3月になって抜け毛が増えた気がする…時期によって対策を変えよう

 

とくに意識していなかったけど、排水溝に目をやると抜け毛が増えた気がする…。男性の抜け毛は多いイメージですが、女性でも抜け毛で悩む人が増えています。

 

しかも美容室で相談をよく受けるのが、3月と9月ごろ。この時期になると抜け毛が増えたと、よく相談されるのですが、その理由と対策について紹介しますね。

 

●3月は季節の変わり目で紫外線も強くなるから抜け毛に注意

 

まず3月というと、卒業式や花見といったイベントごとが多くて、外出する頻度がいつもより多くなるでしょう。女性としたら忙しい毎日を送っているはずです。

 

だから抜け毛が増えるのか?と考えたくもなるでしょうが、それ以外に大きな原因があります。

 

それが紫外線。3月はあまり気温が高くなっていないのに、紫外線が強くなっているからこそ、ほとんどの女性が油断しているんですよね。

 

わかっている人が多いでしょうが、紫外線は太陽から出るもののため、上から照射されています。上から下に行くほど力が分散されるため、どうしても頭皮にダメージがうけやすいんです。

 

しかも頭皮は紫外線に弱くなっており、1日だけでも紫外線を浴び続けていると、炎症を起こしてしまいます。炎症を起こすと火傷をしたと、体が勝手に感じてしまい、髪が生えにくくなってしまうんです。

 

抜け毛が増えるのも同じ原理で、頭皮にダメージを受けてしまったら、抜け毛も増えます。さらに温度差が激しい時期でもあるので、髪をコントロールするホルモンのバランスが崩れて、抜け毛が増えるわけです。

 

つまり3月に抜け毛が増えてしまうのは、紫外線による外部からのダメージと、体の内側から来るホルモンのバランスが大きな要因になります。

 

細かくいうともっとありますが、大きい原因を解消できたら抜け毛も減りやすくなるので、3月になったらこの2つを意識して抜け毛対策をしていきましょう。

 

●抜け毛が増えたと思ったら3月だけど帽子を着用

 

まず外側からの対策として紹介しますね。3月には紫外線が強くなるため、そのダメージで抜け毛が増えると紹介しました。

 

そこで単純に紫外線から守るように、外に出る時は帽子を被るだけでも、抜け毛対策がしっかりできてしまいます。

 

それだけでは不安が残るという人は、頭皮にヘアオイルなどのバリア膜を付けるのも、気持ちとして全然違うでしょう。とにかく外からに刺激を減らすことが、3月の抜け毛対策の第1歩となりますよ。

 

今なら紫外線カットの頭皮用スプレーなんかもあるので、それを振りかけてしまうのもおすすめです。

 

●体調管理も重要!3月はまだ寒いから体を冷やさないように

 

季節の変わり目によって抜け毛が増えるのも、3月の特徴のひとつ。温度差が出てしまうと自律神経が疲れてしまい、ホルモンバランスが崩れる可能性が高くなってしまいます。

 

そこでおすすめなのがとにかく体を温めること。3月というのは春先といっても、まだまだ寒い日が続いているはずです。寒さは抜け毛の大好物でもあるので、とにかく暖めて温度差に対応したほうがいいでしょう。

 

外出する前に腹巻をしておくだけでも、体調が違ってくるので、防寒グッズを用意してみてくださいね。

 

また食事に関しても女性ホルモンをサポートする、大豆などを食べていると、抜け毛予防につながります。そして深い睡眠を心掛けると、3月の悩みから解放されるようになりますよ。

 

縮毛矯正で毛先だけを自然な内巻きにできる?美容室での頼み方は?

大阪府摂津市千里丘の美容室「あとりえ月の庭」の佐藤です。

今回は、「縮毛矯正で毛先だけを自然な内巻きにできる?美容室での頼み方は?」について書きたいと思います。

お茶, くつろぎ, アダルト

縮毛矯正とは、くせ毛で髪がうねる、チリつく、髪のボリュームが出すぎる。などで悩んでいる人が髪の毛をまっすぐにする為の施術ですが、大きな欠点があります。

それは下手をすると髪がまっすぐになりすぎて、不自然にピンッとなってしまうところ。

 女性だとストレートでも毛先が少し内巻きになってほしい所なんですが、どのように頼めば内巻きになるのか伝え方に苦労しますよね。そこでその頼み方についてご紹介しますね。

●毛先の状態によってやり方を変えると縮毛矯正でも内巻きになる

笑顔の女性の選択的な写真撮影

 

髪の毛をまっすぐにするのが得意な縮毛矯正ですが、逆に内巻きのように自然な丸みをつけることができるのか、いつも思い通りにならない人にとっては不安になってしまうでしょう。

 じつはこれは頼み方ひとつで、簡単に内巻きになれてしまいます。

もともと不自然にピンッとなってしまうのは、毛先に薬剤が浸透しすぎているのが原因です。

 美容師さんの中にはくせ毛で悩んでいるのなら、毛先までしっかりまっすぐしたほうがいいのだろうと、良かれと思ってまっすぐにしようとしている人もいます。

それがイヤでストレスを感じているのなら、内巻きにしたいことを頼めば、毛先に丸みが出た内巻きのスタイルを作ってくれるはずですよ。

 

ちなみに、使うお薬も通常のパーマ液より強いものが多いので、髪にダメージを受けやすいリスクも持ち合わせています。

せっかくストレートにしたものの、毛先にダメージが残ってしまうとこれまたガッカリですよね?

