ノンシリコンシャンプーとは

Share on Facebook

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

シリコンは油の一種で、潤いや滑らかな指通りを実現する為、実に多くのシャンプーに含まれています。

髪の毛に対して、手軽にシリコンによるコーティングが行えたり、傷んだ髪を誤魔化せる利点はあります。

しかし、シリコンは付着すると落としにくくなるので、髪や毛穴に蓄積しますし、パーマとカラーリングが難しくなる理由にもなります。

大切な髪を本当の意味で守ったり、自然な潤いを実現したいのであれば、ジメチコンなどのシリコンが入っていない製品を選ぶことがおすすめです。

シリコンによるコーティングは、指通りが良くなる効果こそ直ぐに現れますが、見た目より髪に髪や頭皮に対する負担が重く、長期的に使うと負担が蓄積します。

コーティング剤が肌や頭皮に負担をかけるので、保護するはずのシリコンが頭皮に問題を生じさせたり、顔に吹き出物が出来る切っ掛けになり得ます。

ジメチコンなどのシリコンが入っていない、ノンシリコンの製品は比較的安全なので、肌トラブルを避けたい人に選ぶ価値があるでしょう。

ノンシリコンなら、シリコンの影響を避けることが出来ますから、成分を確認してシャンプーを選ぶことが大切です。

本物のノンシリコンシャンプーなら、コーティング剤が頭皮や髪に負担を与える心配はなく、使い続けても頭髪や頭皮に問題が生じる可能性は低くなります。

またシリコンによるコーティングをしなくても、髪をサラサラに保てますから、肌の心配をする必要がなくなり、その上絡まない髪の毛を実現することが出来ます。

ジメチコンなどのシリコンが入っていないこと、これはシャンプー選びの第一条件で、シリコンによるコーティングを避ける為の基本です。

コーティング剤が頭皮や髪に負担を増やすので、ノンシリコンを優先的に選び、肌や頭皮に無理をさせなくても、綺麗な髪の毛を保てることが理想的といえます。

注意点としては、ノンシリコンと言ってもシリコンと同じ機能、あるいは近い効果のある製品を選択することで、安全性と使い勝手を両立させることが重要です。

ノンシリコンと言ってもシリコンと同じ機能なら、化学成分が蓄積したり、影響を受ける懸念を払拭することが出来ます。

ジメチコンなどのシリコンが入っていない製品でも、髪の乾燥を防ぐことは可能ですし、指通りや絡まりの改善が行える可能性は十分にあります。

シリコンは、安価に製造出来るので選ばれてきましたが、コーティング剤が頭皮や髪に負担を与える点を考慮すると、ノンシリコンを考える価値は高まるでしょう。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。