パサついて広がる髪を何とかしたい。

Share on Facebook

ダメージ毛で自然乾燥。
広がりをなくしたいけどどうしたらいいの?
ドライヤーの熱でダメージを受けるから、自然乾燥の方が良いと思っていませんか?
実は濡れた状態が長く続くことで水分がどんどん抜けていって乾燥し、さらにパサつきの原因になるのです。
濡れてキューティクルが開いた状態は、他にも髪に良くないことが起こります。
キューティクルが開いた状態で髪に摩擦などの力が加わると、キューティクルがめくれ上がったり、はがれやすくなったりしてしまいます。
ですから、お風呂上りにタオルでゴシゴシこすると、キューティクルがはがれてパサつきの原因になるんですね。
キューティクルがめくれ、内部のタンパク質が流れ出てダメージホールと呼ばれる穴ができてしまっています。
ダメージホールができていると、そこに水分が入り込みます。
髪は水分を含むと膨らんでいくのですが、傷みの程度が箇所によって異なるので、うねりが生じ、広がってしまうのです。
髪が空気中の水分を吸収してしまうのも、キューティクルが開いてしまっていることが原因です。
キューティクルは疎水性があるので、きちんと閉じていれば水分を吸収しにくくなります。
また、パサついている状態は油分がほとんど無い状態です。
髪が軽くなりすぎてストンと落ちないため広がりやすくなるのです。
先ほども出てきましたが、濡れた髪はキューティクルがはがれやすくなっている状態です。
特に、乾かさずに寝るのは絶対やめてください。
枕との摩擦でキューティクルがはがれてしまいます。
お風呂上りはすぐに髪を乾かすを心がけてください。
広がりが起こらないようにケアをお伝えしましたが、すでにパサついてしまっている髪はどうすれば改善されるかだと、アウトバストリートメントが効果を発揮します。
洗い流さないタイプのトリートメントなので、お出かけ前などに使えて、すぐ効果を実感できます。
ヘアオイルでコーティングすることによって、保湿効果を得ることができます。
オイルを付けることによってまとまり感も出ますので、広がりを抑えるのにも効果的です。
お試し下さいね。

コメントは受け付けていません。