも暗めの色に仕上がります。

暗くはしたいけれど、黒に近い色は嫌だと思われる方にはぴったりの色でしょう。

この秋冬は今までとは違うヘアカラーに挑戦して、イメージチェンジしてみてはいかがでしょう。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。