敏感肌の方が髪を染めたり白髪をカバーしたりするにはどうすればいい?

Share on Facebook

■敏感肌でカラー剤の刺激が辛い方に

美容室での施術でも、市販のお洒落染めや白髪染めであっても、一般的に多い化学的な染料や成分を使ったもので染めると、染めている間から頭皮がピリピリと感じたり、染めたあともしばらく痒みを感じたりするという方は少なくありません。

頭皮というのもお肌の一部で、お顔や体の皮膚と1枚でつながっています。

そのため、日頃、スキンケア製品やメイク製品で肌荒れや肌トラブルを起こしやすい方やアレルギー体質の方、何かの拍子に肌がかぶれたり、痒みが生じやすかったりする方は注意が必要です。

頭皮は別と考えず、敏感肌の方はヘアカラーもコスメなどと同様に利用には注意しましょう。

この点、スキンケア製品やコスメ、ボディケア製品などにも敏感肌用があったり、お肌により優しいタイプがあったりするように、ヘアカラーでも敏感肌の方にも利用しやすい刺激の少ないタイプがあります。

一般的に市販されている気軽なお洒落染めや白髪染め、美容室でも一般的に行われているヘアカラーはストップして、髪に優しいタイプで染めるようにするのがおすすめです。

■化学的なものではなく植物性を検討してみよう

最近は美容室の多くで、頭皮や髪に優しいヘナやオーガニックカラーといった植物性の染料や天然由来の美容成分などで作られたカラーを扱うお店が増えてきました。

美容室で染める際には事前にお店のサイトでメニューなどをチェックして、ヘナやオーガニックカラー、和漢カラーといった天然由来の髪や頭皮への刺激が少ないカラーを扱っていないか確認しましょう。

ただし、植物性だから敏感肌に安心とは限りません。

その方によってアレルギーがあったり、お肌に合わなかったりする場合もあるので、敏感肌の方は施術の前にパッチテストをしてもらうなど、初めての利用時には慎重に対応してもらうのが安心です。

敏感肌の方はまずはセルフカラーはやめて、美容室でプロに相談するようにしましょう。

ヘアカラー剤もどんどん進化を遂げており、美容室には最新の肌や髪に優しく高品質に染め上げる商品がいち早く入ってくるのでお悩みの解決がしやすいからです。

■一気に染める方法ではなく徐々に色を入れていこう

この点、ヘナカラーは自宅でできるタイプも商品化されています。

もっとも、一般的な化学成分を使ったヘアカラーと違って、使い方が難しく手間も時間もかかるのが難点です。

手間を惜しまない方や器用な方は別として、気軽にご自身で髪に優しいヘアカラーで染めたいとご希望なら、ヘアカラートリートメントを利用してみるといいかもしれません。

ヘアカラートリートメントは様々なメーカーから、様々な成分のタイプが商品化されていますが、その多くが植物性の染料と天然由来の美容成分や栄養成分で構成されているので、敏感肌の方でもお肌に合うものや刺激が少ないものが見つかりやすいです。

一度の使用ですぐに染まるのではなく、使うたびに少しずつ色が入っていきます。

この仕組みからも頭皮や髪への負担が少ないので、敏感肌の方にも比較的安心して使えるのです。

毎回の洗髪時に使うタイプ、週に1回や2回程度でいいタイプなどがありますので、いくつか試してご自身のライフスタイルやお肌に合うタイプを探していくといいでしょう。

 

コメントは受け付けていません。