目指すストレートスタイルは、自然でまっすぐ、しかも艶があって、サラサラな質感。

ダメージを残さず、きれいな髪を保つためにはやはり、きっちりとした髪のケアをしながら縮毛矯正を受けられることをお勧めします。

縮毛矯正は時間も費用もかかりますし、トリートメントは省略したい気持ちもわからなくはないですが、強いお薬を使うメニューには特に髪のケアが不可欠だと思います。

 なりたい髪型によっては、カットによっても毛先を内巻きにできるので、そのあたりも美容師さんに相談してみてくださいね。

 

●美容室での頼み方はまずクセの悩みを相談!写真も持っていこう!

スペースを持っている人Grey Iphone 6

 

では頼み方について紹介しますね。細かく注文をしていけば、さまざまな髪型が表現できてしまうのが美容室で縮毛矯正を受けるうれしいところです。

 

ただまっすぐにするなら特に頼み方を覚える必要はありませんが、希望の髪型があるのなら、必ず写真などの画像を持っていきましょう。

口で説明するのもいいですが、あなたと美容師さんとの想像しているイメージの違いで上手く伝わらない可能性もあります。

 縮毛矯正といっても写真を持って行ったほうが、間違いなく美容師さんに伝わるでしょう。

ご自分がこんな内巻きにして欲しいと思う画像を探して、美容師さんに見せてくださいね。

 

そしてもっと成功率を上げたいのであれば、どの部分のくせ毛で悩んでいるのか、毎日どれだけお手入れがしにくいのかなど、ご自分のくせ毛について美容師さんに伝えるのも重要です。

 

くせ毛をまっすぐにするのが縮毛矯正ですから、くせ毛について美容師さんが把握していないといけません。

 

しかも内巻きにするなら尚更。人によったらストレートアイロンをかけて、まっすぐな状態で相談されるお客様もいますが、それだとどの部分にどんなくせ毛があるのか把握できませんよね?

 

アイロンをかけてから来るのはいいですが、しっかりくせ毛について相談してください。

 

ちなみに内巻きにするなら、毛先のくせ毛の形にもよりますが、薬剤を毛先だけ塗布せず、それを活かしたほうがきれいな内巻きになる場合もあります。

 

逆にくせ毛がひどいのなら根元から中間にかけて縮毛矯正の薬剤を塗布し、毛先だけデジタルパーマを利用したほうが、きれいな内巻きになるケースもよく目にしますね。

 

それくらいくせ毛は人によって違うので、希望の写真とくせ毛について、美容師さんとしっかり話し合って、うまく把握してもらうことが大切ですよ。

 

●縮毛矯正で自然な内巻きにするなら必ず美容室で!

山に直面して黒のドレスで立っている人

今では市販で縮毛矯正の薬剤が販売している場合がありますが、それだと内巻きになるどころか強い薬剤の影響で、傷みが出て髪がガサガサしてしまう上に広がりすぎて、まとまりにくい不自然な、まっすぐになってしまう可能性があります。

 

自分の力でくせ毛をどうにかする場合は、毎日の手間はかかりますが、ストレートアイロンを使ってまっすぐにしたほうが、まだ悩みを解消できるでしょう。

この時も髪に熱が入りすぎないよう、専用のローションを使ったり、アイロンの温度を高くしすぎないなどの注意も必要です。

それでもきれいに内巻きができなくて手におえないのなら、積極的に縮毛矯正を美容室で相談してみてくださいね。

●縮毛矯正をして失敗した場合の対処法:アイロンを使う

Woman in Naked Figure

 

もともと縮毛矯正は、くせ毛をまっすぐにするための施術。内巻きにするのは難しく、ベテランの美容師さんでも絶対に失敗しないとは言いきれません。

 

それくらい難しい施術というのは頭に入れておくと、失敗した後の精神状態が全然違います。

 

もし内巻きどころか、失敗して毛先がツンツンになってしまったら、落ち着いて対処法を実践してみてください。ただ今から紹介する対処法は、髪が傷むというデメリットもあります。

 

それを承知のうえでやってみてくださいね。その方法とは毛先だけに、自分でアイロンを使って丸みを作るというものです。

 

