髪を増やしたり髪を改善したりするためのノウハウをご紹介

Share on Facebook

美容室で多い髪のボリュームや髪質のお悩み

美容室で施術をしているときの雑談などでも、もっとも多いとも言えるご質問やお悩みが髪のボリュームや髪質に関してのお悩みです。

抜け毛が増えてきた、後頭部が薄くなった、髪がパサつく、ツヤがないといった症状を改善するにはどうしたらいいのでしょうか。

基本的なノウハウをご紹介いたします。

髪を健やかに育てるための基本知識

皆さんは、お肌や体についてはスキンケアを気にしたり、体にいいことをしなければという意識を持ったりしているかもしれません。

では、髪はどうでしょうか?

何となく生えているなんて思っていませんか。

髪も体の一部であり、髪が生える土台となっている頭皮はお肌の一部を構成しています。

髪が健やかに生えるためには他の体の部分と同じで、髪に通る毛細血管を通じて栄養や酸素がしっかりと毛先まで行き届く必要があります。

また、髪を健やかに成長させるための土台を担う頭皮は、お肌と同様に潤いと皮脂バランスを整えなくてはなりません。

そのためにはどうすればいいのか、生活習慣、食習慣についてご案内します。

生活習慣を見直そう

髪もお肌や体の機能を元気にするのと同様、十分な睡眠と適度な運動は不可欠です。

髪を育てる成長ホルモンは夜寝ている間に活発に分泌されます。

特に夜10時から深夜2時の時間帯に生成が活発になると言われますから、その間を含めて、1日7時間くらいは眠りたいものです。

運動不足は体の血行不良を招きます。

血行不良だと、頭皮や髪の隅々まで栄養や酸素が行き届かなくなり、抜け毛や切れ毛、枝毛の原因となります。

長時間のデスクワークや立ち仕事、肉体労働による凝りなどで血流が悪くなっている方は、体をほぐすストレッチや軽いウォーキングなどをしたり、1日の疲れも癒せる入浴で体を温めたりして、血液循環を良くしましょう。

そして、生活習慣としてぜひ見直してほしいのが喫煙の習慣があることです。

タバコは百害あって一利なしと言われますが、体だけでなく、髪にも良くありません。
ビタミンCを過剰に消費して、髪をパサパサにし、ツヤがなくなる原因にもなりますので、できるだけ禁煙に務めましょう。

髪にいい食べ物を積極的にとろう

髪や頭皮を健やかに保つには、栄養バランス良く、必要なカロリーをしっかり摂ることが大切です。

無理なダイエットで体を動かしていくためのカロリーが不足すると、まずは生命を維持する上で必要性が低いものから機能を停止したり、低下させたりしていきます。

そのために髪に栄養を回さなくなり、髪が抜けたり、髪がパサパサになったりしていくのです。

1日に必要なカロリーをしっかりととりながら、髪にいい食べ物も意識してとるようにしましょう。

髪の質を守るキューティクルをはじめ、髪の主な構成要素はタンパク質です。

肉や魚、卵、豆製品といったタンパク質をしっかり摂りたいものです。

カロリーが気になるなら低カロリー・高たんぱくの鶏のササミや髪にツヤを与えてくれる成分もたっぷりの鮭、栄養バランスのいい卵、女性ホルモンに働きかけ、髪のボリュームアップもサポートしてくれる豆腐や納豆などの大豆イソフラボンを含む製品を積極的に摂りましょう。

また、野菜や果物からビタミンを摂り、髪質改善にもいい昆布や海苔、海藻類からミネラルも摂取しましょう。

 

コメントは受け付けていません。