パーマとカラー、どっちが先?

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

パーマとカラーを同時に施術したいと思ったことはありませんか?

美容院に行く為にわざわざ時間を作ることが難しい方は1日で両方を済ませたいと思うこともあるはずです。

そこで、今回は「パーマとカラーどちらを先に行うべきか」を考えてみましょう。

パーマとカラーはどちらを先にしないと行けないかという順番は特別決まっているわけではありませんが、施術を行う順番でパーマまたはカラーの仕上がりに差が生じます。

まずはパーマを先に行った場合、パーマ後にカラーをするためパーマのみの施術と比べパーマの定着が不十分で、カールが緩くなったと感じるでしょう。

しかし、自分好みの色に染めることができます。

カラーを先に行った場合、パーマの施術の際に一度開いたキューティクルを再度開き薬剤を浸透させるのでカラーが色落ちしやすくなりますが、カールの持ちはパーマを先に行った場合より良くなります。

ということで、カラーを重視する方は「パーマを先に」カールを重視する方は「カラーを先に」施術することで自分好みの髪型に近づくことでしょう。また、使用する薬剤によって順番が変わることもありますので、担当の美容師と相談してみるといいかもしれません。

最後になりましたが、パーマとカラーを同じ日に施術することは基本的には禁止されています。

その理由は、一日にふたつの医薬部外品を同時に使用をしてはいけないという薬事法の決まりがあることによって、異なる薬剤を使うこれらの施術は同時に行うことができないからです。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。