夏は髪のダメージに要注意

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

髪へのダメージというと、日々のドライヤーやカラーリングやパーマといったことが思い浮かぶと思います。

しかし、それ以外にも日常生活の中に髪のダメージの原因となる恐ろしい存在があります。

夏になると髪が傷んだり、パサつきだすといった経験はありませんか?

それは紫外線が引き起こすダメージのせいなのです。

そこで今回は、紫外線について詳しくご紹介致します。

夏になると特に強くなる紫外線、お肌への負担を気にして日焼け止めなどのケアをしているという方は多いと思いますが、実は髪も肌同様に日焼けしてしまうのです。

しかも、髪の毛のダメージはなんと顔の5倍以上とも言われています。

特に頭というのは身体の中でも一番太陽に近い位置にあって、何も対策をしていなければ遮るものもなく直接日光が当たってしまいます。

それに加え、髪には自己回復力がありません。

その為、一度ダメージを受けてしまうと回復することができず切れ毛や枝毛、カラーの退色などが起こり、結果的に傷んだパサパサの髪の毛になってしまいますので、十分意識して紫外線対策をすることが重要です。

髪の毛を紫外線から守るためには、日焼け止めを活用しましょう。

最近では髪用の日焼け止めというのも数多く販売されています。

スプレータイプのものなら出かける前にさっと頭全体にスプレーするだけで手軽に使えるのでおすすめです。

また、紫外線カット効果のある洗い流さないタイプのトリートメントなどもありますから、ヘアケアをしながら紫外線対策を同時にすることもできますので是非活用してみてください。

ここまでは、髪の毛についてでしたが実は頭皮にダメージを受けてしまうと、これから生える髪の毛にとても影響を与えます。

頭皮は髪の毛を育てる土壌のような役割をしていますので、その頭皮がダメージを受けると勿論これから生えてくる髪の毛にも影響が出ます。

ダメージを受けた頭皮から生えてくる髪の毛は水分やハリがなくなります。

また、抜け毛や薄毛にも関わってくることもあり、更には頭皮の中の色素細胞が損傷することで白髪になることがあると言われています。

そこで、頭皮や髪を守るためにはやはり物理的に守るというところで日傘や帽子を活用するといいでしょう。これらを使用する際は、UVカットのものを選ぶようにしてください。

いかがでしたか。

今まで髪の毛や頭皮の紫外線対策を行っていなかった方は、これを機会に紫外線ケアをしていつまでもサラサラで美しい髪をキープしましょう。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。