いくら縮毛矯正をかけていたとしても熱によって髪は形を変えてくれるので、毎日手間がかかりますが、内巻きになるようにセットをしてしまいましょう。

 

●縮毛矯正をして失敗した場合の対処法:デジタルパーマをかける

White and Blue Hair Curlier

 

どうしてもアイロンを毎日使うのは面倒…という人は、美容室で再びデジタルパーマをかけてもらいましょう。

 

毛先だけにパーマをかけるので、一見気軽そうに思いますが、その時に注意が必要です。縮毛矯正を失敗して毛先がツンツンになったということを、必ず伝えてくださいね。

 

もともと縮毛矯正そのものも、かなり髪にダメージを受ける施術になります。そしてデジタルパーマというのも、かなり髪に負担がかかるので、これも美容師さんが把握する必要があるからです。

 

つまり気軽な方法だからこそ、デメリットが大きく、髪がボロボロになる覚悟も必要になるでしょう。

 

●縮毛矯正で失敗した髪を内巻きにするならヘアケアをしっかり

Upside Down Photo of a Woman

縮毛矯正やデジタルパーマで、髪を内巻きにする場合は、熱を使って髪の形を変える方法です。髪というのはたんぱく質からできており、この成分は熱に弱い特徴があります。

 

つまりくせ毛を内巻きにするためには、髪にかなりのダメージを受ける覚悟が必要になってくるわけです。もちろん施術を受けずにヘアアイロンで、髪を内巻きに毎日セットをしている人も、同じだと思っていいでしょう。

 

熱から髪を守るためにはトリートメントなどで、髪を保湿してあげてください。髪のバリア膜があると熱をそれなりに遮断してくれるので、髪がバサバサになるという失敗を少なくしてくれます。

 

さらにヘアアイロンを使って内巻きにする前に、ヘアオイルなどのアウトバスタイプのトリートメントを使うと、その熱からも守ってくれるでしょう。

 

それくらい繊細なものだという認識して、失敗した髪をいたわってあげてくださいね。そうでないとダメージのせいで、髪が広がって縮毛矯正をした意味がなくなってしまうでしょう。

 

というわけで今回のテーマは、「縮毛矯正で毛先だけを自然な内巻きにできる?美容室での頼み方は?」でした。

冬なのに頭皮のべたつきが気になる!その原因と対策を紹介!

Woman Facing the Ocean during Day

 

冬なのに頭皮のべたつきがあるのは、原因がしっかりあり、それに沿って正しい対策を続けていくとその悩みは解消されます。

 

夏なら理解できるでしょうが、なぜ冬に頭皮がべたつき、場合によったら臭いまで発生してしまっているのでしょうか?

 

それは冬ならではの原因があるからだったんです。

 

寒い冬なのに頭皮のべたつきが気になるのなら乾燥してる?

Woman Wearing White and Black Hat

 

夏場は暑さで汗をかいてしまい、頭皮が気になってしまう人も多いでしょう。

 

ところが冬でもべたつきがあり、女性ならそれをいやだなと思っているはずです。

 

そもそも頭皮のべたつきが発生してしまうのは、基本的に皮脂が関係していると思ってください。

 

皮脂とは毛穴から出て来る脂になります。

 

もちろん夏場だとたくさん皮脂が出てきてべたつくでしょうが、冬の場合は逆に乾燥していて、それを補うために皮脂が毛穴から出てきてしまうんです。

 

つまり冬の頭皮のべたつきは、乾燥しているのが原因。

 

その原因に合わせて対策をとっていきましょう。

 

ちなみに冬に出て来る皮脂は、夏場のものよりも粘度が高くなっているのも特徴のひとつ。

 

温度が低いと油汚れと同じで固くなってしまいますよね?これが臭いを発生させている原因だと思っておいてくださいね。

 

頭皮から臭いが発生する前にする正しい対策

White and Brown Cooked Dish on White Ceramic Bowls

 

頭皮のべたつきの原因は皮脂であり、冬は固くなっているため、それを解消するためには食生活などの生活習慣とヘアケア剤の選び方です。

 

まず皮脂というのは体の中から出て来るものですから、生活習慣を変えて皮脂が正しい量に戻るようにしてください。

 

頭皮が乾燥していて、それを補うために過剰に分泌しているのも原因ですが、べたつくほどの量の皮脂が出ているのなら体のバランスが崩れています。

 

油がタップリの揚げ物を控えるだけでも効果がありますが、甘いものの食べすぎもよくありません。

 

健康的な食生活を心がけておきましょう。ストレスもバランスを崩す原因なので、解消法を見つけておいてくださいね。

 

一時的にシャンプーを変えるのも頭皮のべたつきを解消するコツ

woman in white bathtub holding clear drinking glass

 

冬なのに頭皮がべたつく原因は、シャンプーの選び方にも原因があります。

 

もともとこのヘアケア剤は皮脂を落とす特徴があるため、乾燥するのがなんとなくわかるでしょう。

 

