パサつきでフケが出る冬の髪にはシャンプーを変えたほうがいい!

Share on Facebook

focus photography of woman with pink hair bow facing on body of water

 

なぜか肩の部分に白い粉が増える人は、頭皮が乾燥してしまって、フケが大量発生している可能性が高くなっています。

これは冬独特の悩みになるので、とくに気にする必要はありませんが、見た目が気になってしまうでしょう。

解消するためにはシャンプーを思い切って、切りかえてみてくださいね。

 

冬のフケの原因は頭皮の角質が乾燥で剥がれてしまうから

woman holding her hair in forest

そもそもフケについて詳しくない人がいるでしょう。

フケが出たからと言ってパニックになる必要はなく、フケとは肌のターンオーバーと同じで、角質が剥がれて出てくるもの。

病気とかではありません。

 

ところがその量が増えてしまうと、どうしても気になってしまいますね。

寒い時期は冬独特の空気の乾燥でフケが増えてしまうんです。

本来頭皮は皮脂によって守られており、ダメージを受けにくくなります。

 

冬になると女性ならとくに、皮脂の分泌が減っている状態のため、頭皮が乾燥して角質がはがれやすくなるんです。

フケを減らすには乾燥を防げばいいだけなんですね。

 

乾燥を防ぐにはシャンプーを変えてしまうのがポイント

Shampoo, Man, Hairstyle, Foam, Wash

 

では乾燥を防ぐためにはどのような対策をすればいいのか、あまりイメージできないかもしれませんが、やることはかなり簡単です。

 

それはシャンプーを変えてしまいましょう。ヘアケア剤としては汚れを落とす役割がありますが、シャンプーというのはそれぞれ種類によって違いがあり、フケに適した種類を選ぶ必要があります。

 

汚れを落とすためにシャンプーを使っているわけですから、バリアの役割である皮脂を落とす効果もあるため、シャンプー選ぶがどれだけ重要なのかわかりますよね。

 

冬のフケを解消するにはどんなシャンプーがいいのか紹介!

Cocooil baby oil on desk

 

どのようなシャンプーを選べばいいかわからない人は、とにかく洗浄力が弱くて保湿力が高いシャンプー見つけてください。

市販のシャンプーでも今なら並んでいる、アミノ酸シャンプーだとフケ対策としても効果があるでしょう。

 

アミノ酸シャンプーとは洗浄成分は弱い「ココイルグルタミン酸TEA」などが入っており、皮脂をある程度残してくれる効果があり、頭皮が保湿されるようになります。

頭皮の角質が剥がれにくくなるため、フケも少なくなってくるでしょう。

 

ところがこのシャンプーと相性がいいのは、フケの大きさが小さい症状だけ。

大きいフケが出ている場合や、頭皮が赤くなっているなら、頭皮に細菌が増えている可能性も否定できません。

 

炎症を沈める成分や殺菌効果のあるシャンプーを選ぶ必要があるので、最初は皮膚科で見てもらったほうが安心です。

もし症状がひどくなってしまうと、冬の乾燥も重なってしまい、頭皮から臭いが発生してしまうかもしれません。

 

冬のフケは乾燥だから保湿できるシャンプーに変えてみよう

woman near white wall getting her hair blown

フケが増えたからと言ってパニックになる必要はありませんが、それがよくならないのなら、誰でもストレスが溜まってしまいますよね?

それがイヤなら洗浄力が弱いシャンプーを使い、頭皮を保湿できるようにしましょう。

 

ところが大きいフケが出てしまうのなら、シャンプーに頼るのではなく、皮膚科で見てもらったほうがいい場合もあります。体のバランスも崩れやすい冬の悩みも、1個ずつ解消していってくださいね。

コメントは受け付けていません。