敏感肌の方必見!カラーリングで頭皮が痛む原因と染めるための対策!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

こんにちは、摂津市千里丘のヘアサロン あとりえ月の庭です。

「敏感肌で頭皮が痛むからカラーリングができない。」

「カラーリングすると頭皮がヒリヒリして痛い。」

なんていうお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

季節に合わせて、自分の服装に合わせて、ヘアカラーしたいのに、頭皮が痛むためヘアカラーをしないように我慢している方もいるそうです。

また、思い切ってヘアカラーしてみると、頭皮がかぶれたり、湿疹が出たりする敏感肌の方も多いようです。

だからといって簡単に諦められるわけがない!という方のために今回は敏感肌の方がヘアカラーをする方法をご紹介します。

◆そもそも頭皮が痛くなる原因は?

まず、知っておいて欲しいことはヘアカラーをして頭皮が痛むのは敏感肌の方だけではないということです。

頭皮が強い方でも体調や肌の調子が良くないと頭皮のかぶれにつながります。

そのような頭皮の強い方でもかぶれてしまうのであれば、弱い方がそうなってしまうのは当然のことでしょう。

では原因は何なのでしょう?

それはヘアカラー剤に含まれている「ジアミン」という化学成分にあります。

ヘアカラーはこのジアミン系の薬剤の効果によって髪を染めているため、市販のカラー剤はもちろん美容院で使っているカラー剤にも含まれています。

このジアミン系薬剤は非常に毒性が強いため、頭皮のかぶれや炎症を引き起こしているのです。

1度でもジアミン系の薬剤によるアレルギー反応が出た方は2度目の使用は避けるようにしてください。

◆しっかりとケアしてくれる美容院を選びましょう

先ほども言ったように美容院で使用しているヘアカラー剤にもジアミンは含まれているため、ヘアカラー剤としては市販のものと大きくは変わらないと言われています。

しかし当然のことながら美容師さんには技術があり、頭皮の状態をきちんとチェックし、ケアもしっかりと行ってくれる美容院が多いです。

また、事前予約の際に敏感肌であることを伝えておくと、肌への刺激が少ないヘアカラーを用意してくれる美容院も増えています。

◆まとめ

いかがでしたか?

ヘアカラーはオシャレになれる一方で非常に人体に対する影響が強いものです。

特にジアミン系の薬剤が多く含まれるものはより一層気を遣う必要があります。

そのため、費用と時間はかかってしまいますが美容院に行くのが一番無難でしょう。

美容院なら刺激の少ないヘアカラー剤だけでなく、親身にカウンセリングしてくれ、どのようにすればいいかなどのアドバイスももらえるでしょう。

敏感肌でお悩みの方はぜひご来店下さい!

LINE@はコチラ
https://page.line.me/tsukinoniwa

コメントは受け付けていません。