過剰に乾燥しないようにするために、洗浄力が強いシャンプーを使わないのがおすすめ。

 

アミノ酸シャンプーだと、適度に皮脂が残ってくれるので、徐々に皮脂の分泌をおさえてくれますよ。

 

ところがそれでもなかなかべたつきが治まらないのなら、皮脂がかなり固まっている可能性があります。

 

その場合だと頭皮の皮脂が落ちるまで、一時的に洗浄力の強いものに変えてもいいでしょう。

 

それでも頭皮が炎症を起こしたらあまり状態としたらよくないので、刺激が強くない植物性のシャンプーを選ぶと、べたつきが治まる上に安心して髪が洗えますよ。

 

そしてべたつきが少なくなったら、アミノ酸シャンプーに切りかえてみてくださいね。

冬になると増える白い粉はフケ!その悩みを解消する対策を紹介

Woman Holding Her Head

冬になるとなぜか肩にかけて白い粉が落ちていて、すごく気になってしまうでしょうが、案外それをフケだと自分で認識するのは難しいでしょう。

それは冬だけフケが出てしまっているから。正しい対策をしないと、なかなか効果が現れないので、その方法について紹介しますね。

 

フケには2種類ある!それに合わせて対策をしよう

woman wearing jacket and holding snow

まず対策を知る前にフケの種類について知っておく必要があります。

まず細かくて粉のようなタイプのフケは、冬によく目にするもの。つまり空気が乾燥していて、頭皮までカサカサになっているとフケが出てしまいます。

 

フケが出るまでカサカサになってしまうのは、頭皮の血行がよくなっていないため、皮脂が体から出ていない可能性があるでしょう。

つまり細かいサラサラの粉のフケが出ているのなら、保湿と血行をよくする必要があるわけです。

 

もうひとつは乾燥フケよりも大きい皮脂が剥がれてしまったフケ。

皮脂はしっかり出ている場合が多く、べたついた状態なのも大きな特徴でしょう。

 

この場合は炎症を起こしている可能性もあり、べたついているため髪の毛にフケがくっついている場合もよくあります。

これを目にしたら保湿ではなく、炎症を沈める対策をするか、生活習慣を見直す必要もあるでしょう。

 

乾燥フケとベタベタフケは原因に違いがあるので、それぞれ正しい対策が違うのが理解できたでしょうか?

 

冬の乾燥フケはとにかく保湿と血行促進

Close-up of Human Hand

冬に起こる確率が高い乾燥フケは、カサカサになっているのが原因。

つまり保湿と血行を高めるのが重要と、上記で紹介しました。どうやって頭皮を保湿するの?という声もあるでしょうから、次は対策について詳しく見てみましょう。

 

頭皮の保湿をするにはヘアケア剤の見直しが必要であり、とくにシャンプーを刺激が弱くて洗浄力が弱いものを使うのがおすすめです。

 

シャンプーとは皮脂を洗い流す効果があるので、洗浄力が強いと必要な皮脂が頭皮に残らず、カサカサになってしまいます。

つまりシャンプーを洗浄力の弱いものに変えるだけで、皮脂が頭皮に残ってフケが抑えられるわけです。

 

さらにその上から保湿力が高い、オイルやローションを使ってしまえば、頭皮と一緒に髪も保湿できてしまいます。

その上頭皮をマッサージできてしまうため、血行促進効果も期待できるでしょう。

 

血行が良くなってくると自然と皮脂が出てくれるようになるので、乾燥フケがよくなっていきますよ。

シャンプーやヘアオイルなどの、ヘアケア剤の見直しをしてみてくださいね。

 

冬の乾燥フケでないのなら薬用シャンプーや生活習慣を変える

Photo of Person Holding Alarm Clock

乾燥タイプのフケだと保湿というのが理解できたでしょうが、皮脂が多めの大きいフケだとシャンプーを炎症をおさえる薬用シャンプーにして、皮脂をおさえるために生活習慣を正すようにしてくださいね。

 

とくに体のバランスを整えるために、睡眠をしっかりとったほうが皮脂の量も調整してくれるようになります。

そして炎症を沈めるための薬用シャンプーを使い、頭皮の状態を整えてしまいましょう。

 

ちなみに敏感肌の人で薬用シャンプーが気になるのなら、ハーブなどがたくさん入ったオーガニックシャンプーでもいいですよ。

髪にコシがないのは外が乾燥しているから?正しい対策と原因

Woman Facing Sideways

髪のコシがなくなってきた…なんてショックを受けている女性もいるでしょうが、そのコシがないというのは基本的に加齢によって起こるものではありません。

もちろん少しは関係がありますが、季節によってコシがないと感じるのなら、それは加齢ではないというのを知っておいてくださいね。

 

髪にコシがないと思ったら頭皮が乾燥しているのも原因

Woman In Grey Top Near Trees

髪のコシとは髪の立ち上がりという意味であり、ボリュームが少なく感じてしまうのが、悩んでしまう大きな要因ですね。

コシがないと感じたら、とにかく頭皮をチェックするのがおすすめ!

