急に抜け毛が増えて心配。女性の抜け毛その理由と対処法とは?

Share on Facebook

抜け毛の量が明らかに多くなってきている時は注意が必要です。

女性もストレスや生活環境、加齢によって髪の毛が抜けたり、薄くなったりします。
特に女性は、無理なダイエットや精神的なストレス、疲れなど、自分でも気がつかないうちに「抜け毛」の原因をつくっている場合があります。

女性の抜け毛の原因

<最も大きいのが女性ホルモンの分泌量の変化によるバランスの崩れ。>

年齢とともに分泌量は徐々に減少するといわれており、

女性ホルモンのバランスの崩れによる毛周期の変化が見られます。

毛周期とは成長期と後退期と休止期の3つに分かれていて髪が生える時期と抜けてしまう時期のことを言います。

毛母細胞が分裂を起こし毛乳頭に栄養素が注ぎ込まれ太く成長するのに対し成長期を過ぎ一定の期間が過ぎると毛母細胞の分裂も収縮し髪の成長が収まり抜けたり細くなったりします。

中高年になると後退期から休止期に差し掛かる期間が長くなり新たな発毛が生まれず抜け毛の多い状態が続いてしまうと薄毛になります。

<良い抜け毛と悪い抜け毛を見極めるポイント>

それは毛根部分の膨らみです。

丸みを帯びていて白い球状なら自然に抜けたものなので大丈夫です。

悪い抜け毛の場合、膨らみを帯びる前に抜け落ちてしまうので成長しきれずに途中で抜け落ちてしまったと言うことになります。

<ホルモンバランスと髪質の関係>

男女ともに髪質や毛量に違いが出ます。

女性の場合だと女性ホルモンが優位になっているので歳を重ねてもそれほど薄毛が進行しません。

一方、男性の場合だと男性ホルモンの量が女性よりも多く、そこに還元酵素と言うものが付着することでジヒドロテストロンと呼ばれる悪性の男性ホルモンが活性化され薄毛が進行してしまいます。

女性の場合、男性ホルモンの量が少なく還元酵素と結びつく可能性が非常に低いため、ある程度の歳を重ねても髪の毛が維持できます。

女性でも40代、50代と年齢が上昇するにつれて女性ホルモンの分泌が減り髪の毛にハリコシがなくなってきたりしますが、髪質をキープしたいのであれば育毛用のシャンプーや育毛剤も並行して使用するなどして常に髪の毛に栄養与えるとよいでしょう。

その他、原因は加齢だけではありません。

女性は出産を機に女性ホルモンの分泌が一時的に大幅にバランスを崩してしまったりもします。

30〜40代だとまだ髪が抜けるほどのホルモン減少は見られませんが、

もしそれでも抜け毛が増えている場合は女性ホルモンの低下と大きく関係している

ストレス性の症状が考えられます。

例をあげるとしたら自律神経失調症や、うつ病のような症状の人は薄毛になる人が多く見られます。

若いうちに薄毛が進行したり髪が細くなってしまうのはストレスを溜め込んでしまったり食生活の乱れた習慣を送っていると薄毛が進行してしまう可能性もあります。

ストレスを溜めていると毛細血管が常に収縮していて毛乳頭に送られる血液量が減少してしまいエストロゲンが減少し頭髪発育因子が減ってしまうので髪が成長できないことになってしまいます。

ストレスだったり食生活の影響を受けやすいので、環境を改善する心がけが必要です。

 

<自律神経が乱れることも原因の1つ>

自律神経が乱れることで血流を悪くしてしまうので髪の毛が抜けやすくなります。

髪の毛と血管は目に見えないほどの小さな毛細血管となってつながっていて月経不順などが起こっている時も血流の乱れが生じる場合があります。

最初に見られる体の変化としては、肌のむくみや貧血気味になってしまったり化粧ノリが悪いなどの変化があり徐々に髪への影響もでてきます。

働く女性も増えていますので、ストレスや生活リズムが変わったことによって自分では気がつかないうちに、抜け毛から薄毛へと進行している場合もありますので注意が必要です。。

 

<抜け毛が増えてきてしまった場合の対処法>

1.食生活を見直す

髪の成長には栄養バランスを考えて食事をとることが大切です。髪はケラチンというタンパク質を主成分としているため、良質なタンパク質を含んだ食事をとらないと、髪の原料が不足してしまいます。

ビタミンやミネラルといった成分も髪の成長には 欠かせません。

これは髪の新陳代謝を促進したり、頭皮の健康を維持するために必要となります。

また、女性ホルモンの分泌の減少はエストロゲンの減少なのでエストロゲンを増加させることが抜け毛を抑制する有効な方法です。

エストロゲンと言う成分自体が何かの食品等に入っているわけではないので、エストロゲンを作り出す作用のある成分が含まれている食品を意識的にとるようにしましょう。

そのエストロゲンを作り出す作用がある食品が納豆や豆腐、厚揚げ、豆乳などの大豆食品です。

髪を守るためには、たんぱく質やビタミン、ミネラルなど栄養バランスの摂れた食事を心がけることが必要です。

 

2.十分な睡眠をとる

髪の毛は就寝中、皮膚に十分な血液が流れることにより成長します。

昼にうけた髪や皮膚のダメージは寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復されています。

この為、夜更かしをすると毛母細胞の分裂は低下し、髪の成長の妨げとなってしまいます。

できるだけ早寝を心がけ、十分な睡眠をとるようにしましょう。

3.ストレスをためない

ストレスは髪の成長を妨げるだけでなく、あらゆる病気に悪影響であると言われています。

過度のストレスを受けることで自律神経やホルモンバランスを乱して血行不良を起こし、毛根に栄養分を十分運べずに抜け毛に繋がってしまいます。

 

働く女性が増えてきている昨今、仕事や人間関係で悩む人も少なくなく、何らかのストレスを感じてしまうことがあると思いますが、自分なりのストレス発散方法を見つけて抜け毛を予防しましょう。

 

 

他にも女性は出産を機に女性ホルモンの分泌が一時的に大幅にバランスを崩してしまったりもする。
その他にも原因は加齢だけではない。

若いうちに薄毛が進行したり髪が細くなってしまうのはストレスを溜め込んでしまったり食生活の乱れた習慣を送っていると薄毛が進行してしまう可能性もある。

ストレスを溜めていると毛細血管が常に収縮していて毛乳頭に送られる血液量が減少してしまいエストロゲンが減少し頭髪発育因子が減ってしまうので髪が成長できないことになってしまいます。

ストレスだったり食生活の影響を受けやすいので、環境を改善する心がけが必要です。

コメントは受け付けていません。