市販の縮毛矯正剤を使うメリット・デメリット

Share on Facebook

市販の縮毛矯正剤を使用する一番のメリットと言えば、やはり値段が安く、自宅で簡単にできることでしょう。

美容院でやってもらう場合ですと1万円〜2万円程度の費用が掛かってしまいますが、市販品ですと数百円程度から販売されていますから安価に済ませることが可能です。

また、わざわざ美容院へ行ったりする必要がなく自分のペースでできるので、時間に拘束されないという良さもあります。

手軽に縮毛対策をしたい時には便利な存在ですから活用されている方も多いかと思われます。

しかしながら一方でデメリットもあるのですが、それは基本的な知識がないと失敗しやすいことです。

説明書通りにやっていけばある程度の仕上がりになる可能性もあるものの、しかしながら髪の質や状態は人によって違いますから思ったような仕上がりにはならないことが珍しくありません。

そもそも腕の良くない美容院でも失敗をすることもあるくらいですから、慣れていない方が自宅でやろうと思っても失敗に終わってしまうことが多いのです。

そしてもし失敗して美容院に行くとなれば、結果的に割高になってしまい、散々な結果になってしまうケースもよくあります。

なお一体どのような失敗例があるのかと言えば、よくあるのが毛がチリチリになってしまうというものです。

チリチリしたりパサパサしてしまう状態ですが、髪の毛が負荷に耐えられずにダメージを受けた状態になってしまいます。

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

自宅でやる場合ですとしっかりと伸ばしたい為に薬剤を付けてから長く放置され、結果的に仕上がりが悪くなるようなケースが多いです。

放置時間が長ければ良いというものでもありませんし、そのあたりの見極めが慣れていないと難しかったりもします。

さらに、おかしなクセが残ってしまうという失敗もありがちです。

真っ直ぐになるはずが折れが残ってしまったり、それによって扱いにくい感じの毛になるようなこともあります。

アイロンを当てる角度が悪かったりするとこういった失敗が起こることがありますし、自分で作業をやるのは意外と技術がいるものですから失敗に終わることも多いのです。

こうした失敗例は一部ですが、他にも思ったようにいかずに結局美容院で直してもらうことになったという方は少なくありません。

自宅で使える市販剤は確かに便利な存在ではあるものの、しかしながらリスクを考えると良いことばかりではありませんよね。

髪の毛で失敗をするのはやはり辛いものですから、安心安全の為にも最初からプロに任せた方が良いと言えるのではないでしょうか。

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。