 

もともと女性は男性と違って、ホルモンの関係上薄毛になる可能性は低いため、コシがなくなってきたら頭皮が関係しているかもしれないからです。

 

頭皮は本来皮脂が出ている状態であり、それによってある程度保湿ができています。

ところが冬などの季節になるとコシがでないと感じるのなら、フケなどが出て乾燥しているかもしれません。

 

季節によったら血行が悪くなってしまうので、皮脂が出にくくなって、さらに外気が乾燥することでコシがなくなってしまうわけです。

 

頭皮の状態を整えて血行を高める努力をすると、薄毛になりにくい女性は、それだけで髪にコシがない状態を回避できますよ。

 

コシを出して髪のボリュームアップを狙う正しい対策

Macro Photography of Water Droplets

では髪にコシを出すためには、具体的にどのようにするべきか?

それは血行を高める努力をしましょう。

血行をよくするにはさまざまな方法がありますが、基本的に頭皮まで血液が届く必要があります。

 

それくらい血液の流れをよくしないといけないので、以下で詳しく紹介しますが、体の外と中の両方から髪のコシ対策をしないと効果が出ないでしょう。

 

まず頭皮が乾燥していて髪の毛に元気がないのなら、植物と同様に土壌の役割である頭皮の状態を整えてください。

 

乾燥しているのならトニックなどの、保湿を心掛けるのがいいでしょう。

ちなみに乾燥していると刺激物に反応しやすくなっているので、必ず天然成分で作られたトニックなどを使ってくださいね。

 

とくにハーブが入ったトニックだと、血行促進効果も期待できるので、髪にコシが出やすくなりますよ。

ちなみに育毛剤のような医薬品でも血行促進効果が期待できますが、肌の弱い人は注意しましょう。

 

外だけではダメ!体の中からもアプローチしたほうがコシも出る

Woman With White Sunvisor Running

体の外からのアプローチとして頭皮が乾燥してコシが出ていないのなら、トニックなどで頭皮を保湿する必要がありましたが、じつは体の中からアプローチをするとさらにコシが気にならなくなります。

 

もともとコシがないと感じるのは、血液の流れが悪くなっているのが原因。

つまり食べものや生活習慣で、血行をよくすることができるでしょう。

 

食べものならたんぱく質を中心に食生活を変えて、運動を織り交ぜることをすれば、自然と血行が良くなっていきます。

 

さらに睡眠時間を長くとるようにし、夜の10時くらいに寝るだけでも、成長ホルモンが活性化してコシがない状態を整えてくれるでしょう。

髪を早く乾かすには?ドライヤーやタオルの使い方まで詳しく紹介

Woman on Gray Concrete Bath Tub

女性だとお風呂から出たら髪を乾かす必要があり、時期によったら髪の湿気で寒く感じてしまいますよね?

髪が長いとどうしても背中に湿った髪がくっついて、体が冷えてしまうわけです。

風邪をひく前に髪を早く乾かすほうがいいのですが、正しい方法で乾かす必要があるので、おすすめのやり方を紹介しますね。

 

湿気のせいで寒くて邪魔に感じる髪を早く乾かすには?

Haircut, Hairdresser, Salon, Hair, Hairstyle, Stylist

髪を洗った後は必ず湿気が付いてしまうので、外気が寒くなっていると、ますますその髪で体が冷やされてしまいます。

しかもその湿気を乾かすとなると、どうしても髪が長い人なら何十分とかかってしまうでしょう。

 

そこまで寒い髪が体にくっついていたら、寒く感じるのは当たり前!時間がかかってしまうからといって、自然乾燥させようとすると、それも髪のダメージを助長してしまいます。

 

そこで少しでも早く髪が乾かせるように、ドライヤーとタオルを準備してください。

とくにタオルはマイクロファイバーなどでできたら、水分を吸収しやすいものを選んでおくと、かなり早く乾かすことができるでしょう。

 

髪を早く乾かすにはドライヤーの前にタオルをしっかり使う

White and Maroon Rugs

髪を乾かすときに滴が落ちている状態でドライヤーを使っても、乾くスピードが変わってくるので、必ず最初はタオルを用意してください。

 

そして根元からしっかり湿気を拭き取るように、指を少し立てて軽くこすって少しでも時間短縮を狙うといいでしょう。

もちろん頭皮を傷つけないように、爪を立てないでくださいね。

 

根本の髪がなくなってきたら、次は毛先の湿気をタオルで吸いとってしまいましょう。

もみ込むだけでも効果がありますが、さらに髪をタオルで挟んで、両手でパンパンと叩くとさらに湿気がなくなります。

 

