黒髪でも重くならないコツとは

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

日本人は元々黒髪ですが、垢抜けない印象や重たく見えてしまうなどの理由でカラーリングをする人が多いです。

しかし、黒い髪の毛は清純さや落ち着いた女性らしいイメージにもつながり、きちんとコツを抑えれば、重くない素敵なヘアスタイルにすることができます。

まず、カラーリングの必要がないので、髪の毛へのダメージを抑えることができます。

ツヤのある髪の毛はそれだけで魅力に映ります。

日頃からトリートメントでケアしてあげると、カラーリングのときにパサパサしていた髪の毛も、しっとりと落ち着いてきます。

茶色に染めた髪は、日光の下で赤く見えてしまうなどの問題がありますが、天然の色なのでそのような心配もありません。

黒というのは引き締める色なので、小顔に見えたり、色白に見えるなどのメリットもあります。

それでも黒髪にするのに抵抗があるという人は、カットの仕方を見直してみましょう。

真っ直ぐに切りそろえてしまうと、重たい印象になってしまうので、スライドカットがおすすめです。

スライドカットとは、髪の毛を持ちあげて、持ちあげた髪の下にハサミを入れて、毛先から根元に向かって細かく切っていく方法です。

髪の毛の長さを変えずに、ボリュームを減らすことができるので、ロングヘアにしたい人にもおすすめです。

毛先にいくにしたがって量が減っていくので、動きのある毛先にすることが可能です。

このカット方法に向いているのは、固めの髪質で髪の毛の量も多い人です。

髪の毛の量が少ない人がやると、ボリュームがなくなってしまいますし、痛んでいる髪の毛の場合はチリチリになってしまうので向きません。

ロングヘアの場合は、毛先にパーマをかけると、ふんわりとした印象になります。

ショートヘアやボブスタイルの人は、毛先にワンカールのパーマをかけると軽い印象に仕上がります。

顔の輪郭に合わせてカットしていくと、それだけで小顔効果がありすっきりとさせることができます。

あえて眉上の前髪にするなど、工夫することでかわいくなることもできますが、大人っぽいイメージなら前髪を伸ばして左右に分けるといいでしょう。

分ける時に真っ直ぐしてしまうと、固いイメージにつながるので、指先で適当に分けるとナチュラルに仕上がります。

あえてルーズな感じにすることで、黒髪でも重くないヘアスタイルを実現しました。

このように、少し工夫するだけで大きく印象を変えることができます。

ゴールドなどのヘアアクセも取り入れてみましょう。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。