自分では思うように直せない、うねりや爆発する髪をどうにかしたい

Share on Facebook

髪のうねりや髪が爆発したように広がるお悩みは。、美容室に来られるお客様からのご相談が多いお悩みの1つです。

朝起きると髪がうねってヘアスタイルが思うように決まらないお悩みや、洗髪した直後や雨の日、梅雨時期などに髪が広がってボリュームが出過ぎるとお悩みの方は少なくありません。

髪のプロがうねりやボリュームが出過ぎるお悩みにお答えします。

■重要なセルフケア

朝起きたときのうねりがひどいという方や髪が広がってまとまらないと悩まれている方は、夜に洗髪したあと、しっかりと髪を乾かしているでしょうか?

ドライヤーの熱によるダメージが気になるから自然乾燥に任せている方や、毎日残業で帰りが遅く、サッとドライヤーを当てて生乾きで寝ているという方は要注意です。

髪が湿った状態で寝てしまうと髪のダメージにつながり、うねりや広がりの原因にもなります。
髪は自然乾燥ではなく、ドライヤーを丁寧に使ってしっかり乾かしてから寝るようにしましょう。

特に冬の気温が低い時期は自然乾燥では乾きにくく、内部が濡れた状態のままベッドに入るということも起こり得るので注意したいものです。

ドライヤーの熱によるダメージが気になる方は水分をしっかりタオルドライしたあと、髪を熱から保護してくれる洗い流さないトリートメントをまず塗布します。

1~1.5プッシュを手のひらで良く伸ばして髪になじませましょう。

乾かし方の基本は前髪の根本、髪全体の根元、全体の毛先という順番です。

なお、うねりに悩んでいる方は根元を7割くらい乾かした段階で、先に毛先を乾かします。

根元が少し濡れた状態を利用して、ここからうねりのケアも行っていきます。

指で髪を挟んで上からドライヤーを当て、まっすぐになるように指で導きながら残りの7割を乾かすようにしてください。

全体がしっかり乾いたら、中間から毛先へとオイルをなじませます。

れによってうねりやボリュームも落ち着いていきます。

丁寧に洗髪後のケアをすることで、翌朝、ヘアスタイルが決まらない、髪が爆発するという悩みを抑えることができるでしょう。

 

■美容室でうねりやボリュームをケアするなら

美容室で気になるうねりやボリュームの出過ぎをケアしたいときは、まずは髪質に合ったトリートメントをじっくり行ってもらいましょう。

潤いを与えて、しとやかでまとまりある仕上がりになるトリートメントがおすすめです。

また、カットの際は高度な技術を要しますが、ドライカットによってうねりやボリュームを抑えることも期待できます。

ボリュームを抑えたいと、そぎばさみでそいでしまうと、髪全体がバサバサに見えてしまいます。

ドライカットは髪が乾いて自然に納まった状態で髪の一束一束を細かく丁寧にカットしていくので、軽さとツヤが同時に表現できるのが魅力です。

髪を濡らさず自然の状態で切るので、生え方にクセがあってうねりが出てしまう方や、膨らんだり広がったりしやすい方も、クセやボリュームを考えながら設計するように切っていくため、ご家庭での再現性も高く、ブローが苦手な方も毎朝のスタイリングに手間取りません。

そのほかの方法として、デジタルパーマをゆるやかに当ててうねりをカバーしたり、ボリュームを抑えたりする方法もご提案できます。

コメントは受け付けていません。