つまりタオルを使って湿気を効率よく減らすには、根元⇒毛先という順番で乾かすといいでしょう。

これをしっかり守れていたら、その後のドライヤーの作業がかなり早く終わってしまいますよ。

 

ドライヤーを使って髪を早く乾かす方法

Grey Hair Blower Near Pink Hair Combs and Scrunchies

髪の滴が落ちないようにタオルで湿気を拭き取ったら、次は本格的にドライヤーを使って、髪を乾かす作業に入っていきます。

 

ドライヤーは風を使って髪を乾かす機器ですから、風の当て方に注意したら、乾かす時間が早くなるでしょう。

この場合も根元を先に乾かして、毛先という順番で湿気を飛ばしてくださいね。

 

最初にドライヤーを使って根元から乾かすのですが、これも爪を立てずに指の腹を使ってこすりましょう。

そしてドライヤーは最初のうちだけ、頭皮から垂直に風を当てると、熱が伝わりやすくなって早く乾きます。

 

そしてある程度の湿気がなくなったら、次は頭皮となるべく平行に風を当てると、熱さを感じず乾かすことができるでしょう。

それを繰り返して頭皮を乾かした後は、毛先にドライヤーの風を当ててくださいね。

 

根本⇒毛先と乾かすと、毛先の湿気がなくなるスピードが早くなるので、かなり時間短縮になりますよ。

寒い季節はロングだと便利だけど分け目が気になる人は多くない?

woman standing near green and yellow foliage tree

 

寒くなってくるとロングの女性は、その髪の長さをありがたく思えてくるでしょう。

 

ところが分け目の薄毛が気になりだしたら、長い髪を切って髪型を変えてしまおうか迷ってしまいますよね?

 

じつは分け目のせいで薄毛になっているのではなく、その他にも原因があるので、正しい対処法を紹介しますね。

 

ロングだとその髪の重みで分け目が薄くなっているのか?

Selective Focus Photography of Woman Wearing Red Shirt

 

寒い季節はロングだとマフラー代わりになって、得をした気分になるでしょうが、分け目が薄くなって来たらそっちに気をとられてしまいますよね?

 

ロングだと髪が重くなってしまって、それが原因で分け目だけが薄くなっていると思う人が多いでしょう。

 

たしかにそれも原因のひとつです。

 

ところがそれだけで分け目が薄くなっていたら、ほとんどの女性がそうなっていておかしくないでしょう

 

違いが出ているのは、その他にも原因があるからなんです。

 

まず生活習慣と寒さも原因のひとつ。

 

女性はホルモンの関係で寒い季節を重なり、血液の流れが悪くなっており、どうしても髪が育たなくなっています。

 

さらにロングという長さで出る髪の重みで毛穴にダメージを受け、分け目の部分の髪が抜けてしまい、分け目だけが薄くなっているわけです。

 

ロングの女性の分け目が薄くなっているのは、重みで髪が抜けるスピードより、育毛のスピードが遅いと思っておきましょう。

 

薄くなった分け目をロングでも気にならなくする対処法は簡単!

Selective Focus Photography of Woman Facing Upward

 上記の原因がわかってしまえば、分け目の薄い部分をどうするべきか、なんとなくわかってきたでしょう。

まず分け目の薄毛を解消するためには、分け目を定期的に変えてあげるのがおすすめです。

重みで毛穴などの頭皮が圧迫しているので、違う分け目を作ってダメージを少なくしてあげてくださいね。

 

それだけでもずいぶん分け目の悩みを、解消できるようになります。

 そして血液の流れをよくするためには、運動と睡眠の質などを上げてあげること。

足の筋肉を使うことで、体全体の血液の流れをよくしてくれます。

そして睡眠も血液の流れをよくしてくれるんですよ。

睡眠とはリラックスの最高潮の状態であり、リラックスは血液の流れをよくする効果があります。

自分の好きな音楽やテレビなどを見ていると、体がポカポカしてくるでしょうが、これはすべてそういう効果があるからなんですね。

逆に睡眠不足だと血液がドロドロになってしまい、血の巡りが悪くなるので、分け目の育毛ができなくなってしまうでしょう。

 

ロングを維持して分け目をわからなくするちょうどいい髪型

Woman Standing on Terrace Near Grass Field

 

上記の対処法は正しい方法ですが、髪の毛が生えてくるのに時間がかかるデメリットもあります。

 すぐに分け目を何とかしたいのなら、ボブのように分け目をかぶせる髪型に変えてしまいましょう。

前髪を作ってしまえば、分け目が髪で隠れて、すぐに気にならなくなります。

そして上記の方法で以前の分け目の薄毛を徐々に解消していき、また元のロングの髪型に戻してあげるといいですよ。

風に当たったら髪がボサボサになるのはなぜ?原因に合わせた対策を!

