ブリーチのデメリット

Share on Facebook

外国人のような髪の毛の憧れている人はブリーチを好みますが、デメリットもあることを知る必要があります。

ブリーチをすると髪の毛がパサパサになります。

本来ははしっとりとしていた髪の毛も、ツヤが無くなってごわつきが目立つようになります。

髪の毛にまとまりを持たせるために、ヘアアイロンで矯正する人もいますが、熱によって余計にパサつきます。

髪の毛が傷んでしまうと、水分などが抜けてヘアアイロンやコテによるクセ付け自体が難しくなります。

髪の毛の成分の中には、熱によって変形するものがありますが、スカスカの髪の毛では熱で見た目を変えることができません。

水分量の不足は、色落ちも引き起こします。

明るい毛先と暗い根元は見た目が悪く、髪の毛が伸びるたびに美容室でリタッチしなければなりません。

根元だけ染めると、ムラができます。

水分の出入りが激しくなった髪の毛は、後で暗い色に染めてもすぐに抜けてしまいます。

ブリーチによって明るい金髪にすれば、暗い茶色や黒にするまで長い時間がかかります。

就職活動などで色を染め直す必要がある時に不便です。

コメントは受け付けていません。