Woman Wearing Gray Shirt and Black Overalls on Boat

 

季節によったら風が強くなってしまうでしょうが、とくに冬になると風が強いだけでなく、乾燥も気になってしまうでしょう。

 

その影響で外に出たら、髪がボサボサになってしまって、きれいな形に整えられなくなってしまいます。

 

そこでボサボサになる髪の、原因と対策を知っておいてくださいね。

 

風でボサボサになった髪を戻すことが可能?原因を知るべし

White Dandelion Flower Shallow Focus Photography

 

風で髪がボサボサになってしまうのは、基本的に髪の構造に問題があります。

 

髪というのはキューティクルといわれる鱗のようなバリアがあり、そのおかげでダメージを最小限に抑えているんです。

 

ところがそのキューティクルは、湿気によって広がってしまう特徴も合わせ持っています。

 

空気中には少なからず水分が含まれているため、風に当たるだけでボサボサになってしまうわけです。

 

ちなみにドライヤーの風だと、なぜボサボサにならないのかというと、一定の方向から風を当てられるから。

 

キューティクルが同じ方向を向いてくれるため、むしろツヤが出てきれいに仕上げられるでしょう。

 

ところが自然の風というのは、どこからでも吹いてくるので、キューティクルの向きがバラバラになってしまいます。

 

そのためまとまりのないキューティクルの影響で、すぐにボサボサに…。

 

髪が広がってしまう上に、ツヤもなくなってしまうでしょう。

 

キューティクルの特徴を知って髪の風対策を!

Woman Open Arms While Closed-eyes Smiling Photo

 

上記で髪がボサボサになるのは風の湿気が原因だということが、何となくわかってきたと思います。

 

それに合わせて対策を取ってあげると、外に出ても風の影響をうけにくくできるでしょう。

 

もともと湿気によって髪がボサボサになっているわけですから、外出する前に髪を保湿してあげるだけでも、外気の湿気を入りにくくさせられます。

 

乾燥している髪は、簡単にいうとスポンジの状態と同じのため、どうしても湿気を吸収してしまうわけです。

 

そこで最初から湿気を髪に埋め込んでいると、どこからも髪が湿気を吸収させられなくなります。

 

保湿とバリア膜を作って風から髪を守ればボサボサにならない

smiling woman wrapped with white headscarf

 

髪がボサボサになる原因は、風にある湿気のため、先に保湿をすれば解消できるのがわかったでしょう。

 

その保湿をするのに役立つ風対策が、洗い流さないアウトバスタイプのトリートメント!

 

これを使うと髪の内部まで浸透する上に、バリア膜まで作ってくれます。

 

上記ではスポンジの状態を保湿する対策を紹介しましたが、アウトバスタイプのトリートメントは、髪に膜として残ってくれるんです。

 

つまりその膜がバリアの代わりとなり、湿気をシャットアウト。髪がボサボサになるのを防いでくれるでしょう。

 

ちなみに痛みがひどくて髪が引っかかるのなら、キューティクルが剥がれてしまっています。

 

そこでヘアオイルも一緒に使うと、さらにバリア層が増えてくれるので、ボサボサから守ってくれるでしょう。

バレンタインで男性の目を引くには髪型や髪色を変えてイメチェン!

バレンタインで男性の目を引くには髪型や髪色を変えてイメチェン!

White, Black, and Red Person Carrying Heart Illustration in Brown Envelope

バレンタインは女性にとって、かなり重要なイベントだという人も多いと思います。

男性に対するアプローチの日と言ってもいいでしょうが、そんな大事な日に髪型を変えようと、悩んでいる女性も多いでしょう。

そこで男性が目を引く髪型や、印象がよくなる髪色などについて紹介しますね。

 

バレンタインは男性の目を引く髪型に変えよう!

Long Black Haired Woman in Grey Top Taking Selfie

結婚している女性や独身であったら尚更、意中の男性に注目されたいですよね?

 

とくにバレンタインは大きなイベントというのもあり、髪型を変えれば男性の意識も変わるかも?と期待して、髪型を変えてみるべきか検討している人も多いと思います。

 

そんな人はとにかく男性の好みに合わせて、髪型を変えてみると効果があるでしょう。

 

もちろんその男性の好みに合わせる必要がありますが、一般の男性が好む髪型に変えるだけでも、印象が大きく変わって注目してくれますよ。

 

その髪型とは女性らしい丸いシルエットの髪型!

とくにどんな女性でも似合うのが、ミディアムのワンカールボブです。

 

毛先に丸みを出すことで、女性らしさが出て可愛く見えるでしょう。

ふんわり柔らかい印象を持たせることがポイントであり、カールは上品さを出す効果もあります。

 

男性は女性が可愛くなると、自然と目を向けてくれるので、それくらい髪型選びが重要だと思っておきましょう。

 

髪色を変えるとしたらどんな色にすれば男性は喜ぶ?

Portrait of Smiling Girl Against White Background

今の男性は上記でも紹介したように、少し上品な雰囲気を出したほうが、印象がよくなるようです。

そのため髪色をしっかりバレンタイン仕様にしてあげると、イメージアップが狙えるでしょう。

 

その髪色とはダークカラー!

とくに髪色をブラックにしてしまっても、男性からの評価はよくなります。

 

もちろん女性にとってはブラックに髪色を変えてしまうのは、勇気が必要でしょうから、ダークブラウンでも問題ありません。

 

髪色が明るかったのを暗くすることで、バレンタインのために染めたのだとわかる上に、イメージが上がるのでおすすめです。

 

ヘアレンジをすればバレンタイン効果アップ!

Bride's hair, styled with a hair ornament

髪型と髪色を変えてしまうだけでも効果がありますが、さらに攻めたい女性はヘアアレンジをしてしまうのもひとつの方法です。

 

普段アレンジしない人が髪をイメチェンしていると、どうしても男性は目についてしまうもの。

簡単なアレンジでもいいので、好みのヘアアレンジをしてみてくださいね。

 

とくにバレンタインだと女性らしさを残すために、ハーフアップがちょうどいいでしょう。

上品なイメージを残しつつ、長い髪を降ろしている女性は、どこか魅力的に見えてきます。

 

クルリンパなどの簡単なヘアアレンジをして、ヘアアクセサリを使ってしまえば、女性からもおしゃれに見られるでしょう。

 

ちなみにアップさせるのが面倒なら、毛先にカールが出せるアイロンをかけるだけでも、柔らかい雰囲気が出せて可愛くなりますよ。

髪は静電気が起こる可能性大!予防しておけばストレスなし!

https://images.unsplash.com/photo-1521929374445-6df0bab8ceaa?ixlib=rb-1.2.1&auto=format&fit=crop&w=1000&q=80

季節によったら空気が乾燥して、生活がしにくくなることでしょう。

髪の毛もその影響を受けやすく、静電気が起こってしまいます。

髪を触るだけで、パチッとなったらイライラしてしまいますよね?

じつは静電気が起こるのは原因があり、対策としたら意外にも単純で続けやすいでしょう。

 

髪を触るとイライラする静電気はなぜ起こってしまうの?

woman waving her hair

静電気は誰でも経験するものであり、すぐに起こる人と全然静電気が起こらない人がいます。

これにはしっかり原因があり、基本的に髪がパサついている人は静電気が起こってしまうんです。

 

静電気というのは名前のとおり電気と関係があるので、それを髪にため込んでいると、パチッとなってしまいます。

よく小学生が下敷きを使って髪を上に立たせていたでしょうが、あれだけで簡単に静電気が髪にたまるんです。

 

そしてパサついているということは、髪が乾燥しているので、もっと静電気が集中してしまいますよ。

電気が通りやすいのは、一般的によく言われる水分。これを使ってあげると静電気が分散されて、パチッとなることは少なくなるでしょう。

 

静電気の予防はかなり簡単!基本は保湿!

woman standing near body of water during golden hour

静電気を予防するには保湿することから始めるといいでしょう。

静電気が起こる根本的な原因は、電気が集中することだから、水分補給すればいいわけです。

 

水分補給ってどうするの?

と思うでしょうが、極端にいうと水を髪につけるだけでも効果があります。

水分があるだけでも静電気が水に流れてくれるので、触った途端パチッとなりません。

 

ところが水をつけた髪で外出すると、冷たくて現実味がないので、そこはヘアオイルや洗い流さないトリートメントを使ってもいいでしょう。

 

静電気を起こさないためには、保湿をしてその水分から静電気を分散させるといいわけです。

 

髪の静電気を減らすにはドライヤーの使い方を変える

Woman Holding Gray Hair Dryer and Wearing White Bathrobe

髪を保湿する前に、さらに静電気を予防できる方法があります。

それが髪をパサつかせる原因でもある電化製品のドライヤーです。

髪を乾かすために使う機器ですから、パサつく原因になるのは当たり前ですが、かなり静電気を抑えられるので実践してみてください。

 

この方法の基本は髪にダメージを与えないようにすること。

なるべく静電気を起こさないためには、痛みを抑えたドライヤーの使い方をしたほうがいいわけです。

ダメージが増えると髪の中の水分まで出てしまうため、乾燥して静電気がたまってしまいます。

 

そこで髪を乾かすのなら、なるべく髪を近づけないようにし、遠くから髪を乾かしてしまいましょう。

そしてドライヤーだけに頼らず、しっかりタオルで水分を落としてから乾かすと、ドライヤーの時間を少なくできます。

 

どうしても時間がかかってしまうのなら、ドライヤーを使う前にオイルなどを使っておくと、熱によるダメージから守ってくれるでしょう。

ヘアケア剤の使い方も工夫すると、静電気を予防できるわけです。